【エラーコード 723】給湯器の暖房回路異常【723点滅】

給湯器(リモコン)のエラーコード「723」とは?

暖房立ち消え安全装置回路異常、暖房疑似炎検知

給湯器に「723」のエラーコードが点滅した場合、暖房側の炎や回路に異常が生じている可能性があります。

MEMO
暖房とは、床暖房や浴室暖房乾燥機のお湯を作る回路です。

まずは、メーカー別のエラー詳細をみておきましょう。

  • ノーリツ:暖房立ち消え安全装置回路異常
  • リンナイ:暖房疑似炎検知
  • パロマ:風呂・暖房炎検出回路異常
  • パーパス:暖房疑似炎検出

「723」の症状を簡単に表現すると、「暖房点火前に炎を検知してしまっている」状態であり、エラーで異常をお知らせしています。

故障や異常の可能性としては、いくつか考えられます。

  • 暖房ガス電磁弁の故障
  • 暖房フレームロッドの異常
  • 電装ユニット(基板)の故障
  • 回路のコネクタや配線の異常

いずれの場合もサービスマンが給湯器の内部を診断しなければ解決は難しいでしょう。

但し、修理依頼をする前に、異常に再現性のある状態かどうかを確認しておくとよいでしょう。

方法としてはエラーリセットで確認していきます。

エラーコード「723」のリセット

給湯器のリモコンリセット

操作は非常にシンプルで、暖房側のリモコンではなく、給湯器のリモコンで行います。

  1. 床暖房や浴室暖房乾燥機などの運転が停止しているかを確認する
  2. 給湯器リモコンの運転スイッチを押してOFFの状態にする
  3. 再度、運転スイッチを押してONの状態にする
  4. リモコンの液晶画面から「723」が消えていることを確認する
  5. 暖房運転を行ってみる

「723」の表示が消えない場合は、暖房回路に異常が生じている可能性が高そうです。

「723」の表示が消えて、その後の暖房運転などでもエラーが出なければ、様子見でよいかと思います。

注意
エラーが消えた場合でも、使用年数が10年近い場合は、経年劣化による故障や寿命のサインであった可能性も十分あり、メーカーなどに相談することをおすすめします。

修理(部品交換)が必要な場合

給湯器 723のアドバイス

「723」エラーの場合、使用年数が長ければ部品の複合故障なども否定できません。

また、単独故障であったとしても、電装ユニットの交換が必要となる場合もあり、機種によっては3~4万円以上の修理代になる可能性もあります。

サービスマンも現場を見ずに判断は難しいですが、型式・使用年数・エラー発生時の状況など、できるだけ詳しく伝えておいて、概算費用を事前に教えてもらうほうがよいかもしれません。

給湯器の交換検討も必要な年数であれば、修理をせずに交換するのも一つですが、その判断材料となるのはやはり修理代でしょう。

「723」のエラーに限らず、10年近い場合は経年劣化(寿命の前兆)に要注意です。

給湯器の寿命の参考記事

給湯器の点検と取替え時期ガス給湯器の点検と交換時期の目安について