ガスコンロの電池切れ?電池交換方法とサイズ・種類・場所も解説

ガスコンロ 電池

ガスコンロの「火がつかない」「ランプが点滅している」に関する定番といえば「電池交換」です。

ガスコンロメーカー在籍時は、ガスコンロの販売、ショールームアドバイザー、アフターサービス(コールセンター・現場対応)など、直に相談を受けて回答をしてきました。

「ガスコンロの電池」に関する問い合わせで多いのは次の内容です。

よくある電池の相談

  1. 電池の場所
  2. 電池のサイズ(単1?単2?)
  3. 電池の種類(アルカリ?マンガン?)
  4. 電池の必要個数
  5. 電池の交換時期

さらにはこのような疑問もあります。

よくある電池の疑問

  1. ガスコンロって電池で動いているんですか?
  2. ランプが点滅している意味はなんですか?
  3. 電池の入れる向きは決まっていますか?
  4. 電池を交換しても火がつかないのですが?
  5. 買い置き(ストック)している電池は使っていいですか?

ガスコンロの電池」には、とにかく様々なギモンが溢れているので、このページでは1つずつギモンに回答をしていきたいと思います。

ガスコンロの電池のサイズと必要本数

ガスコンロの電池の種類と本数

乾電池には単1形、単2形、単3形などいくつか種類がありますが、ガスコンロの場合は基本的に「単1形乾電池」を2本と考えてください。

MEMO
ガステーブルなどで「単2形乾電池を使っている機種」や「回転式(圧電装置による点火)で乾電池を使わない機種」なども一部存在しています。

ガスコンロも給湯器も、今では各メーカーやガス会社で基本的な仕様などは統一されていますが、昔は仕様がバラバラのものも少なくありません。

ガスコンロの主なブランド:リンナイ、ノーリツ、ハーマン、パロマ、東京ガス、大阪ガス

一度ご自宅のガスコンロの電池ケースを開けてみてください。あるいは取扱説明書を確認してみてください。

単3形乾電池などをストックしているご家庭は多いですが、意外と単1形や単2形などはなかったりします。

そしてガスコンロの火がつかなくなってから(電池がなくなってから)買いに行く人も少なくありません。

ガスコンロの電池の種類はアルカリ?マンガン?

ガスコンロには長時間安定して電圧を得られるアルカリ乾電池を使用してください。マンガン乾電池を使用した場合は、交換時期が短くなります。

  • 新しい電池に交換をしてもすぐに電池がなくなった
  • 電池交換をしても火がつかない

この場合は、マンガン電池を使っていたケース、買い置きしていた電池で交換していたケース、電池の入れる向きが逆のケースなどがありました。

新し乾電池と古い乾電池を混ぜたり、種類の違う電池を混ぜた場合なども交換時期が短くなります。

MEMO
未使用の乾電池でも「使用推奨期限(月、年)」を過ぎている場合は、自然放電している可能性が高くなります。

電池交換をしてもすぐに電池交換サイン(ランプ)が点滅する場合があります。

ガスコンロの電池の寿命

ガスコンロの機種によって目安の書き方は異なります。1年目安の記載もあれば、半年~1年目安の記載の場合もあります。

一般的には1年程度と考えてよいでしょう。お使いのガスコンロでの目安時期は取扱説明書を確認してみてください。

ガスコンロの種類で電池の場所は大きく変わる

まず、電池の場所を特定するのに一番重要なのは、「ガスコンロの型式情報」です。

型式さえわかれば仕様書や図面を見ながら明確な回答が可能です。しかし、現実は型式もわからなければ説明書も紛失しているケースも非常に多いです。

そんな方もご安心ください。写真も交えてイメージをお伝えしていくので順番にみていきましょう。

電池交換の際に知っておきたい3パターンのガスコンロ

1.ビルトインガスコンロ(グリル付タイプ)

システムキッチン ガスコンロ

ビルトインコンロは、上の写真のようにシステムキッチンに多く設置されているタイプで、3口タイプが主流です。

システムキッチンの天板の上部分には「コンロ天板やバーナー」、下部分には「グリルや点火スイッチや操作部」などがあります。

このタイプであれば、電池を入れる場所は下側のどこかにあると容易に推測できます。

ビルトインコンロ

但し、後ほど解説しますが、電池の場所が簡単に見つかるタイプもあれば、少しわかりにくパターンもあります。

2.ガステーブルコンロ(据置タイプ)

ガステーブルコンロ

ガステーブルは、台の上にポンと置いて設置するタイプです。下の写真の赤枠部分が設置スペースになります。

戸建て、賃貸のアパート、マンション、団地などで、ガスコンロの置き場とガス栓だけがあって、後から自分で購入したガステーブルを台の上に置いて、ゴム管をつなぐ設置になります。

3.ビルトインガスコンロ(グリルなしタイプ)

ガスコンロ(マンション コンパクト ドロップイン)

グリルなしは、主にドロップインタイプやコンパクトタイプ(45cm幅)になってきます。

上の写真は2口タイプのコンパクトタイプ(45cm)幅でグリルなし仕様です。

賃貸マンションやアパートなどで、見かけることが多いと思います。1口コンロとかも同じようなイメージで大丈夫です。

さらにおしゃれキッチンやデザイナーズマンションなどに設置されることも多い4口タイプもあります。

ドロップインコンロ

ここからは、1.ビルトインコンロ → 2.ガステーブル → 3.ビルトインコンロ(グリルなし)の電池の場所や交換方法をそれぞれ紹介します。