給湯器で「お風呂の追い焚きができない」4つの症状と確認項目

お風呂の追い焚きができない(ガス給湯器)




2020年5月26日|最新情報更新しました

この記事の監修
竹節 倫敦(たけふし ともあつ)
専門資格:ガス給湯器などの設置施工に必要不可欠な液化石油ガス設備士(国家資格)に加え、高圧ガス販売主任者第二種丙種ガス主任技術者の資格も保有している。

 

ガス給湯器の追い焚きトラブルの一つに「追い焚きができない」症状があります。

しかし、各ご家庭によって症状は様々で、追い焚きが作動しない、あるいは作動はするが正常に完了しないケースがあり、大きく4つの症状に分けて解決方法を解説いたします。

※基本的に各メーカー共通の内容となります。

追い焚きができない症状一覧

「お風呂の追い焚きができない」という相談は年間を通して一定数ありますが、特に秋~冬場は多いです。

ただし、一口に「追い焚き できない」と言っても、各ご家庭で状況や症状のパターンは異なります。

例えば、追い焚きスイッチを押しても、次のような症状が考えられます。

  • 浴槽のお湯の温度が設定より低い(ぬるい)
  • お風呂の追い焚きスピードが遅い(なかなか熱くならない)
  • 追い焚きスイッチを押してもすぐに止まる
  • 根本的にお風呂が沸かせない(作動しない)

追い焚きシステムは、
リモコンの追い焚きスイッチ+『ガス給湯器』~『追い焚き配管』~『浴槽の循環金具』
で構成されています。

これらのシステムに一つでも問題があれば、追い焚きは正常に作動しません。

1)追い焚きしても温度がぬるい

追い焚き運転直後でもぬるい

おいだき運転が完了した直後でも『お湯がぬるい』場合は、次の内容が考えられます。

  • リモコンの設定温度が適切でない
  • 循環アダプターのフィルター詰まりによる影響
  • 給湯器の部品の経年劣化による影響

まずは、リモコンの温度を確認の上、循環アダプターのフィルター掃除を試してください。

仮に、リモコンの設定温度を今よりも少し上げてみて、それでも熱くならなければ、給湯器とリモコンが正常に通信できていない可能性も出てきます。

保温中なのにお湯がぬるい

保温中にお湯がぬるくなることはよくあります。

ただし、基本的には下記の通り仕様であるケースが多いです。

保温中=常に設定温度にキープされているわけではない

細かい制御はメーカーや機種によって異なりますが、保温中の動作は次のとおりです。

給湯器は、約10~30分間隔で湯温をチェックして、冷めていたら設定温度まで沸かし直します。

他にもいろいろと細かい条件はありますが、機種によっては30分間隔の追い焚きとなるため、この間に放熱して数℃程度お湯の温度が低下します。

そして、そのタイミングで入浴すると、「あれ?お湯がぬるい。追い焚きできていない?」と感じてしまうことが多いのですが、これは正常な状態です。

  • フルオート(全自動)の場合は、入浴検知すると、冷めている場合はすぐに沸かし直しモードに入り、自動でおいだきを開始します。
  • オート(自動)の場合は、ぬるい場合は手動で追い焚きスイッチを押す必要があります。

2)追い焚きに時間がかかる

追い焚き運転は作動しているものの、なかなかお湯が熱くならないというケースもあります。

考えられるパターンは次のとおりです。

  • 暖房(床暖房など)と追い焚きを同時に行うと、燃焼(加熱)能力の取り合いになり、時間がかかる場合がある
  • 給湯器は追い焚き配管2本(往・戻)でグルグル循環させ、浴槽の湯温チェックをしてから燃焼するので、少し時間がかかる

配管の長さも影響するため、一概には言えませんが、追い焚き運転が完了してお湯が熱くなっていれば、正常な場合が多いです。

3)追い焚きしても運転が止まる

リモコンの追い焚きスイッチを押して、すぐに運転が止まる場合は次のパターンが考えられます。

浴槽の循環アダプターが十分隠れるぐらいのお湯が入っていない(アダプターがお湯を吸い込めない)

  • 循環アダプターのフィルターが詰まっている
  • お湯の温度が設定温度より少し低い
  • 設定温度になっていて、台所リモコンでおいだきを押した(台所からは強制追い焚き不可)

お湯の状態と循環アダプターのフィルターをチェックし、いずれも該当しなかった場合は、故障の可能性も考えられます。

4)追い炊きが始まらない

リモコンの追い焚きスイッチを押しても、追い焚きする気配がない(給湯器が動く気配がない)場合、いくつかの状況が考えられます。

  • 浴槽の循環アダプターが十分隠れるぐらいのお湯が入っていない(アダプターがお湯を吸い込めない)
  • リモコンの追い焚きスイッチが反応しない
  • リモコンにエラーコードが表示している
  • リモコンは反応するが、給湯器が動かない

基本的に正常であれば、追い焚きスイッチを押すと、循環アダプターがお湯を吸い込み、給湯器が温度チェックをして、燃焼を開始します。

使用方法も問題なく、エラーも出ていない場合は、給湯器やリモコンの経年劣化による故障も考えられます。

定期的なメンテナンスを

追い焚きトラブルは故障ではない場合も多いです。

ポイントは、追い焚き運転をした直後に「お湯が設定温度になっているか?」です。結果的にお湯が沸いていれば、正常な場合が多いです。

また、セルフチェックで一番効果が期待できるのが、循環アダプターの掃除です。掃除後に再度、追い焚き運転を試してみてください。

掃除後のフィルターを正しく取り付けられていない場合も、正常に作動しない場合があるので注意が必要です。

また、給湯器の寿命は10年と言われており、故障発生率は10年を越えてくると急激に上昇しますので、長期間使用している給湯器であれば、機器の寿命の可能性もあります。

使用年数が長い場合は、通常故障に加えて部品の経年劣化が影響している可能性も高いので、改善の気配がみられない場合は専門家に相談するようにしましょう。

 

以上、給湯器の追い焚きができない原因と確認方法をご紹介いたしました。

各項目を確認の上、経年劣化などで給湯器の故障が疑われる場合は、メーカーやガス会社、賃貸の場合は管理会社や大家さんに相談するようにしましょう。

 

文:ガス専科編集部 記事監修:竹節 倫敦(液化石油ガス設備士)


見積もりはとっておきたい!
『キンライサー』

給湯器 おすすめ業者

CMでおなじみのキンライサーは、工事実績100,000件以上で、工事後も安心の10年保証がスタンダード!ノーリツ、リンナイの正規販売代理店です。



安いプロパンガス料金に憧れるなら
『ガス屋の窓口』

プロパンガス,LPガス,ガス代,節約

既に100,000世帯がガス会社を乗り換え済!『たった30秒でお得なガス料金のお見積りをゲット!』高いプロパンガス代を安くするチャンス!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です