【エラーコード 113】給湯器の暖房が点火しない【113点滅】

給湯器(リモコン)のエラーコード 113とは?

暖房点火不良

給湯器に「113」のエラーが点滅表示すると暖房端末が使用できなくなります。

暖房端末とは床暖房や浴室暖房乾燥機などのガス暖房機器のことです。

キッチンや洗面、シャワーなどのお湯は給湯回路で作られますが、暖房回路は給湯回路とは異なるのです。

この暖房のお湯をつくるために暖房側のバーナーが点火しようとするのですが、なかなか点火しない場合に「113」のエラーがでることがあります。

点火しないということは、まず疑うべきはガスメーターなどガスの供給状況です。

  • ガスコンロは点火するか?
  • 給湯器のお湯(キッチン・洗面・シャワー)は使えるか?

どちらもダメなら、ガス供給がかなり怪しくなります。

ここで、ノーリツ、リンナイ、パロマ、パーパスなど、「エラーコード 113」の個々の症状の補足をしておきます。

ノーリツの給湯器
  • 症状・内容:暖房(ふろ)点火不良
  • 診断・対処:運転スイッチを「切」にして、ガスメーターやガス栓を確認
リンナイの給湯器
  • 症状・内容:暖房点火不良
  • 診断・対処:ガスメーター、ガス元栓などの確認
パロマの給湯器
  • 症状・内容:風呂・暖房点火不良
  • 診断・対処:イグナイター・フレームロッド・ガス電磁弁・ガス比例弁の確認
パーパスの給湯器
  • 症状・内容:暖房点火不良
  • 診断・対処:ガスの状況を確認し、問題なければ修理依頼

【補足】大阪ガス、東京ガスの場合は、基本的に各製造メーカーのエラー内容と共通です。

ガスの元栓、ガスメーターで解決すればいいのですが、様々な原因が考えられるのが「113」の特徴でもあるので、次のページでできる限り紹介していきます。