【エラーコード 72】ガスコンロのエラー原因【72点滅】

ガスコンロ エラーコード 72

ガスコンロの故障サインとして「エラーコード 72」が点滅表示する場合があります。

  • リンナイのガスコンロ:立消え安全装置回路故障(サーモカップル回路故障)
  • ノーリツ(ハーマン)のガスコンロ:熱電対回路異常

※機種によってエラー内容が異なる場合があります。

「立消え安全装置」は聞いたことがある人も多いと思いますが、吹きこぼれや煮こぼれで火が消えてしまった時に、ガスが出たままになることを防止するため、自動的にガスを遮断してくれる安全装置です。

MEMO
立消え安全装置には、電源がなくても使用できる熱起電力を利用した、サーモカップル(熱電対)が使用されています。

つまり、リンナイやノーリツのエラー72は、安全装置に関わる部品や回路の異常であることをお知らせしています。

このページでは、直る可能性や対処法などをまとめます。

エラー72の直る可能性は?

エラー72は、ガスコンロのコンロバーナーだけでなく、魚焼きグリル使用時にも発生します。

一度エラーが出てしまうと、大抵の場合は「点火しようとしても火がつかない」状態になります。

原因は安全装置回路の部品故障の場合もあれば、配線が切れかかっていたり、腐食していたりなど、現場を見ずして特定は難しいです。

一度スイッチを切って、再点火してみてエラーが再発すれば、修理が必要な可能性は高いといえるでしょう。

エラー72の修理前にできることは?

ここではメーカーブランドで解説しますが、東京ガスや大阪ガスブランドの場合は製造元を確認の上、参考にしてください。

1.リンナイのガスコンロの場合

リンナイの場合は、1つだけ自分で診断が可能です。

それは電池(電源)でリセットする方法です。

  • 乾電池タイプのガスコンロの場合:単1形アルカリ乾電池(1.5V)を2個を交換してみてください。
  • 電源コンセント付のガスコンロの場合:電源コンセントを抜き差ししてみてください。
MEMO
乾電池の場合は、ストックしている未使用の電池は注意が必要です。

電池は使っていなくても自然放電するので、使用推奨期限を確認をしてください。

確率的には低いかもしれませんが、一時的なシステムエラーなどの場合は、この操作で改善される可能性もあります。

MEMO
パソコンの強制再起動のイメージです。
注意
立消え安全装置は、ガスコンロには必須の安全装置です。もし、改善されたとしても不安が残るため、修理するしないに関わらず、「このまま使って大丈夫か?」をメーカーに相談しておくことをおすすめします。

使用年数なども判断ポイントになるかもしれません。

2.ノーリツ(ハーマン)のガスコンロの場合

ノーリツの場合は、「部品故障」という内容で、自分で確認できる内容はありません。

3.パロマのガスコンロの場合

パロマの場合は、「エラー72=部品や電子部品の故障」であり、こちらも自分で確認できる内容はありません。

ガスコンロのエラーコード 72のまとめ

ガスコンロの場合、様々な要因で「火がつかない」「火が消える」という事象は発生しますが、エラー72は決して多くはありません。

ですが、エラーが出てしまった以上は、原因を取り除く必要があります。

修理が必要になった場合は、使用年数なども考慮しながら、「修理or交換」の選択が必要かもしれません。