【対策】ガスコンロの火がつかない!点火しない原因は?【実例11選】

ガスコンロの火がつかない・火が消える対策

ガスコンロの火が全部つかない、片方だけつかない、魚焼きグリルだけつかない

編集部

ガスコンロの火がつかない、点火しないという声が非常に多いです!どうすれば火がつきますか?

ガスコンロの火がつかない原因は、とにかくパターンが多いです。

このページでは、実際にあった実例を厳選して11個紹介します。

  • 種類:ビルトインコンロ、ガステーブルコンロ(都市ガス・プロパンガス)
  • ブランド:リンナイ、ハーマン(ノーリツ)、パロマ、東京ガス、大阪ガス、タカラスタンダード、リクシル(サンウェーブ)、キッチンメーカー・家電量販店ブランド、他

状況は様々ですが、アドバイスで直った事例も多々あるので、一つずつチェックしてみてください。

1.ガスコンロの電池切れ

電池切れで火がつかない

アドバイザー

この1年以内にガスコンロの電池(単1アルカリ×2個)を交換しましたか?

電池交換していない場合、「チチチ」「カチカチカチ」と音がしていても、点火するパワーが残っていない可能性があります。

MEMO
電池交換のランプがついていなくても、電池交換で直る事例は多々あります。
注意
・買い置きの電池は未使用でも自然放電している可能性があります。(使用推奨期限を確認) 何度交換しても改善しなかった場合でも、新しく買ってきた電池であっさり解決した事例は多々あります。

・電池のプラス・マイナスの向き間違いも多いので注意してください。

2. バーナーの濡れ(吹きこぼれ・煮こぼれ)

バーナーが濡れていて火がつかない

アドバイザー

バーナーやまわりは濡れていませんか?煮こぼれはありませんか?

ガスコンロのバーナーやバーナーキャップがぬれていると火がつかない可能性が高いです。

  1. 吹きこぼれ、煮こぼれがないかチェック
  2. お掃除の後であれば十分乾いているかチェック
MEMO
煮こぼれは掃除をして、水分は乾いた布で拭き取って、少し時間をおいてから再点火してみましょう。

3.バーナーの油や汚れ詰まり

バーナーの掃除不足で火がつかない

アドバイザー

バーナーキャップは定期的に掃除していますか?

ガスコンロのバーナーキャップも定期的にお掃除しないと、点火不良の可能性が高まります。

MEMO
片方だけ火がつかない場合にもありがちな内容です。

使わなくなった歯ブラシなどでお掃除をしてみましょう。水洗いなどをした場合はよく乾かすことがポイントです。

4. 点火プラグ・立消え安全装置の汚れ

点火プラグ・立消え安全装置の掃除不足

アドバイザー

点火プラグ・立消え安全装置の掃除をしたことはありますか?

これらに汚れ・錆などが付着していると火がつかないことがあります。

点火プラグ・立消え安全装置とは

■点火プラグ:ガスコンロの点火スイッチを押すと「チチチ」「カチカチカチ」「パチパチパチ」と音とがしてスパークする(火花が出る)部分

■立消え安全装置:点火プラグとは別に「ボールペンの先端部分」のような突起物が出ている部分

立消え安全装置_点火プラグ

点火プラグがスパークしないケース
点火プラグは、軽い汚れであればやわらかい布などで拭取り、汚れがこびりついている場合は、毛がやわらかい歯ブラシ(使わなくなったもの)などで汚れを落としてみましょう。

繊細な部品なので注意して対応してください。

ずっと押していないと点火しない(手を離すと消える)
立消え安全装置が作動してガスを遮断している可能性があります。

点火プラグと同様の方法で掃除をしてみましょう。

(参考)ガスコンロのお手入れ方法

5. バーナーキャップの誤セット

バーナーキャップがキッチリはまっていない

アドバイザー

バーナーキャップは正しくセットされていますか?

バーナーキャップが正しくはまっていないと、正常に火がつきません。

MEMO
斜めにはまって少し浮いていませんか?左右が逆になっていませんか?裏表が逆という事例もあったぐらいです。確認してみてください。

しる受けがついているタイプは、しる受けも正しくセットされているか確認が必要です。

6.ガスメーターでガスが遮断

ガスメーターでガス供給がストップ

アドバイザー

ガスメーターのランプが点滅していませんか?

ガスメーターのランプが赤く点滅していれば、ガスが止まっているので、ガスコンロは点火しません。

MEMO
ガス給湯器がついている場合、お湯が出るかどうかでも確認できます。水しか出なければ家のガスが遮断されている可能性が高いです。

地震がなくてもガスメーターが止まることはあります。念のため確認してください。

7.ガス供給の問題(ガスメーター以外)

ガス供給が不十分で火がつかない

アドバイザー

コンロに十分なガスが届いていない可能性はありませんか?

ガスメーター以外に、ガス供給が原因だった事例を5パターン紹介します。

  1. ガスコンロの元栓が閉まっている
  2. ガスコード(ガスホース)が折れている(ガステーブルの場合)
  3. 朝一番の使用(ガス管に空気が残っている)
  4. 新築、設置後すぐ(コンロにガスが届くまで点火操作が必要)
  5. ガス切れ(プロパンガスの場合)
MEMO
特にガステーブルの交換後に火がつかないと電話が入ることが多いです。

細かい内容ですが全て実際にあった事例です。確認してみてください。

8. 点火スイッチの押し込み不足

点火の状態になっていなかった

アドバイザー

ガスコンロの点火スイッチはしっかり押せていますか?

私も、たまに押し込み不足で点火しないことがあります。

MEMO
点火スイッチを軽く「ポンっ」と押すだけだと点火しない機種も多いです。

点火のスパーク音もして、スイッチは点火位置にあるので全く気づかないケースが多いです。

一度スイッチを消火位置に戻して、再度しっかり押し込んで点火操作をしてみてください。

9. ガスコンロのしる受け・カバーが影響

市販のグッズが点火に影響

アドバイザー

お掃除軽減対策で、アルミのしる受けやカバーを使用していませんか?

吹きこぼれや煮こぼれ対策で、アルミはく製のしる受け(市販品)を使うと、点火不良の原因になる場合があります。

MEMO
一度取り外した状態で正常に点火するかどうかを確認してみてください。

10. 点火不良のその他の事例

アドバイザー

事例としては少ないですが、念のために次の内容も確認してみてください。
  • 鍋無し検知機能搭載機種の場合、バーナーにお鍋をのせていない
  • 点火ロックをしている
  • 高温になって自動消火した(安全装置が作動した)直後の再点火
  • 都市ガス(13A)とプロパンガス(LPガス)を間違って購入
MEMO
使い方のミスの場合は、説明書を見て解決する場合もあります。

11.魚焼きグリルが点火しない

アドバイザー

連続で使用など、庫内が高温になっていませんか?グリル使用後は掃除されていますか?
  1. グリルの連続使用や高温になっている場合、庫内が冷めるまで待つ必要があります。
  2. 使用年数が長い、掃除が不十分な場合、グリルバーナーやノズルに詰まりが生じている可能性もあります。
MEMO
ガス供給や電池などの確認は、コンロバーナーと同じ考え方です。

ガスコンロの火が片方だけつかない原因

片方だけ火がつかない場合、次のような可能性があります。

  1. バーナーの濡れ・煮こぼれ
  2. バーナーの油や汚れ詰まり
  3. 点火プラグ・立消え安全装置の汚れや錆
  4. バーナーキャップの誤セット
  5. よく使うバーナーの故障
MEMO
よく使用するバーナーがつかない場合は、バーナーキャップではなく、内部が傷んでいるケースも多いです。

改善しなければ故障の可能性もある

点火操作時に、エラーコードが出ていないかどうかも確認しておいてください。

エラーが出ている場合、番号によっては故障の可能性もあります。

MEMO
点火不良のエラーコードは「11」になります。

また、エラーは出ていなくても部品故障をしていたり、バーナー交換などが必要な場合もあります。

【統計分析】ガスコンロを長く使うためのコツ

ガス展、イベント、ショールーム、コールセンター、お客さま宅訪問など、13年間で「ガスコンロ利用者」数千人の声を直に聞いてきました。

その中で、ある傾向が見えてきました。

ガスコンロが長持ちしているケース

  • 定期的にお手入れをしていて、キレイを保つようにしている
  • 左右のバーナーをできるだけ意識して使い分けられている

ガスコンロの故障が早いケース

  • 汚くなってからお手入れをする、あるいはお手入れをあまりしない
  • 片側(強火の方が多い)ばかり使って、他のバーナーはあまり使わない
MEMO
バーナー周りの意識とケアができていないと故障や劣化も早い印象です。

現場の経験や声も踏まえて、『お手入れ+バーナーの使い分け』は、長持ちさせるポイントだと考えます。

急にコンロが壊れて慌てないように

ガスコンロはある日突然パタッとつかなくなります。

「昨日までついていたのに…」という声も数えきれないほど聞いてきました。

使用年数が長い場合は、修理で直らず交換が必要になることもあります。

緊急時に焦らないためにも、普段からガスコンロの新製品などはチェックしておくことをおすすめします。