【エラーコード 22】地震?ガスコンロの「感震停止機能」の作動

ガスコンロを使用している最中に「22」が表示して火が消えた場合、「地震」はありませんでしたか?

コンロバーナーや魚焼きグリルの点火中に地震(揺れや衝撃を含む)があった場合は、安全装置が働いた可能性があります。

各メーカーの「22」の内容は次のとおりです。

  • リンナイ:感震停止機能の作動
  • パロマ:感震停止機能の作動
  • ノーリツ(ハーマン):感震停止機能の作動

東京ガス、大阪ガスブランドも基本的には同様の内容になります。

MEMO
ガスコンロの機種によって、エラー内容が異なる場合もあります。

感震停止機能とは

ガスコンロ エラー 22

感震停止機能とは、強い揺れ(震度4以上)を感知したときにガスコンロの火を使用していてもガスを遮断し、自動で機器を停止させてくれる安心機能です。

MEMO
全ての機種に搭載されている機能ではなく、比較的高グレード機種に搭載されている安全機能です。

エラー22が表示したときのアドバイス

エラー22が出ている時点でガスコンロのガスは遮断されていますが、まずは点火スイッチが「入」の状態なので「切」の状態に戻しましょう。
そして、再使用するときはまわりの状況をよく確認してから再点火をするようにしてください。

再点火をしてみて、火がつかない、再度同じエラーが出る場合などは、何らかの異常や故障が生じている可能性があるので、速やかにメーカーやガス会社に連絡をしてください。

感震停止機能は安心機能を超えた「より安心機能」

ガスコンロ 22と安全機能のアドバイス

感震停止機能搭載機種なら、震度4以上の地震やそれに相当する揺れを感知すればガスコンロは自動停止します。

では、「感震停止機能」が搭載されていない機種は安全ではないのでしょうか?

実はそうではありません。

この感震停止機能は「安心機能」というよりは「より安心機能」といったほうが適切でしょう。

理由は他のガスコンロも震度5以上の地震であれば自動で停止するからです。

大きな地震の後にガスコンロの火がつかなくなったり、給湯器のお湯が出ないなどの事象を経験した人もいるかと思いますが、実はガスメーター側でガスを止めてくれます。

ガスメーターは基本的に震度5以上の揺れを感知すれば、家中のガスを遮断してくれるのです。

つまり、ガスコンロだけでなく全てのガス器具には「ガスメーター」という安心機能が搭載されていると考えてもよいでしょう。

ガスメーター給湯・コンロ異常をガスメーターで解決!点滅表示・見方・復帰方法【保存版】

そして、それよりも1段階小さい揺れでも止めてくれる感震機能搭載のガスコンロは「より安全」ということです。

ガスコンロの「22」表示に関して、解決しましたでしょうか?