【エラーコード 543】給湯器のエラー原因と緊急チェック【543点滅】

給湯器 エラーコード 543

ガス給湯器(リモコン)のエラーコード 543とは?

暖房回路の多量の水漏れエラー

エラー543が発生した場合、水漏れがなくても発生する事例もありますが、給湯器内部や配管で多量の水漏れが発生している可能性も十分あります。

まずは、抑えておきたいポイントですが、

  • 目視できる範囲で漏れている様子がないかの確認
  • 新築、直線に業者の出入り(修理・点検・交換)がなかったかの確認

新築や業者の出入りがあった場合、給湯器の給水の元栓が開いているかを確認してみましょう。わからなければ、担当業者に即電話でよいと思います。

「543」エラーの特徴として、リモコンでエラーリセットで表示が消せない機種が多いです。

注意
給湯器内部の漏れの場合は、他の部品故障へと被害が拡大する可能性があります。

また、給湯器が不完全燃焼するおそれもあるので、リモコンの電源を切って使用するのをストップしましょう。

注意
目視できない配管部分(家の中)で漏れている可能性もあります。

結果的には漏れがないケースもありますが、いずれにしてもメーカーなどに相談しておくべき「緊急性が高い」エラーと考えてください。

  • 給湯器の商品開発、商品教育担当、修理・技術アドバイザー(2005~2018年)
  • ガス機器設置スペシャリスト、ガス機器コンサルタント

「543」の現場は何度も経験していますが、漏れていた事例も複数あります。

メーカー別「エラー543」(専門補足)

ノーリツのエラー543

  • 症状・内容:暖房回路漏水検知(多量)
  • 診断・対処:暖房配管の漏水確認、水元栓開、補給水電磁弁の確認(サービスマン対応)

リンナイのエラー543

  • 症状・内容:暖房補水異常
  • 診断・対処:暖房配管の漏水、補給水電磁弁の故障、給水元栓の開を確認、補給水元バルブの開を確認(サービスマン対応)

パロマのエラー543

  • 症状・内容:暖房回路漏水検知(多量)
  • 診断・対処:暖房水位電極の確認、注水電磁弁、配管漏れの確認(サービスマン対応)

パーパスのエラー543

  • 症状・内容:暖房回路漏水異常(多量)、補給水電磁弁異常
  • 診断・対処:修理依頼をする

長府製作所(chofu)、ハーマン、ガスター(YUMEX)、ナショナル、日立(ハウステック)、タカラスタンダード、TOTOなど

【補足】大阪ガス、東京ガスなどは、基本的に各製造メーカーのエラー内容と共通です。

エラー543は放置するリスクが大きい

「543」のおさらいになりますが、基本的には「給湯器の水漏れ」をお知らせするエラーです。

しかも、173エラーのように微小漏れではなく、多量漏れのサインです。

これまでの事例の中には、基板の故障や電磁弁の部品故障などで、水漏れがなかったこともありますが、実際に漏れていたこともあります。

漏れていた場合は二次被害が怖い

  1. 給湯器内部の漏れは、他の部品故障や不完全燃焼のリスクを高めます。
  2. 暖房配管は天井や床下を通っており、家の中での漏水被害拡大も懸念されます。

特に使用年数が長いほど、給湯器の寿命(経年劣化)のリスクは高まり、配管腐食やパッキン劣化などで漏れる可能性は高くなります。

放置する時間が長いほど、二次被害は拡大する傾向にあります。

状況はケースバイケースなので、まずは専門業者に電話をして応急対応も含めて指示をもらうのが一番適切な対応かと思います。