リンナイやノーリツの「給湯器のリモコンが勝手に消える」3つの解析

給湯器のリモコンが消える

給湯器のリモコンでよく受ける問い合わせの一つに「給湯器のリモコンが消える」という内容がある。あなたも同じ内容でお困りだろうか。但し、状況はいくつか考えられる。それをこれから解析していきたい。

まず、お使いのガス給湯器のリモコンにはリンナイ、ノーリツ、パロマ、パーパスのメーカーブランドだろうか。あるいは東京ガスや大阪ガスのガス会社ブランドだろうか。いずれにしても、推測できる内容は共通し、この事象では大きく3つに分けられる。

  1. 給湯器やリモコンの故障ではないケース(勝手に液晶が消える)
  2. リモコンの配線のトラブルやリモコン故障(液晶が消える、電源が消える)
  3. 給湯器本体の故障

できれば1の「給湯器やリモコンの故障ではない」ことを期待したいところだ。私の経験上、1の故障でないケースも多く、ますは一緒に診断をしていこう。

1.セーブモードなら一発解決(故障でない)

給湯器とリモコンは電源で動いている。機器が作動すれば消費電力がかかる。リモコンも運転を「入」にしていると画面に給湯温度などが表示されているかと思う。この場合、お湯を出していなくても「待機消費電力」がわずかにかかってくる。

そこで、最近のリモコンはお湯を使わない状態から一定時間経過すると「省エネモード」に入り、液晶画面だけを一時的に消すことがある。メーカーによって「節電モード」や「セーブモード」といったりするが、仕組みは同じだ。

身近なモノであれば、パソコンやスマホをイメージしてほしい。主電源が入っていても、電力(電池消耗)を抑えるために一定時間経過すると画面を暗くする。パソコンもスマホもボタンを押せば画面が復活するのと同じだ。

給湯器のリモコンの場合は初期設定の時間を変更できるものもある。機種によって初期設定は10分や15分、25分などバラバラだが、節電状態に入っていただけの現場事例はよくある。

では、あなたのリモコンの場合はどうかを次の内容で確認してみよう。