給湯器のエラーコード543は「多量の漏水」?状況を緊急チェック

543|ガス給湯器のエラーコード




専門家が回答|ガス給湯器のエラーコード
給湯器のエラーコード543の点滅について
リモコンに543のエラーが表示されています。何が原因でどうすればよいでしょうか?
NORITZ(ノーリツ)
暖房回路漏水検知(多量)
Rinnai(リンナイ)
暖房補水異常
Paloma(パロマ)
暖房回路漏水検知(多量)
PURPOSE(パーパス)
暖房回路漏水異常(多量)、補給水電磁弁異常
・ナショナルの場合、暖房用タンクに水が入っていない状態で暖房運転をしたため
・東京ガスや大阪ガスの場合は、製造メーカーと基本的に同じエラー内容

543」は、暖房機能付き給湯器特有のエラーコードです。(床暖房や浴室暖房などの端末を設置していなくても発生する可能性はあります。)

状況はいろいろ考えられますが、暖房回路の水が不足し、給湯器が自動補水をしてもシスターンが満水にならなかった場合に「水漏れしているかも?」と給湯器が判断してリモコンに543を表示させます。

昨日まで暖房が使えていた場合は、「補給水電磁弁の異常や故障」などがよくある症状です。もちろん水漏れの可能性もあります。

設置直後の場合は、業者の給水元栓の開け忘れ、暖房配管のエアがみなども考えられます。

543発生時は、水漏れによる「二次被害」のリスクも高いエラーコードですので、いくつか確認してほしい重要なポイントがあるので、本記事で詳しく解説します。


給湯器のエラー543のセルフチェック項目

1)給湯器のリモコンでリセットを試す

まずは、リモコンの電源スイッチをOFF→ONして、543の表示が消えるかどうかを確認してみましょう。

リモコンリセット方法|ガス給湯器

リセットの目的は、エラー解除も一つですが、543の根本的な原因が「一時的なエラーなのか」、「再発性があるのか」を確認するためでもあります。

エラーが消えない場合や再発する場合は、一時的なバグではなく、明確な原因が残存していると判断できます。

機種によっては、給湯器本体の電源プラグ(コンセント)の抜き差しやブレーカーの切→入でしか解除できない場合もあります。

 

2)給湯器や配管に水漏れがないかを確認する

仮にエラーリセットができた場合でも、必ず水漏れ確認はしておいてください。

  • 給湯器から水が漏れてきている
  • 給湯器の下が濡れてる
  • 配管部分から水が漏れている
水漏れを確認する|ガス給湯器

水漏れが確認できた場合は、すぐに修理の相談や買い替え検討が必要です。

寒い冬は凍結破損などもありますし、使用年数が長い場合は、経年劣化による漏水(穴あき・亀裂など)も十分考えられます。

漏れの具合で、エラーが出たり出なかったりすることがあります。

 

給湯器内部の漏れの場合は、他の部品故障へと被害が拡大する可能性があります。

また、給湯器が不完全燃焼するおそれもあるので、リモコンの電源を切って使用するのをストップしてください。

 

3)給湯器の水漏れが確認できない場合

給湯器の配管は、キッチン・洗面・シャワーへ繋がっています。

つまり、配管は家の中を通っており、目視ができない屋内で漏れている可能性もあります。

マンションなどであれば、最悪の場合は階下への被害拡大も懸念されます。

 

筆者も543エラーの現場は何度も対応してきましたが、実際に漏れているケースもあれば、漏れはなくて給水元栓の開で即解決した場合もあります。

また、修理を伴う場合でも、水漏れではなく、電装基板や補給水電磁弁の故障、回路の配線トラブルだったこともあります。

 

543エラーが出ていても、必ずしも水漏れとは言い切れません。

ただ、プロが現場を見て診断しないと不安を払拭できないケースも多いので、「たぶん漏れてないよね…」と考えるのはリスキーですし、相談を受ける側も現場を見ずして「大丈夫!」とは断言しにくいのです。

 

給湯器のエラー543の相談について

おさらいになりますが、エラー543は、基本的に「給湯器の水漏れ」をお知らせするエラーです。

水漏れエラーには「173(微小漏れ)」と「543(多量漏れ)」があり、今回は多量漏れとリスクが高いほうのエラーです。

 

放置は避けて!エラー543はまず相談を

エラー543が出たら、リセットや水漏れ有無など、状況を確認の上でメーカーに相談しておくことをおすすめします。

点検・修理をするしないかは、それから決めてもよいのではないでしょうか。

ただし、詳細な状況を伝えずに「543エラーの原因は?」と投げかけても、おそらく「点検してみないと判断できません!」という回答になるでしょう。

 

重要なのは、同じエラーでも各ご家庭で状況は様々ですので、状況を詳しく伝えることがポイントです。

状況によっては電話だけで解決できる場可能性もゼロではありません。

 

給湯器の使用年数が8~10年以上の場合

水漏れは経年劣化の症状の一つです。

実際に漏れている場合は、他の部品劣化も進んでいる可能性があり、修理よりも機器交換のほうがよいかもしれません。

 

また、今回は水漏れでなかったとしても、使用年数が長いほど、給湯器の寿命(経年劣化)のリスクは高まり、配管腐食やパッキン劣化などで漏れる可能性は高くなる傾向にあります。

使用8~10年は、給湯器の交換時期ともいえます。

修理して使い続けるのも一つですが、修理代を交換費用にまわすのも選択肢かと考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です