【給湯器つかない】リモコン電源・液晶・燃焼ランプがつかない原因3選

給湯器 リモコン つかない

編集部

「給湯器がつかない」という声が多いですが、「リモコンがつかない」ということでしょうか?

給湯器がつかない」といってもいくつかパターンはあります。

  • 給湯器からお湯が出ない
  • リモコンの燃焼ランプがつかない
  • リモコンの液晶がつかない
  • リモコンの電源(運転ランプ)がつかない

このページでは、各事象ごとにあらゆる可能性をピックアップしてみました。

(1)給湯器(リモコン)の「燃焼ランプ」がつかない

アドバイザー

給湯器(リモコン)の燃焼ランプがつかない状態ですか?

「燃焼ランプがつかない」ということは、給湯器が点火していない状態になります。

給湯器が点火しない可能性として、9つ原因を考えてみました。

1.
エラーコードでストップしている

リモコンにエラーコードが表示されていると、給湯器は動かない場合がほとんどです。
MEMO
一度、リモコンの運転スイッチを「切」⇒「入」してからお湯を出してみてください。
再びエラーが出れば、エラーコードに応じて対処が必要となります。

2.
ガスメーターでガスが止まっている

ガスメーターで家全体のガスが止まっていると、給湯器は燃焼しません。
MEMO
ガスコンロがつくかどうかを確認してみてください。ガスコンロがなければ、ガスメーターが点滅していないかを確認してください。

3.
蛇口の流量が少ない

水圧が低下していたり、出す水の量が少ない場合は給湯器が点火しない場合があります。
MEMO
給湯器ごとに最低作動流量(点火するために必要な水の流れる量)が決まっています

4.
凍結している(冬季)

配管内で水が凍っていると、水の流れを検知できず、給湯器は作動しません。
MEMO
凍結の場合は、自然解凍(推奨)を待つことが基本です。

急ぐ場合は、タオルの上から30~40℃のぬるま湯をかける、ドライヤーで温める、低温のカイロで温める方法があります。

5.
蛇口がお湯側になっていない

お湯側で水を出さないと給湯器は燃焼しません。
MEMO
この内容も稀にあります。混合水栓のお湯側(赤色)になっているか確認してください

6.
リモコンの電源を切ってしまっている

リモコンの電源が入っていないと給湯器は燃焼しません。
MEMO
ご家族同居の場合に、誰かが給湯器のスイッチをOFFにしていたケースはよくあります。

7.
給湯器のガス栓が閉まっている

ガスメーターとは別に、給湯器の本体下にもガスの元栓があり、閉まっていると給湯器は燃焼しません。
MEMO
新築や機器交換後に多いケースですが、最近はイタズラで他人に閉められていた事例も発生しています。

8.
給湯器の給水バルブが閉まっている

給湯器下で給水のバルブ閉まっていると、水は流れず給湯器は燃焼しません。
MEMO
ガス栓同様、イタズラで閉められている可能性もゼロではありません。

9.
断水している

蛇口から水が出ない状態であれば、断水の可能性もあります。
MEMO
冬場であれば凍結も疑わしいですが、水も出ない場合は確認してみてください。

燃焼ランプがつかない(まとめ)

燃焼ランプがつかない場合は、給湯器のガス・水の供給を中心にチェックしてみてください。

注意
燃焼ランプはつかないが「お湯が出る」場合は、リモコン本体や回路故障も考えられます。

また、根本的に給湯器の部品故障の可能性もゼロではありません。

(2)給湯器(リモコン)の「液晶だけ」がつかない

アドバイザー

給湯器(リモコン)の運転ランプはついていて、液晶だけがつかない状態ですか?

「リモコンの液晶だけつかない」診断ポイントは3つあります。

1.
節電モードになっている

節電モードとは、お湯がしばらく使われていないと、リモコンの消費電力を抑えるために液晶だけが自動でOFFする機能です。
(※運転ランプは点灯している状態です)
MEMO
節電モードの場合は、リモコンスイッチを押すか、お湯を出せば液晶が表示します。

2.
他のリモコンの液晶はついているか

リモコンが2つ以上ある場合は、他のリモコンの状態を確認してみてください。
MEMO
他のリモコンの液晶がついていて、一方が消えている状態であれば、リモコン単品故障か配線の不具合の可能性が高く、修理が必要です。

3.
お湯は出ているがリモコンは消えたまま

お湯が出ている時は必ず液晶は表示されるのが正常です。
MEMO
お湯が出ていてリモコン液晶が消えたままなら、明らかに異常で修理が必要です。

(3)給湯器(リモコン)の電源も運転ランプも何もつかない

アドバイザー

給湯器(リモコン)が全く機能していない状態でしょうか?

リモコンは給湯器から電源を取っているため、給湯器側の故障も疑わしくなります。

電源が全くつかない可能性として、6つ原因を考えてみました。

1.
電源コンセントが抜けている

給湯器本体の電源が抜けていると、給湯器もリモコンも動きません。
MEMO
外の給湯器の電源が知らない間に抜かれていたという声がいくつもあがっています。一度確認をしてみてください。

2.
停電している

停電している給湯器もリモコンも作動しません。
MEMO
電気(ブレーカー)などを確認してみてください。

3.
落雷があった

異常気象で落雷による給湯器被害も増えてきています。
MEMO
落雷で給湯器の安全装置が働いている場合、電源コンセントの抜き差しで復活させる必要があります。

但し、落雷で電装基板などが故障している場合は、修理が必要になるので、火災保険が適用されるかを確認してみましょう。

4.
リモコン本体や配線不具合

給湯器とリモコンをつなぐ配線が切れたり、腐食したりしていると、給湯器もリモコンも動きません。
MEMO
リモコンが2つ以上ある場合は、もう一つのリモコンを確認してください。

片方が正常に動いていれば、配線かリモコン単体の故障が疑われます。

両方のリモコンが動かない場合は、給湯器側の故障の可能性も高くなります。

5.
給湯器の部品故障

給湯器側の電装基板などが故障していると、給湯器が機能しない状態となります。
MEMO
この内容も稀にあります。混合水栓のお湯側(赤色)になっているか確認してください

6.
設置後すぐなら業者を疑ってみる

最初から電源も何も入らない状態であれば、業者のミスの可能性もあります。
MEMO
新築。機器交換後、点検や修理後であれば、担当業者に連絡してみましょう。

給湯器がつかない状況に応じて診断ポイントは違う

「給湯器がつかない」パターンは故障~ついウッカリと、とにかく様々です。

「まさかこんな原因だったとは…」というケースも多々あったので、一つずつ確認していくことが大切です。