【エラーコード 322】給湯器の湯はり・おいだき異常【322点滅】

給湯器 エラーコード 322

ガス給湯器(リモコン)のエラーコード 322とは?

ふろサーミスタの異常

322」のエラーコードが出ていると、お風呂の「自動湯はり」「おいだき」に影響が考えられ、次の操作ができない可能性があります。

キッチンや洗面・シャワーはおそらく使えていると思いますが、不便に変わりはなく、なによりエラーが出たままでは不安です。

まずは、エラーが消えるかどうかを試してみましょう。

  1. 給湯器のリモコンをOFFにする(運転を「切」にする)
  2. 続いてONにする(運転を「入」にする)
  3. エラーが出た時の操作をする(自動湯はり、おいだき)
これらの操作の結果、再度「322」が出ると、「ふろサーミスタ」や「関連する回路」に異常が生じている可能性が高いです。

逆に「322」が出なければ、「湯はり」や「おいだき」は継続されると思いますが、配線地絡(切れかけ)などの不安は残ります。

MEMO
浴槽内のお湯の温度に関わる内容なので、エラーが出なくなってもメーカーに相談しておくことをおすすめします。

利用者でできることはリセット操作ぐらいですが、訪問前情報としてサービスマンには役立つので、決して無駄ではありません。

  • 給湯器の商品開発、商品教育担当、修理・技術アドバイザー(2005~2018年)
  • ガス機器設置スペシャリスト、ガス機器コンサルタント

同じエラーコードでも、全メーカーが共通ではないので念のために確認しておきましょう。

メーカー別「エラー 322」(専門補足)

まず、サーミスタ系のエラーは給湯器の内部診断が必要なので、サービスマンの対応が必要となります。

ノーリツのエラー 322

  • 症状・内容:ふろ出湯(ふろ往)サーミスタ異常
  • 診断・対処:サーミスタの地絡、断線、コネクタ異常

リンナイのエラー 322

  • 症状・内容:ふろ往サーミスタ異常
  • 診断・対処:サーミスタの地絡、断線、抵抗異常

パロマのエラー 322

  • 症状・内容:風呂往き(出湯サーミスタ)断線
  • 診断・対処:サーミスタの断線、短絡など

【補足】東京ガス、大阪ガスブランドの場合は、基本的に各製造メーカーのエラー内容と共通です。

修理相談のコツ

「322」のエラーは、基本的にはサーミスタの断線や地絡ですが、実際にはいくつかパターンがあります。

  • サーミスタそのものが壊れている
  • サーミスタに配線の断線や地絡がある
  • サーミスタにつながるコネクタの異常や抜けかけ状態
  • 電装ユニットの異常
  • 一時的なシステムエラー

普通に使っていれば急に断線することは考えにくいですが、使用年数が長いと次のようなケースで配線が損傷することも想定できます。

  • 内部の水漏れなどの二次被害で配線やコネクタが腐食
  • 給湯器内に虫などが入り込み影響を与えた
  • 経年劣化による損傷

使用1年目と使用10年目では、診断ポイントも変わってきます。

利用者で内部のチェックは困難ですが、使用年数やエラー発生時の状況などを細かく伝えていけば、ある程度原因を絞り込んでいくことができます。

修理の作業時間を少しでも短くする(技術料を安くする)ために、依頼の際はわかっていることをできるだけ伝えておくことがポイントです。