サイトのリニューアルに伴うメンテナンス中です。コンテンツはご覧いただけますが、表示崩れ等のご不便をおかけいたしますm(__)m

ガスコンロの「寿命と交換時期の実態」と主婦に聞く「長寿命の秘訣」

毎日使うガスコンロも汚れや劣化が目立ってくると、気になってくるのが「ガスコンロの寿命」です。

ガスコンロの声は多々入ってきますが、やはりその大半は主婦の方々であり、毎日ガスコンロを使って料理をしている「主婦の経験値と生の声」から学ぶことはとても多いです。

一方、「販売側がアナウンスする交換時期」と「使用者側が期待する寿命年数」では、そもそも論点が違うこともあり、年数や考え方の違いがあるのが実態です。

今回は、これまでの経験を総合的にかみ砕いて、まとめていこうと思います。

1.販売店(現場)目線のガスコンロの交換時期

ガスコンロの交換時期

ガスコンロの展示会(ガス展)や販売店に行くと、「ガスコンロ何年お使いですか?」「10年が交換の目安ですよ」という声をよく聞きます。

接客の際には、必ず質問するフレーズのひとつですが、「使用年数」はそれだけ重要ということです。

販売店でも交換時期の目安を「10年以内」と考える人もいれば、「7~10年程度」と考える人もいます。中には、「現場を見ないと答えようがない」という人もいます。

現場を見ていない場合

ガス展会場や店舗、コール受付などでは、「ユーザーさん宅のガスコンロ」を見ていない状況です。

そのような場合、現場を見ずに回答する場合は、一般的な回答しかできません。その場合、「10年以内」「7~10年程度」を目安に考えるケースが圧倒的に多いです。

これは、様々な知見や経験を基に答えています。いわば、平均的な考え方というべきでしょうか。

ユーザーさんから見れば、「7~10年」は短いと感じる方がほとんどであり、それは販売側もよくわかっているのですが、「安全に使っていただく」ためには、「10年以内を目安としてください」としか答えられません。

少なくとも、使用状況を確認せずに「10年以上OK」と答えることは、まずないと思います。

現場を点検して判断する場合

サービスマン,ガスコンロ,点検サービスマンがお伺いして、使用状況確認や点火試験などを行い、その上で問題が見られなければ、使用10年以上でも、「キレイに使われているので、まだ使ってもらって大丈夫ですよ」と答える場合もあります。

逆に使用6~7年でも、全くお手入れされておらず、使用頻度も高く、バーナーなどもボロボロの場合は、「もう買い替えたほうがいいですよ」と答える場合もあります。

つまり、「何年で交換とは決まっていない」ということであり、様々な経験や知見も踏まえて、平均的に「約10年」と考えていると思ってください。

あとは、現場のガスコンロの状態を見て、都度判断していくしかありません。

ガスコンロの寿命と交換時期
最新情報をチェックしよう!