【エラーコード 432】自動湯はりの水位センサー異常エラー【432点滅】

給湯器 エラーコード 432

ガス給湯器(リモコン)のエラーコード 432とは?

水位センサーの異常

432」のエラーコードは、フルオート(全自動)タイプ特有のエラーです。

おそらく、自動お湯はりができない状態ではないでしょうか?

フルオートの場合、風呂自動湯はりをすると設定水位までお湯はりしてくれます。また、浴槽のお湯が少なくなれば自動で設定水位にたし湯してくれます。

これらは全て「水位センサー」が働いて制御してくれているのです。

その水位センサや回路に異常が生じると「432」を出して湯はりをストップさせます。

ですが、「エラーが点滅表示=故障」とは言い切れません。

まずはリモコンでエラーをリセットしてみて再操作してみましょう。

  1. リモコンの運転スイッチを「切」にする
  2. リモコンの運転スイッチを「入」にする
  3. 「432」が消えたら、再度「自動湯はり」をする
MEMO
再度、自動湯はりをする際には、残り湯は流して浴槽を空の状態で行ってください。

再度エラーが出ると故障や異常の可能性は高くなりますが、まだ確認できることはあります。

各メーカーの詳細内容とともにチェックしていきましょう。

その上で、まずはメーカーと型式の確認をしておいてください。

もしも、オート(自動)タイプで「432」が出ている場合は、基本的にありえないので、業者の設定ミスの可能性が高く、設置業者に連絡してみてください。

メーカー別「エラー 432」(専門補足)

ノーリツのエラー 432

  • 症状・内容:水位センサ異常
  • 診断・対処:運転リセットをして、再度エラーが出るなら修理依頼

リンナイのエラー 432

  • 症状・内容:水位センサー異常
  • 診断・対処:運転リセットをして、再度エラーが出るなら修理依頼

パロマのエラー 432

  • 症状・内容:圧力センサ(水位センサ)異常
  • 診断・対処:修理依頼

パーパスのエラー 432

  • 症状・内容:水位センサー異常
  • 診断・対処:修理依頼

長府製作所(chofu)、ハーマン、ガスター(YUMEX)、ナショナル、日立(ハウステック)、タカラスタンダード、TOTOなど

【補足】東京ガス、大阪ガスなどのガス会社仕様は、基本的に各製造メーカーのエラー内容と共通です。

給湯器の故障と決めつける前にすべきこと

お風呂の湯はり、おいだき異常の原因に多いのが「詰まり」や「漏れ」です。

「432」がでるケースで想定できる内容もいくつかあります。

  1. 水位センサーの部品故障
  2. 水位センサー回路の配線やコネクタの異常
  3. 電装ユニットの故障
  4. おいだき配管の水漏れ
  5. 施工不良
  6. 循環アダプターの詰まり

1~3はサービスマンによる部品交換や手直しが必要となります。

4~5は新築や設置後すぐの場合は、施工業者による手直しが必要となります。

ですが、6に関しては利用者側で対処が可能です。

定期的に循環アダプターのフィルター掃除をされている場合は、可能性は低いですが、掃除不足の場合は湯垢や髪の毛などが詰まって、正常に湯はりやおいだきができずにエラーが出たことも考えられます。

循環アダプター

循環アダプターの掃除循環アダプターの掃除でリスク軽減!フィルターの外し方と取付方法も解説

まずは、循環アダプターのフィルター掃除を確認した上での修理依頼がおすすめです。

循環アダプターの掃除が終わったら、再度リモコンリセットをして自動湯はりを行ってみてください。

432エラーの修理代の目安

水位センサー交換の場合

出張費2,500~3,000円程度
部品代4,000~5,000円程度
技術料5,000~7,000円程度
合計11,500~15,000円程度

基板交換となった場合は、3~4万円程度になる場合もあります。

経験上、新築や給湯器の設置後、修理や点検の直後に「432」が出た場合は、故障ではなく業者のミスの場合も十分考えられます。

メーカーやその他業者に依頼をしてしまうと、施工ミスでも費用が発生するので、心当たりがある場合は、まずは担当業者に相談するのがよいでしょう。