【エラーコード 642】給湯器のふろポンプエラー【642点滅】

給湯器 エラーコード 642

ガス給湯器(リモコン)のエラーコード 642とは?

ふろポンプの異常や故障のエラー

642」のエラーコードが点滅表示していると、ふろポンプや関連回路に異常が生じている可能性が高いです。

事象としては、次の2つの運転ができない状態だと思います。

ふろポンプは給湯器から浴槽に向かって、お湯を送りだしたり、循環させたりする役割があります。

完全に故障や異常が生じていれば、何度運転してもエラーが出るので、一度リセットして確認してみましょう。

  1. 湯はり、おいだきなどの運転をストップする。
  2. リモコンの運転スイッチを「切」にする
  3. リモコンの運転スイッチを「入」にする
  4. エラーが出たときの運転を再度行ってみる(自動湯はり・おいだき)

循環アダプターなどのフィルター詰まりもなく、何度もエラーが出る場合は、これ以上確認できることはありません。

  • 給湯器の商品開発、商品教育担当、修理・技術アドバイザー(2005~2018年)
  • ガス機器設置スペシャリスト、ガス機器コンサルタント

ここからは、ノーリツ・リンナイ・パロマとガス会社の「642」について解説します。

メーカー別「エラー 642」(専門補足)

ノーリツのエラー 642

  • 症状・内容:ふろポンプ異常
  • 診断・対処:ふろ循環ポンプの点検が必要

リンナイのエラー 642

  • 症状・内容:ふろポンプの故障
  • 診断・対処:ふろポンプ回転検知しない、回転数基準値外

パロマのエラー 642

  • 症状・内容:風呂循環ポンプ故障
  • 診断・対処:風呂循環ポンプの確認

長府製作所(chofu)、ハーマン、ガスター(YUMEX)、ナショナル、日立(ハウステック)、タカラスタンダード、TOTOなど

【補足】東京ガスや大阪ガス仕様は、基本的に各製造メーカーのエラー内容と共通です。

給湯器の修理が必要な場合

「642」のエラーの場合、ふろポンプの故障の可能性もあれば、配線やコネクタの異常、電装ユニット(基板)の故障なども考えられます。

利用者側で診断は難しいですが、修理依頼の際にはできるだけ情報は詳しく伝えておくとよいでしょう。

  • 給湯器の使用年数
  • エラーが出た時の運転状況
  • どのタイミングでエラーが出たか
  • 給湯器からポンプが回っている音していたか
  • 給湯器の音が大きくなっていなかったか

訪問前でも状況がある程度わかれば、原因を絞りこめる場合もあります。

概算費用を聞く材料としても重要ですし、スムーズな解決にもつながりやすくなります。

ポンプは使用頻度や使用年数によっては、経年劣化(給湯器の寿命のサイン)の可能性もあるので、場合によっては給湯器の交換も視野に入れておくほうがよいかもしれません。