【エラーコード 40】ガスコンロのエラー原因【40点滅】

ガスコンロ エラーコード 40

ノーリツ(ハーマン)やリンナイのガスコンロに「エラーコード 40」の設定があります。

エラーコードが発生すると、ガスコンロのバーナーも魚焼きグリルも火がつかない状態になります。

  • ノーリツ(ハーマン)のガスコンロ:感震装置故障
  • リンナイのガスコンロ:感震器断線検知

※機種によってエラー内容が異なる場合があります。

MEMO
大阪ガスや東京ガスのガス会社ブランドのエラーコードは製造元と基本的に同じです。

感震装置(感震器)とは、名前のとおりで「地震などの揺れ」を検知する装置になります。

このページでは、「エラーコード 40」が直る可能性はあるのか、対処法はあるのかをまとめます。

エラー 40の直る可能性

まず、「感震停止機能」が搭載されているガスコンロのみ、エラー40が設定されています。

通常、各ご家庭にはガスメーターが設置されていて、震度5以上の地震が発生すると、安全のためにガスメーターが家中のガスをストップしてくれます。

ですが、ガスコンロの感震停止機能は、震度4以上の地震でも、自動でガスコンロのガスを止めてくれるプラスの「安心機能」です。

そして、エラー40はこの安心機能の回路に異常が生じていることをお知らせしています。

MEMO
実際にガスコンロの感震機能が働いたときは、「22」の点滅でお知らせしてくれます。

原因は、装置の故障か配線の異常、基板の異常などが考えられ、修理が必要な可能性は高いと考えます。

エラー40の対処法

1.リンナイのガスコンロ

リンナイの場合、100Vの電源式に搭載されていることが多く、一度電源を抜き差ししてみて、再度エラー40が出るかを確認してみてください。

電池式の場合は、電池を新しいものに交換してみてください。

MEMO
再度、エラー40が出た場合は修理が必要となります。

2.ノーリツ(ハーマン)のガスコンロ

ノーリツの場合は、利用者でできる対処法はありません。

MEMO
メーカー側は推奨していませんが、リンナイと同じように試してみる価値はあると思います。

ガスコンロのエラーコード 40のまとめ

これまでは「感震機能=最上位機種のみ搭載」でしたが、近年は地震による災害も多く、中級グレードにも展開する動きが出てきています。

私自身はコールを受けたこともなく、Twitterなどの声も調べてみましたが、事例は見当たりませんでした。

発生確率としてはかなり低いエラーコードと認識していますが、エラーが出たら点検が必要となります。

ですが、ガス機器の限らず、機械は壊れていない場合でも一時的なシステム的なエラーを出す可能性もゼロではありません。

修理相談は、パソコンのように電源で強制リセットしてみて、再発するかを確認してからでも遅くはないと思います。