ガス給湯器のDIYって本気?修理、交換工事、排気・配管カバーの疑問を解説

給湯器のDIYに注意

最近流行りのDIYですが、安くて自分の思うようにできることもあり、住まいのあらゆるものに展開されている。しかし、「ガス給湯器のDIY」についてはちょっとストップしてほしい!

  • 給湯器の配管カバーをDIY
  • 給湯器の排気カバーをDIY
  • DIYで給湯器を隠す…

この発想は購入時に配管カバーをつけていなかったり、排気カバーをつけていなかったのだと推測できる。あるいは好みのデザインが目的だろうか?

そして、次のようなワードも最近耳に入ってくる。

  • 給湯器の修理をDIY
  • 給湯器の工事をDIY
  • 給湯器の交換をDIY

いろいろ調べていくと給湯器の交換や配管まで、ユーザーさんが手を加えようとしているようだ。少しぐらいの気持ちが大きな損害や事故につながることもあるので注意が必要だ。

ガス給湯器の配管カバーのDIY

配管カバーとは給湯器本体のガス管や給水・給湯配管などを隠すカバーのことであり、メーカーが各給湯器ごとに型式設定をしている。中には共通のものもあるが、微妙に寸法や形状が異なるものが多い。

給湯器の配管カバー

写真の赤枠部分が「配管カバー」になるが、開発の設計者が図面からおこして強度などあらゆる配慮をした上で設定されている。これを素人の人が自作するなどありえない。実際に検討されている人はどのようなイメージをしているかは不明だが、次のことも知っておいてほしい。

  • 給湯器は防火上、可燃物との離隔距離が決められており、これに違反する可能性がある。
  • 強度や耐風確認もしておらず、風で飛んで被害につながる可能性がある

いずれにしても、メーカーやガス会社で決められてものを使うべきだ。DIYで対応して何かあっても全て自己責任である。

また、地面に置いて設置する場合の据置台でも同じ話で、当然DIYなど自分で対応するのはやめるべきである。