お風呂のシャワーが「ぬるいお湯しか出ない」のは給湯器が原因?

お湯の温度が「ぬるい」場合、いくつか考えられることがあります。

では、お風呂のシャワーから出てくるお湯がぬるい(熱くならない)場合、給湯器が原因でしょうか?

可能性としては、給湯器も考えられますが、その他の要因も考えられるので、使用状況を確認しながら判断する必要があります。

シャワーのお湯がぬるい原因《給湯器以外》

シャワーのお湯がぬるいお風呂のシャワーがぬるい原因を特定するために、一番手っ取り早いのが、洗面やキッチンのお湯の温度と比較することです。

仮にリモコンが「41℃設定」の場合、シャワー・洗面・キッチンは、全て「約41℃」のお湯が出てきます。

理由は、給湯器は1台であり、シャワーだけ「ぬるいお湯をつくる」なんて器用なことはできないからです。

もし、洗面とキッチンに熱いお湯が供給されていれば、シャワーも同じ温度のお湯が供給されていることになり、可能性としてはある程度絞り込めます。

  • シャワー使用時に特有の原因や使用状況があった
  • シャワー水栓の問題
  • お風呂側の配管の問題

混合水栓をチェック

まず、一番にできることは、混合水栓で「水が回り込んでいないか」をチェックしてください。

給湯器で熱いお湯が作られていても、水を混ぜて出湯していれば、当然、お湯はぬるくなります。

シャワーのお湯がぬるい原因《給湯器》

リモコンの設定温度をチェック

意外とありがちなのが、給湯リモコンの温度設定が低い状態になっているケースです。

特に、リモコンセット(台所リモコン+浴室リモコン)の場合、「優先モード」があり、仮にキッチンで41℃に設定していても、お風呂が37℃設定だった場合、優先権をお風呂に移すと「37℃」になります。

優先スイッチを押した時や、電源のOFF→ONした時などは要注意です。あとは、シャワーを浴びている時に、台所側で温度変更が行われていたケース(台所優先権の場合)もあります。

お風呂のリモコンの細かい表示は、ついつい見落としがち(あまりちゃんと見ない傾向)であり、「お湯がぬるい」場合は、念のためにチェックしましょう。

冬季で水温が極端に低い場合

水温が低い時に、熱いお湯を出そうとすると、設定温度(高温)のお湯が出ない場合があります。

水温が根本的な原因の場合は、お湯の量を少し絞れば、設定温度のお湯が出てくるはずです。

ガス栓や給水元栓の影響

昨日までお湯の温度に問題がなかった場合は、可能性としては低い事象ですが、給湯器のガス栓や給水元栓が全開になっていない場合、温度に影響が出る可能性があります。

新築や入居直後、設置直後、直近で修理や点検などがあった場合などは、念のため確認してみてください。

給湯器の経年劣化

給湯器の経年劣化

お湯の温度が安定しないのは、給湯器の経年劣化が影響している可能性もあります。

使用年数が浅ければ関係ないとは思いますが、10年近く使っている場合は、動いてはいるけれども、部品やバーナーなどが劣化して、寿命が近くなっている時に起こりがちな症状です。

  • お湯は出るけれど、リモコン設定温度と全く違う
  • リモコンの温度を上げても、お湯が熱くならない
  • 熱くなったり、ぬるくなったりする

使用状況などに問題がなかった場合は、故障や劣化異常の可能性も出てきます。

給湯器の故障の可能性が高そうな場合

お湯の温度トラブルは、寿命の前兆のサインである可能性が十分考えられます。

使用年数が10年近い場合は、全くお湯が出なくなった場合を想定し、「修理」か「交換」の選択肢を事前にもっておくことも重要です。

使用年数が長い場合は、こちらの記事も是非読んでおいてください。

【参考】ガス給湯器の寿命・耐用年数とは

給湯器が動かかなくなり、お湯が出なくなる日は、突然やってきます。

今回の「お湯がぬるい」事象で故障や劣化が考えられる場合は、その一歩手前段階の可能性もあるので、サインを見逃さずに最悪の事態を想定して準備や検討をしておいてください。

お湯が出ない、給湯器の調子が悪いなら『お問い合わせ』『無料見積り』を!
4.7

見積りは必ず取っておきたい
『キンライサー』

ノーリツとリンナイのガス給湯器が充実しており、安定した「価格」「スピード」「工事実績」に加え、工事後も続く「商品と工事の無料10年保証」とフォローも魅力的。対応エリアであれば、見積りは絶対に取っておきたい「ノーリツ・リンナイ正規販売店」の一つです。

お風呂,シャワー,温度
最新情報をチェックしよう!