【エラーコード 121】給湯器のお湯が水になるエラー【121点滅】


Q:ガス給湯器(リモコン)のエラーコード 121とは?

A:給湯の途中失火エラー

「121」はキッチンや洗面、シャワーなどのお湯が急に水になるのが特徴です。

  • エラー111の場合:給湯器が最初から点火しない
  • エラー121の場合:給湯器が一度点火した後、途中で火が消える

給湯器の点火トラブルといえば「111」が圧倒的に多いですが、主な原因は類似しています。

111エラー同様、121エラーも故障ではない事例も多く、修理不要で直る可能性は十分あります。

  • 雨・風が強く、途中で火が消えてしまった
  • マイコンメーターが作動してガスが遮断した
  • プロパンガスの燃料が切れた

天候が荒れている場合は様子見が必要です。ガスメーターが点滅していれば復帰させてください。

【参考】ガスメーターの点滅表示・見方・復帰方法

その上で、次の一連の確認・操作を行ってみてください。

  1. リモコンの運転スイッチを「切」にする
  2. 外の天候・ガスに異常なしを確認
  3. リモコンの運転スイッチを「入」にする
  4. お湯を出す

この操作で再びエラー「121」が点滅表示しなければ故障ではありません。

機種によっては、エラーが2桁「12」と表示されます。

ここまでは基本的な解決方法ですが、これで解決しない場合は次のページで補足していきます。

次のページ:エラー121をメーカー別にチェック


お湯が出ない、給湯器の調子が悪いなら『お問い合わせ』『無料見積り』を!
4.7

見積りは必ず取っておきたい
『キンライサー』

ノーリツとリンナイのガス給湯器が充実しており、安定した「価格」「スピード」「工事実績」に加え、工事後も続く「商品と工事の無料10年保証」とフォローも魅力的。対応エリアであれば、見積りは絶対に取っておきたい「ノーリツ・リンナイ正規販売店」の一つです。

給湯器 エラーコード 121
最新情報をチェックしよう!