ガスコンロの部品故障のエラーコード…直る可能性とできる対策とは

ガスコンロの部品故障とエラーコード

ガスコンロには様々なエラーコードが設定されているが、エラーが出るケースよりは「火がつかない」「火が消える」などエラーなしの事象も多い。逆にこのページで解説エラーが出た場合は部品の故障で点検が必要な場合も多いと感じている。エラーコードが該当すれば、あなたのガスコンロの説明書を必ず確認しよう。

故障の可能性が高いエラーコード一覧

まず、リンナイ、ハーマン(ノーリツ)、パロマで以下のエラーコードが確認できる。但し、各社で設定があったりなかったりする。またエラー内容が異なるものも多い。一つ共通していえるのは「部品故障の可能性が高い」ということだ。

エラーコード
10、20、24、30、31、32、33、35、40、50、51、53、54、60、62、66、70、71、72、73、76、79、80、81

メーカーによって内容がバラバラのものもあるので、一つずつの詳細解説はここではしないが、次のような故障の可能性が考えられる。

  • 天面表示部の故障や異常
  • 操作部やスイッチの故障や異常
  • センサー系の故障や異常
  • 冷却ファンやモーターの故障や異常
  • ガスコントローラーの故障や異常
  • セーフティバルブの故障や異常
  • 電磁弁の故障や異常
  • 電子部品の故障や異常

02や11、12などのセルフチェックで解決するエラーもあれば、あなた自身では何もできないエラーもあり、今回は「何もできないエラー」に該当する。メーカーによって該当エラーが出たら「すぐにご連絡をしてください」のスタンスだ。つまり故障の可能性が高く、改善される可能性は低いということだ。

私自身もコールセンターで何度かこれらのエラーコードで問い合わせを受けたが、正直、現場訪問してみないとわからないが答えだ。但し、その場合は安全に配慮しながら再点火をしてもらいエラーがでるかどうかの確認をしてもらうこともある。但し、再発するケースが多かった印象だ。

 

まず、あなたができることは取扱説明書にのエラーコードの内容を確認し、そこに書かれているアドバイスに従うことだ。但し、「再使用の確認」が書かれているメーカーもある。その場合は、周囲の安全を確認してから使用してみよう。それでエラーコードが再発しなければ、原因は不明だが単発的な発生や接触不良なども考えられる。