給湯器・リモコンのリセット方法4選|ノーリツ、リンナイ、パロマ、パーパス…


給湯器を使っていると、故障でなくても「お湯が出ない」「湯はりができない」「暖房運転ができない」「リモコンエラーが出ている」など、給湯器が作動しなくなる場合があります。そんな時は4つの給湯器のリセット方法を試してみます。

給湯器のブランドは、ノーリツ、リンナイ、パロマ、パーパス、東京ガス、大阪ガスなど様々ですが、基本的な操作は同じです。

1)給湯器のリモコンでエラーリセット

給湯器のリモコンの表示されるエラーコードにはそれぞれ意味があります。トラブル原因も違えば、対処方法も異なってきます。

ですが、給湯器の利用者が簡単に試せる方法の一つが、「リモコンでのエラーリセット」です。

リモコンリセットの操作方法

給湯器のリモコンリセット

  1. エラーコードを確認したら、給湯器の運転は全て停止する。
  2. リモコンの運転スイッチを押して「切」にする。
  3. リモコンの運転スイッチを押して「入」にする。
  4. 液晶画面からエラーが消えていることを確認する。
  5. エラーが発生したときと同じ運転を試してみる。

リセット操作後のポイント

ここで注意しておきたいポイントですが、エラー原因が残っていると再操作をしてもすぐにエラーコードが表示して、給湯器はストップします。ですが、雨風や一時的なトラブルなどで突発的にエラーが発生していた場合は、このリセット操作だけで改善する場合もあります。

再びエラーが発生したときは、各エラーコードの原因をまずは確認いただき、原因を対処した上で、もう一度リセット操作を試します。

参考記事 ノーリツの給湯器のエラーコード

参考記事 リンナイの給湯器のエラーコード

参考記事 給湯器のエラーコード(その他)

2)給湯器の電源プラグ(コンセント)でリセット

パソコンやスマートフォンのように故障ではなくても一時的にフリーズしたり、バグを生じたりする場合があるように、給湯器も一時的なシステムエラーで作動しない状態になることがあります。(リモコンにエラーコードが出る場合もあれば、出ない場合も考えられます。)

このような場合は、強制的にリセットすることで改善する可能性があります。

「リモコンリセットでエラーが消えない」、「エラーが出ていないが給湯器が動かない」、「我が家はリモコンがない」場合などは、電源プラグ(コンセント)リセットを試してみる価値はあるかもしれません。

電源プラグ(コンセント)リセットの注意点

ある意味、強制的なリセット方法なので、「電源の抜き差しなんてやっていいの?」と思われるかもしれません。ですが、雷が鳴ってきたときなどは、給湯器の電源プラグを抜くことをメーカーなどは推奨しています。つまり、利用者自身が触るケースはあるということです。

ただし、いくつか注意が必要です。

  • ガス臭い場合はリセットを行わないでください。
  • 雨が降っているときや濡れた手で作業は行わないでください。感電する恐れがあります。
  • エラーコードの目的は、安全のために機器停止をすることなので、リセット後もエラーが再発したり異常を感じたら、すぐにメーカーなどに相談してください。事故につながる恐れもあります。(※詳細な状況が不明なので、リセット操作はコールセンターに電話相談をした上で作業をすることをおすすめします。)
  • エラーコードにもよりますが、確認時にお湯を出す時は、やけど等に十分注意してください。
  • 時計などの設定項目などは初期化されます。

電源プラグ(コンセント)リセット方法

作業内容は非常にシンプルで、給湯器本体下にある電源プラグ(コンセント)を抜いて、差し直すだけです。(※抜け防止のロック式の場合は抜き差しの際に回す必要があります。)

ただし、戸建てやマンション、アパートなどで設置方法も様々ですし、注意いただきたいポイントもあります。

戸建て住宅の場合

多くの場合は、外壁に壁掛けされていたり、据え置き設置されています。2階のベランダなどに設置されている場合もあります。

また、電源コードやコンセントが露出されている場合もあれば、配管カバーや据置台の内部に収納されている場合もあります。(カバーは取り外し可能です。)

足場がない場所や作業に危険が伴う設置場所の場合は、電源プラグの抜き差しは行わず、次項のブレーカーでの方法を検討してください。

マンションやアパートの場合

ベランダに設置されている場合もあれば、共用廊下に直付設置、あるいは扉内に設置されている場合もあります。

マンションの給湯器
給湯器 PS設置
電源コンセントが見つからない場合や作業が難しい場合は、次項のブレーカーでの方法を検討してください。

3)ブレーカーでリセット

分電盤、ブレーカー

作業は、メインブレーカーではなく、できる限り個別のブレーカー(給湯器回路)で行うことをおすすめします。

メインブレーカーを落とすと家中のパソコンや電気機器に影響が生じます。パソコンのデータやその他機器の設定が消える恐れもあります。また、コンセントに接続された状態でブレーカーを入れると、電流が流れて機器が故障する可能性もあるので注意してください。

4)ガスメーターリセット(ガスの復帰操作)

ガスメーター

給湯器が正常でもガスメーターでガスが遮断されていれば、当然お湯も出てきませんし、給湯器も作動しません。修理の依頼をする前に根本的にガス供給が止まっていないかの確認をする価値は十分あります。

赤く点滅していたり、ガス止めの表示がある場合は、ガスが遮断されています。改善するには復帰操作(リセット)をする必要があります。

詳細記事 ガスメーターの復帰方法と豆知識▽

関連記事

突然、お湯が出ない。湯沸かし器がつかない。ガスコンロがつかない。ガス暖房が使えない…。筆者も3度体験しましたが、正直焦ります。 そんな時はガスメーターを必ずチェック!「赤い点滅」や「ガス止」表示が出ているかも? ガスメー[…]

ガスメーター

給湯器の使用年数が長い場合の注意点

雨風による一時的なエラーやガスメーター遮断時などには、リセット操作は必要ですが、故障の場合は安全停止している状況を一時的に解除することになります。特に使用年数が長い場合は、経年劣化による寿命の前兆のサインである可能性もあります。

不調や異常を抱えたまま動かし続けると、故障や事故のリスクは高まります。

最近、エラーがよく出る場合や給湯器やお湯に異常を感じる場合は、リセットによるその場しのぎの対応はおすすめできません。点検や機器効果も検討いただき、まずはメーカーなどに相談してみることをおすすめします。

参考記事 給湯器の寿命が近いサインと交換年数の目安▽

関連記事

給湯器の寿命年数には個体差があります。 雨風にさらされている戸建ての壁掛設置もあれば、雨風の影響を受けにくいマンションのボックス内設置もあります。また、同じような設置環境のお隣さんの給湯器が10年で寿命を迎えても、あなたの給湯器は15[…]

給湯器 寿命

参考記事 リセットで直らなかった場合は交換検討の参考に▽

関連記事

給湯器の交換において、「できるだけ安く抑えたい」「安心できる業者にお願いしたい」と思われる方がほとんどではないでしょうか。 そして、誰もが気になるのが「本体価格」「交換工事費用」「TOTALの値段」はいくらかかるのか?です。他にも「給[…]

給湯器 おすすめ業者

お湯が出ない、給湯器の調子が悪いなら『お問い合わせ』『無料見積り』を!
4.7

見積りは必ず取っておきたい
『キンライサー』

ノーリツとリンナイのガス給湯器が充実しており、安定した「価格」「スピード」「工事実績」に加え、工事後も続く「商品と工事の無料10年保証」とフォローも魅力的。対応エリアであれば、見積りは絶対に取っておきたい「ノーリツ・リンナイ正規販売店」の一つです。

電源,運転
最新情報をチェックしよう!