給湯器のエラーコード121は「途中失火」!直し方を徹底解説!




専門家が回答|ガス給湯器のエラーコード
給湯器のエラーコード121について
Q1:給湯器のリモコンに121が表示されたのですが、何が原因でしょうか?どうすればよいでしょうか?
NORITZ(ノーリツ)
給湯立消え安全装置作動
Rinnai(リンナイ)
給湯途中失火
Paloma(パロマ)
給湯立消え安全装置作動、給気汚染異常
PURPOSE(パーパス)
給湯失火、給気汚染異常

・TOTO(失火)、ナショナル(立消え、回路に異常発生)

・東京ガス・大阪ガスは、各製造メーカーと基本的に同じ内容

ガス給湯器の121は、給湯側の立消え安全装置作動(失火)のエラーコードです。

キッチン・洗面・シャワーなどでお湯を使っている途中に給湯器の燃焼が止まり、症状としては、お湯が急に水になります。

故障、強風、大雨、ガスの遮断など、燃焼が止まった原因を特定する必要がありますが、一時的な症状であれば、リモコンの電源「切→入」のリセット操作で改善します。

しかし、エラー121でよくあるのが、リセット後にもう一度お湯を出そうとすると、今度は111の「点火不良」のエラーコードが発生するパターンがあるあるです。

◎ 最初から点火しない(点火不良):エラー111

◎ 一度点火して消える(途中失火):エラー121

いすれのエラーコードも確認ポイントは類似しています。


まずは、今すぐできる確認・対処から行ってみましょう。

 ガスコンロも点火しない場合:ガスメーターの復帰操作、プロパンガス切れ確認、ガス栓が開いてるかの確認の上、リセット+再操作

 外が大雨・強風の場合:天候が回復するのを待って、リセット+再操作

故障でなければ、多くの場合は上記の確認と対処で改善します。まずは最優先で確認してみてください。

[adcode]

 


 

Q2:エラー121改善しません!給湯器の知識があまりないなので、確認や対処方法がよくわからないのですが?

ガスメーターの復帰操作がわからない、給湯器のリセット方法がわからない、上記内容で改善しない場合は、あらゆる可能性について、さらに詳しく解説します。

次のページに、エラー121の稀な事象も含め、超わかりやすく説明したいと思います。

解決のためのキーワードはコレです↓

・エラー121|外部要因の影響(雨・風・異物の影響)

・エラー121|ガス供給トラブルのあらゆる可能性

・2つのリセット方法(リモコンリセット、コンセントリセット)

・直らない場合の修理代の目安と交換時期について

[adcode]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です