【エラーコード 763】給湯器の暖房端末通信異常【763点滅】

給湯器(リモコン)のエラーコード「763」とは?

インテリジェント通信不良、信号線誤接続、端末との通信異常

ガス給湯器に「763」のエラーが出た場合、暖房端末回路の通信に異常が生じている可能性があります。

「763」のエラーは基本的に暖房端末と接続できる「暖房付給湯器」や「暖房付ふろ給湯器」などが対象となります。

MEMO
暖房端末とは、床暖房や浴室暖房乾燥機などの暖房設備です。

各メーカー別のエラー内容は次のとおりです。

  • ノーリツ:インテリジェント通信不良
  • リンナイ:信号線誤接続
  • パロマ:端末(浴室暖房・床暖房)との通信異常

各メーカーのエラー内容の表現は異なりますが、基本的には同じ意味と考えてください。(※大阪ガスや東京ガスなども各製造メーカーの内容と同様です。)

給湯器と暖房端末側で通信するには「インテリジェント通信用の信号線」を接続するのですが、この部分に問題がある可能性が高く、原因はいくつか考えられます。

  • 信号線のコネクタの接続場所の間違い
  • 信号線の異常
  • 電装ユニットの異常

つまり、「給湯器設置時の業者のミスのパターン」と「電装ユニット・配線・コネクタなどの異常のパターン」が考えられます。

  • 新築、交換直後、修理直後で最初からエラーが発生した場合→担当業者に連絡
  • 昨日までエラーもなく正常に運転していた場合→メーカーやガス会社などに相談

ただし、相談する前に以下の2つの内容だけチェックしておいてもよいかもしれません。

エラーコード「763」の修理前のセルフチェック

1.リモコンでの運転リセット

「763」は暖房端末側のエラーと説明しましたが、エラー表示は給湯リモコンにも表示されます。

そこで、一度エラーをリセットして、再びエラーが表示されるかどうかを確認してみてください。

給湯器のリモコンリセット

操作の手順は次の3ステップです。

  1. 床暖房や浴室暖房乾燥機などの運転を停止させる
  2. 給湯器のリモコンの運転スイッチを「切」→「入」する
  3. 「763」の表示が一時的に消えたら、暖房の運転を入れる

再度、エラーが点滅表示した場合は、エラー原因が残っていることになります。

2.給湯器本体の電源でリセット

可能性は低いですが、仮に一時的なバグやシステムエラーの場合は、給湯器本体の電源コンセントの抜き差しで解消されるケースもあります。

給湯器の電源

電源コンセントでリセットした後、給湯器のリモコンのエラーが消えていれば、再び暖房運転をしてみてください。

再び「763」が出れば、これ以上できることはありません。点検の依頼が必要となります。

注意
電源コンセントを抜くと、リモコンの時計設定などが初期化されます。

修理依頼をする場合のポイント

修理の依頼に給湯器の型式は必須ですが、できれば次の内容も伝えておくほうがよいでしょう。

  • 使用年数(製造番号)
  • 設置されている暖房端末
  • エラーが出た時にどの暖房端末を使用したか?(エラーの発生状況)
  • セルフチェックした内容

情報が多いほど、点検(作業)も絞り込んで対応することが可能になるので、情報ゼロよりも早い解決が期待できます。

くり返しになりますが、新築、機器交換、修理、点検などの直後であれば、無駄な修理代を払わないためにも対応した業者に連絡するようにしてください。