【給湯器つかない】リモコン電源・液晶・燃焼ランプがつかない原因3選

給湯器 リモコン つかない

給湯器がつかない」「リモコンの電源・液晶・燃焼ランプがつかない」という声や相談は、年間を通して多いです。

ノーリツやリンナイなど、給湯器メーカーに関係なく、特に冬の寒い時期は増加傾向にあります。

◆給湯器がつかないパターン

  • 給湯器からお湯が出ない
  • 給湯器が動かない
  • リモコンの燃焼ランプがつかない
  • リモコンの液晶がつかない
  • リモコンの電源スイッチ(運転ランプ)がつかない

事象によって診断ポイントは変わってくるので、あらゆるケースを想定して解説します。

(1)給湯器(リモコン)の「燃焼ランプ」がつかない

Q:給湯器(リモコン)の燃焼ランプがつかない状態ですか?

「燃焼ランプがつかない」ということは、給湯器が点火していない状態になります。この場合、もちろんお湯は出ません。

給湯器が点火しない可能性として、9つ原因を紹介します。

1.エラーコードでストップしている

リモコンにエラーコードが表示されていると、給湯器は動かない場合がほとんどです。

一度、リモコンの運転スイッチを「切」⇒「入」してからお湯を出してみてください。再びエラーが出れば、エラーコードに応じて対処が必要となります。

◆給湯器のエラーコード表

2.ガスメーターでガスが止まっている

ガスメーターで家全体のガスが止まっていると、給湯器は燃焼しません。
MEMO
ガスコンロがつくかどうかを確認してみてください。ガスコンロがなければ、ガスメーターが点滅していないかを確認してください。

3.蛇口の流量が少ない

水圧が低下していたり、出す水の量が少ない場合は給湯器が点火しない場合があります。
MEMO
給湯器ごとに最低作動流量(点火するために必要な水の流れる量)が決まっています

4.凍結している(冬季)

配管内で水が凍っていると、水の流れを検知できず、給湯器は作動しません。
MEMO
凍結の場合は、自然解凍(推奨)を待つことが基本です。急ぐ場合は、タオルの上から30~40℃のぬるま湯をかける、ドライヤーで温める、低温のカイロで温める方法があります。

5.蛇口がお湯側になっていない

お湯側で水を出さないと給湯器は燃焼しません。
MEMO
この内容も稀にあります。混合水栓のお湯側(赤色)になっているか確認してください

6.リモコンの電源を切ってしまっている

リモコンの電源が入っていないと給湯器は燃焼しません。
MEMO
ご家族同居の場合に、誰かが給湯器のスイッチをOFFにしていたケースはよくあります。

7.給湯器のガス栓が閉まっている

ガスメーターとは別に、給湯器の本体下にもガスの元栓があり、閉まっていると給湯器は燃焼しません。
MEMO
新築や機器交換後に多いケースですが、最近はイタズラで他人に閉められていた事例も発生しています。

8.給湯器の給水バルブが閉まっている

給湯器下で給水のバルブ閉まっていると、水は流れず給湯器は燃焼しません。
MEMO
ガス栓同様、イタズラで閉められている可能性もゼロではありません。

9.断水している

蛇口から水が出ない状態であれば、断水の可能性もあります。
MEMO
冬場であれば凍結も疑わしいですが、水も出ない場合は確認してみてください。

 

燃焼ランプがつかない場合は、給湯器のガス・水の供給を中心にチェックしてみてください。

注意
燃焼ランプはつかないが「お湯が出る」場合は、リモコン本体や回路故障も考えられます。また、根本的に給湯器の部品故障の可能性もゼロではありません。

続いて、「リモコンの液晶がつかない」「電源がつかない」「ランプも何もつかない」ケースをチェックしていきましょう。