【エラーコード 63】リンナイ食洗機の「洗浄ポンプ異常」

食洗機 エラーコード




2020年6月22日|最新情報更新しました

この記事の監修
竹節 倫敦(たけふし ともあつ)
専門資格:ガス機器の設置施工に必要不可欠な液化石油ガス設備士(国家資格)に加え、高圧ガス販売主任者第二種丙種ガス主任技術者の資格も保有している。

 

リンナイの食器洗い乾燥機(食洗機)に「63」のエラーコードが点滅表示した場合、大きく2つの可能性が考えられます。

1つは、残菜フィルターの目詰まり、もう1つは、洗浄ポンプの故障です。

エラー 63の対処ポイント

エラーコード「63」が点滅している状態は、食洗機の運転がエラーで強制ストップしたままの状態です。

まずは、残菜フィルターの掃除をした後、再運転をしてみてください。

変化がなければ、運転スイッチを「切」にして、再操作してみてください。

それでも改善の気配がない場合や、再びエラーコード「63」が出る場合は、洗浄ポンプの故障が考えられます。

エラー 63の修理について

ガス器具メーカーでも、現在食洗機を扱うのは「リンナイ」だけであり、給湯器のように修理業者は多くはありません。

もちろん、ネットで検索すれば、いくつか「食洗機の修理」の対応をしている業者も見かけますが、「リンナイの食洗機」は「リンナイのサービスマン」に対応してもらうのが、一番無難でしょう。

リンナイのコールセンターに電話をすれば、最寄りのリンナイサービスが、訪問点検や修理の対応をしてくれます。

電話で依頼をするときは、必ず「食洗機の型式」を控えておきましょう。

型式がわからなければ、診断も部品の手配もできませんので、また調べて電話をするという二度手間になります。

そして、できれば、購入日(設置時期)と保証書の保証期間を確認しておきましょう。

取扱説明書通りの正しい使用方法で、保証期間内の故障であれば、無償修理になるので、あわせてチェックしておくことをおすすめします。

長期使用の場合は経年劣化の可能性も

ポンプ系統の故障は、経年劣化での故障も考えられるため、使用期間が長い場合は修理ではなく機器交換を検討するのもひとつの選択肢です。

サービスマンに相談してみて、修理をしても再度故障やエラーの発生リスクが高そうな時は、併せて交換可能な機種も探してみましょう。

また、現在は故障していなくても、最悪の場合も想定して事前に最新の食洗機をチェックしておくのもよいかもしれません。


見積もりはとっておきたい!
『キンライサー』

給湯器 おすすめ業者

CMでおなじみのキンライサーは、工事実績100,000件以上で、工事後も安心の10年保証がスタンダード!ノーリツ、リンナイの正規販売代理店です。



安いプロパンガス料金に憧れるなら
『ガス屋の窓口』

プロパンガス,LPガス,ガス代,節約

既に100,000世帯がガス会社を乗り換え済!『たった30秒でお得なガス料金のお見積りをゲット!』高いプロパンガス代を安くするチャンス!