【エラーコード 643】給湯器の暖房ポンプエラー【643点滅】

給湯器 エラーコード 643

ガス給湯器(リモコン)のエラーコード 643とは?

暖房ポンプ異常のエラー

冬に出ることの多いエラーの1つが「643」です。

「643」のエラーコードは、暖房回路のポンプが故障したり、回らないなどのケースで発生することがあります。

暖房回路とは浴室暖房乾燥機や床暖房などの「暖房端末」のお湯をつくる回路です。

つまり、全ての給湯器に出るわけではなく、暖房端末が使える給湯器が対象となります。

暖房付タイプは、リンナイやノーリツ以外に、東京ガスや大阪ガスなどが主力で販売しています。

  • 暖房付給湯器(給湯+暖房)
  • 暖房付ふろ給湯器(給湯+おいだき+暖房)

「643」が出たということは、暖房運転をしようとしたか、暖房中だったと思うので、一度スイッチを切ってください。

そして、次の手順で操作をしてみてください。

  1. 給湯器のリモコンの運転スイッチを「切」にする
  2. 再度、運転スイッチ「入」にして「643」が消えたことを確認する
  3. 次に「643」が出た時と同じ暖房運転を行ってみる
暖房ポンプが完全に故障していれば、何度試しても「643」が発生します。

エラーが出ずに暖房ポンプが回り、暖房がつけば様子見でよいかもしれません。

MEMO
給湯器のポンプ音などが大きい、異音がする場合などはエラーが消えても相談するほうがよいでしょう。

まずは、全体的なエラー解説をしましたが、次のページでは各メーカー(リンナイ、ノーリツ、パロマ)やガス会社などの「643」の基本を紹介します。

同じエラーコードでも、メーカーによって若干内容や表現が違ったりすることがあります。