ガス給湯器の寿命・耐用年数Q&A – 寿命でお湯なし生活になる前に!


給湯器の寿命年数には個体差があります。

雨風にさらされている戸建ての壁掛設置もあれば、雨風の影響を受けにくいマンションのボックス内設置もあります。また、同じような設置環境のお隣さんの給湯器が10年で寿命を迎えても、あなたの給湯器は15年頑張ってくれるかもしれません。これは、使用頻度やメンテナンスの状況でも差が出てくるものです。

給湯器の寿命年数」はあくまでも結果論でしかありません。ただ、そうは言っても「平均的な寿命年数」や「自宅の給湯器があと何年ぐらい使えるか」は気になりますよね。

ある日突然、給湯器が壊れて急な「お湯なし生活」になってしまうリスクを減らすためにも、数々の経験と知見をお伝えするので、一つの判断材料としてもらえれば幸いです。

給湯器の寿命前のサインに気づけるかどうか?

給湯器の寿命」が気になるみなさんは、まずは、給湯器が私たちユーザーに向けて「不調のサイン」を出していないかを振り返ってみてください。

ガス給湯器の使用年数(目安)が約8~10年以上で、お湯を出したときに、次のような症状がある場合は要注意です。

「お湯の温度」

・お湯にならないことがときどきある
・お湯の温度が熱くなったり、ぬるくなったりと安定しない
・シャワーがリモコン温度よりも「熱い」または「ぬるい」
・湯はりやおいだきがリモコン温度より「熱い」または「ぬるい」

「お湯になる時間」や「湯量」

・お湯が出てくるのが遅くなった(なかなか点火しない)
・お湯の量が減ってきた

「給湯器の音」

・給湯器から異音がする
・給湯器の作動音が大きくなってきた
・点火時にボンと大きな音がした

「給湯器のエラーコード」

・リモコンにエラーコードが出る回数が増えてきた

「給湯器の外装」

・排気口まわりに煤(すす)がついている
・排気口まわりや前板が錆びている

その他の異常

・ガス臭い
・異臭がする
・水漏れしている
・煙が出ている
状況によっては、不完全燃焼や爆発着火、ガス漏れ、やけど、二次被害などのリスクもあるので、一つでも当てはまれば点検の相談が必要です。

給湯器の「寿命10年説」は正しいのか?

メーカーやガス屋さん、給湯器の業者さんなどに「給湯器の寿命は約10年ですよ!」と言われた経験はないでしょうか?

利用者目線としては、「本当に10年なの?」「10年は短すぎ!」「20年や30年って声もあるけど?」など、少なくとも10年以上は使わないと損、壊れるまで使いたいという意見が多いのも現実です。

いずれにしても、「壊れてから検討する」という考え方はおすすめできません。壊れてからの検討は「想像以上に生活面と家計面で悲鳴を上げるリスクが高くなる」からです。場合によっては、お湯が出ない生活が長引くこともあり、後ほどその理由と実体験を紹介します。

まずは、様々な視点でみる「給湯器の寿命年数から紹介します。

給湯器業者30社を調査

給湯器メーカーと修理や販売を行っている30社が考える「寿命年数の目安」を調査してまとめました。

寿命年数の目安 企業社数
10年 14社
10~15年 6社
8~10年 5社
7年 1社
7~10年 1社
8~13年 1社
7~15年 1社
8~15年 1社

2019年11月 ガス専科調べ

30社の平均を算出すると、給湯器の寿命の目安は「約9~11年」という一つの考え方が見えてきました。

国や業界の基本的な考え方

「経済産業省」や「一般社団法人 日本ガス石油機器工業会(リンナイ、ノーリツ、パーパスなど、97社が会員)」などは、給湯器の点検・取替え時期を「10年」と促しています。

ガス給湯器点検・取替えの目安は10年

ガス・石油給湯器10年で点検・取替

ただし、給湯器を点検した上で、現場(修理担当)が「異常がないのでまだ使える」と判断すれば、10年以上使えるケースももちろんあります。

給湯器の専門家の視点

正直なところ、給湯器のメーカーによって品質レベルも違えば、考え方も異なるのが現実です。また、同じ企業内でも担当部門によって回答が異なることもあります。特に「営業担当」と「修理担当」では答える年数が違う場合も珍しくありません。

参考までに、私(筆者)が考える給湯器の寿命は「10年が目安」です。ただ、その中でも視点が変わると根拠や考え方も若干異なってきます。以下はそれぞれの視点でみた個人的見解です。

●●視点 寿命年数の目安
開発視点 約10年(設計標準使用期間、設計上の標準使用期間)
品質視点 10年以内(故障・事故の確率増加を懸念)
修理視点 ご家庭ごとに判断(点検の上、良好なら10年以上も)
営業視点 約10年(状況に応じて1~2年短く回答することも)
コールセンター視点 約10年以内(修理部品がなくなることも懸念)

私の場合は、品質や事故案件にも関わってきたので、点検も受けずに不調のまま15~20年以上使い続けて悲惨な状態になった現場や給湯器を数々見てきたので、各ご家庭の給湯器の状態を点検していないうちから、「10年以上使えます」の回答は絶対にありえません。

ただ、メーカーや業者の修理担当(サービスマン)は唯一、ユーザーさん宅の給湯器を自分の目で点検します。そして、ユーザーさんの使用状況や給湯器の調子などを直接ヒアリングするので、現場判断で、10年以上でも「まだ使えますよ!」と答えることができるのです。(※もちろん企業差や個人差はあります。)

給湯器の「寿命10年」の具体的な根拠は?

【根拠1】部品の期限が10年と決まっている

給湯器 部品故障

ガス給湯器の場合、「補修用性能部品の保有期間」というものがあり、いわゆる修理用の部品ですが、製造打切後10年と決まっています。

状況により異なりますが、例えば11年目に給湯器が故障した場合、交換する予算がないから修理で対応しようとしても「修理する部品がなくて直せない」というケースもでてきます。

つまり、この場合は修理不能で寿命を迎えることになります。これは、10年以上使う場合のリスクの一つでもあります。一例ですが、給湯器本体は故障もなくまだまだ使えても、リモコンが先に壊れて対応リモコンの在庫がなく、結果的に給湯器も使えなくなって機器交換というパターンがあります。

【根拠2】ガス給湯器の「標準使用期間」は10年が基本

給湯器の標準使用期間、10年

家庭用のガス給湯器には、「屋内設置用」と「屋外設置用」があります。そして、それぞれに設計面での使用期間が決められています。

  1. 屋内設置の給湯器:「設計標準使用期間」
  2. 屋外設置の給湯器:「設計上の標準使用期間」

いずれも10年で必ず寿命がくるというわけでもなく、10年以上絶対に使ってはいけないということでもありません。但し、10年以上使うなら点検を受けて「安全確保」をしながら使用することが求められています。

では、「なぜ給湯器に点検が必要なのか?」を次に説明します。

【根拠3】ガス給湯器は10年目以降に故障や事故の確率が増加する

給湯器の故障や事故の発生リスクが増加

給湯器を10年以上使う場合、一番注視するべき内容は「安全面」です。まずは経済産業省の資料を紹介します。

次のグラフの見方のポイントとして、「設計標準使用期間の終わり=10年」と考えてください。そして、10年目以降の「摩耗故障期」に給湯器の故障率がどのように推移しているか注目してみてください。

設計標準使用期間および点検期間の考え方(経済産業省)

設計標準使用期間および点検期間の考え方_条件(経済産業省)

出典:「長期使用製品安全点検・表示制度」(経済産業省)

給湯器に限らず、機械は初期故障の懸念があります。だからこそ「無償の保証期間(1年や2年など)」が設定されています。初期に故障が出なければ、故障する確率は低いところで安定することが多いですが、10年を過ぎると曲線は急上昇し、故障のリスクは確実に高くなります。

「お湯が出ている=給湯器は正常」ではないの?

シャワーのお湯を出す
キッチンでお湯を出す

給湯器は、様々な部品(パーツ)で構成されており、全てが正常で初めて「設定通りのお湯」作ることができます。ですが、人間と同じように不調になることもあれば、大きな病気(異常)を抱えたまま、何とか無理してお湯を出し続けている場合もあります。

給湯器はガスコンロとは違って、目立たない場所に設置されているので、普段は存在感が薄く、お湯が出なくなって初めて注目される可哀そうな設備です。不調を訴えてもなかなか気づいてもらえず、パタッと寿命を迎えるケースも少なくありません。

給湯器が壊れてからの検討するリスクとは?

給湯器が壊れると、交換工事が終わるまで「お湯が出ない」状態が続きます。みなさんは、お湯なし生活は何日まで耐えられますか?

給湯器業者の即日交換は?

ネットを見ていると、壊れても即日交換できると思われている人も非常に多いです。ですが、このサービスにマッチするご家庭ばかりではありません。場合によっては落とし穴だらけであることを是非、今のうちから知っておいてほしいです。

即日対応は給湯器業者の在庫商品に限る

給湯器業者は、メーカーから特定の機種を大量に安く仕入れて在庫することが多いです。基本的には売れ筋商品が多いですが、あなたの給湯器と同等性能とは限りません。現在、高性能タイプを使っていた場合、出湯性能などが低下する可能性もあります。業者の在庫バリエーションにもよりますが、即日交換の場合は、機種に選択肢はないと考えておくべきでしょう。そして、在庫していない給湯器の場合は、数日はお湯なし生活の覚悟が必要です。

マンションの給湯器は要注意

共用廊下の排気バリエーション

マンションの共用廊下に設置されている給湯器は、戸建ての壁掛タイプなどに比べて販売数が少ないため、多くの在庫を持たないことが多いです。機種によっては、完全受注生産の場合もあり、生産に1~2週間かかる場合もあります。

また、専用の取付枠が使われており、既存のものが使えない場合は、部材の選定や取り寄せにも時間がかかります。

ベランダの特注色タイプ

また、マンションのベランダの場合は、特注色タイプも多く、管理会社などが厳しい場合は美観上の問題で通常カラーの給湯器を設置できない場合もあります。特注色も完全受注生産なので、場合によっては1ヶ月ほどかかることもあります。

給湯器の仮設置(貸し出し)はどう?

多くの業者は、給湯器の選定や取り寄せに時間がかかる場合、即日の仮設置対応を行っている場合もあります。ですが、これも戸建ての壁掛タイプなどがメインであり、マンション用の排気バリエーションまで準備している業者は多くないでしょう。つまり、現実的に利用が難しい場合も多いです。

また、戸建てなどで仮設置が可能でも、「仮設置」と「本設置」の工事が2回になります。業者によって対応は異なると思いますが、工事代負担が大きくなるのが通常です。

冬は交換に時間がかかる

給湯器業者の繁忙期は、秋~冬の時期です。なぜならお湯の使用頻度も高くなり、圧倒的に冬に故障が発生しやすく、需要も緊急性も高いからです。ピーク時は、工事が追いつかず、給湯器の在庫があっても職人の手が足りないこともよくあります。この場合も必然的にお湯が出ない生活が続くことになります。

見積り価格が高くなる可能性大

給湯器が壊れてお湯が出ない「緊急性」と「生活への支障」は給湯器の業者もよくわかっています。

給湯器には必ず「現場調査~機器・部材選定~見積り~機器手配~工事~試運転」と時間がかかります。複数の業者に相見積もりで価格交渉をするだけでも、お湯なし生活はかなり長引き、現実的ではありません。特に繁忙期で大忙しの人気業者の場合などは、過度な値引き交渉をすると断られる可能性もあります。つまり、業者のペースで機器選定や価格の話が進みやすく、結果的に高い買い物になる可能性は十分考えられます。

急すぎて、とりあえず修理で延命

給湯器の交換は、カタログを取り寄せて、じっくり機種選定をして、相見積もりを取って、価格交渉をして、家計にやさしい買い物をするには、1ヶ月以上は欲しいところです。ですが、壊れてからの検討は、それを1日2日で即決しなければなりません。

そんな即決をできない場合は、とりあえず修理で延命も手段の一つですが、経年劣化が進んでいる場合は、修理してもすぐに別の場所が故障するリスクもあります。また、10年以上の使用で交換部品がなければ、その時点で「機器交換」一択になってしまいます。

給湯器の検討は早めがおすすめ

給湯器には、同じ号数でも価格の違いや性能の違いもあり、リモコンも複数ラインナップされています。一度購入すると、1年365日×10年間のほぼ毎日使用する重要な設備です。

じっくり機種選定をして、相見積もりを取って、価格交渉をして、家計にやさしい買い物をするには、1ヶ月以上は欲しいところです。ですが、壊れてからの検討は、それを1日2日で即決しなければなりません。

今の給湯器を家計のために長く使ってきても、高い機器交換をしていては後悔しか残りません。

使用年数が長くなってきたら、給湯器の不調に気をかけてあげることが大切です。そして、異変を感じたら点検の相談や新しい給湯器の検討準備を始めてもらえると、新しい給湯器に交換した後も気分よく、快適にお湯を使ってもらえると思います。


お湯が出ない、給湯器の調子が悪いなら『お問い合わせ』『無料見積り』を!
4.7

見積りは必ず取っておきたい
『キンライサー』

ノーリツとリンナイのガス給湯器が充実しており、安定した「価格」「スピード」「工事実績」に加え、工事後も続く「商品と工事の無料10年保証」とフォローも魅力的。対応エリアであれば、見積りは絶対に取っておきたい「ノーリツ・リンナイ正規販売店」の一つです。

給湯器 寿命
最新情報をチェックしよう!