給湯器のエラーコード643は「暖房ポンプ異常」!改善策は?

643|ガス給湯器のエラーコード




 ポイント


  1. 暖房機能付き給湯器の特有エラーで、暖房ポンプや回路に異常が出ている可能性が高い
  2. エラー643の症状や対処ポイントをまとめた

ガス給湯器のエラーコード643とは?

ご自宅の暖房リモコンをONしたとき、あるいは暖房運転中に「643」がリモコンに表示した場合、お部屋の暖房は止まった状態です。

この643というエラーコードは、ノーリツやリンナイだけでなく、東京ガスや大阪ガスも多く販売している「暖房機能付き給湯器(給湯暖房機)」特有のエラーです。

暖房機能とは、「床暖房、浴室暖房乾燥機、ルームヒーター(ファンコンベクター)」などがあり、給湯器からお湯を循環させている暖房端末は、いずれも使用できない状態になります。

考えられる主な原因は暖房ポンプで、

  • 暖房ポンプが回らない
  • 暖房ポンプの回転数が異常
  • 暖房ポンプの回路(配線、コネクター、電装基板)の異常

など、故障や異常が発生している可能性が高いです。

ガス給湯器のエラー643をメーカー別にみる

ノーリツのエラー 643

  • 症状・内容:暖房ポンプ異常
  • 診断・対処:暖房ポンプ回転数異常、暖房熱動弁ON故障、コネクタ接続不良、基板の故障

リンナイのエラー 643

  • 症状・内容:暖房ポンプの故障
  • 診断・対処:暖房ポンプが回転検知しない、回転数基準値外

パロマのエラー 643

  • 症状・内容:暖房循環ポンプ故障
  • 診断・対処:暖房ポンプの確認

東京ガス、大阪ガスのエラー643

ガス会社ブランドの場合は、ノーリツ、リンナイなど複数のメーカーを採用しているので、詳細なエラー内容は製造メーカーによって異なります。

ガス給湯器のエラー643を復活させる方法

まず、給湯器の部品故障している場合は、部品交換をしない限り復活することはありません

ですが、給湯器は壊れていないときでも、何らかの影響で一時的にエラーが出る場合もあります。エラー643の場合も可能性はゼロとは言い切れません。

そこで、次の手順でエラーリセット操作をしてみてください。

 

  1. 暖房端末のリモコンを「切」にする
  2. 給湯器のリモコンの運転スイッチも「切」にして、再度「入」にする
  3. 643の表示が一時的に消えれば、もう一度暖房運転を行ってみる

 

暖房ポンプなどの部品が完全に故障していれば、エラーリセットを何度試しても「643」が発生します。
一方、エラーが出ずに暖房ポンプが回り、正常に運転が開始されれば様子見でよいかもしれません。

ただし、使用年数が年数が長い場合は、経年劣化で壊れかけの症状の可能性もあります。
この場合、エラーが出たり出なかったりすることが考えられ、何度もエラーが出る場合は要注意です。

特に給湯器のポンプが回る音が大きい、異音がする、異臭がする、煙が出ている場合などは、使用をやめてメーカーなどに相談してください。

643エラーの場合は暖房ポンプ以外に電装基板の故障の可能性もあります。場合によっては高額な修理代のなることもあるので、依頼時に製品型式やエラー発生状況などを詳細に伝えて、概算費用を聞いた上で修理か交換かを選択するのも一つです。

 

- もっと自分で調べたい方へ -

643エラーの場合は、自分でできるチェックポイントは限られますが、
給湯器全般において、見落としがちな依頼前の『チェックポイント』『控えておくべき重要項目』などをまとめています。
修理や交換の依頼前に、今一度確認してみてください。


- 修理・交換を検討するなら -

お急ぎでメーカーや販売店の検討をされたい方は、こちらを参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です