給湯器リモコンの運転スイッチつけっぱなしで電気代・ガス代は?


給湯器とリモコンのお問い合わせの中には次のような内容もあります。

  • 給湯器の電源は入れっぱなしだと電気代やガス代はかかるのか?抜いてもよいか?
  • 給湯器リモコンの運転スイッチは、つけっぱなしにすべきか?こまめに消すべきか?電気代は?
  • 給湯器リモコンの運転スイッチは消したほうが安全か?

「給湯器リモコンの運転スイッチつけっぱなし」と「給湯器の電源入れっぱなし」については、「電気代」「ガス代」「安全性」「利便性」というこの4点がキーワードとして絡んできます。

1.給湯器の電源を入れっぱなしの電気代とガス代、抜いてもよいかの議論

給湯器の電源

まずは、「給湯器の電源の入れっぱなし」について考えていきたいと思います。

お客さまから給湯器の電源を抜いてよいかどうかを聞かれるのは冬の時期が多いです。給湯器が凍結防止で勝手に作動することも多く、同時に電気代やガス代が気になるのでは?と推測しています。

在宅だけど給湯器が動かないように電源を抜きたい

長期不在になるのであれば、取扱説明書の水抜き工程なども対応いただいた上でお願いをしますが、ご在宅であれば基本的には電源は抜かないようにお願いしています。

理由は明白で、「ご在宅=配管に水がある」ので、凍結破損するリスクがあるからです。電源を抜くと凍結予防ヒーターもポンプ運転も暖房の低温燃焼も全て機能しなくなり、お客さまにとってもデメリットの方が圧倒的に大きいからです。

  • 電気代について:凍結を防止するためにポンプが回ったり、ヒーターが作動するとわずかながら電気代はかかります。
  • ガス代について:お湯を出さなければ基本的にはかからないですが、給湯暖房機に限ってガスを使って低温燃焼をすることがあります。

 

「このわずかな電気代やガス代」と「給湯器や配管破損のリスク」を比較したとき、正直、「電源を抜かないでください」という答えしかありません。

そして、お湯を使う時だけ、外に電源を入れに行くのは利便性の上でもあまりにも現実的でありません。配管のカバーなどがあればなおさらです。

つまり、電気代・ガス代の議論をする以前の問題で、電源は抜かないでくださいということです。(※長期不在時の場合は水抜き+電源を抜く)

2.給湯器リモコンの運転スイッチは、つけっぱなしにすべきか?こまめに消すべきか?電気代は?

電気代

「給湯リモコンのつけっぱなし」については、個人差が出てくる議論と考えています。

給湯器のリモコンはこまめに消したほうが電気代は安い?

一般的には、給湯を使用している時間は1日の中で限られていますので、使わないときは「切」のほうが安くはなると考えますが、その都度、運転スイッチを入れたり消したりしないといけない不便さは出てきます。

10数年前は、待機消費電力は4W程度が多く、少し古いモデルになると8W程度も商品もありました。そこから、リンナイとノーリツが競い合いながら、今では1Wを切る商品も出ています。

つまり、給湯器+リモコンの組み合わせにもよりますが、今は運転スイッチをつけっぱなしでも、電気代は微々たるものといえるレベルになっています。


お湯が出ない、給湯器の調子が悪いなら『お問い合わせ』『無料見積り』を!
4.7

見積りは必ず取っておきたい
『キンライサー』

ノーリツとリンナイのガス給湯器が充実しており、安定した「価格」「スピード」「工事実績」に加え、工事後も続く「商品と工事の無料10年保証」とフォローも魅力的。対応エリアであれば、見積りは絶対に取っておきたい「ノーリツ・リンナイ正規販売店」の一つです。

給湯器 リモコン つけっぱなし
最新情報をチェックしよう!