【エラーコード 011】給湯器リモコンの出湯エラー【011点滅】

給湯器 エラーコード 011

給湯器(リモコン)のエラーコード「011」は、「連続出湯」のエラーをお知らせしています。

連続出湯とは、お湯を連続で60分出し続けている状態を意味しているので、まずは、キッチン・洗面・シャワーからお湯が出たままになっていないか確認してください。

メーカー別のエラー「011」の意味〈基本〉

給湯器、エラー、011

【対象の給湯器】:給湯専用機、ふろ給湯器、暖房付ふろ給湯器など(給湯器全般)

ノーリツ、パーパスのエラーの症状~対処は次のとおりです。

ノーリツの給湯器

  • 症状・内容:給湯を連続60分以上運転
  • 診断・対処:給湯栓を閉めて、運転スイッチを「切」「入」して、再度給湯栓を開ける

パーパスの給湯器

  • 症状・内容:給湯連続燃焼異常停止
  • 診断・対処:給湯栓を閉じてください。(給湯連続1時間使用のため)

【補足】ガス会社ブランドの給湯器は、製造元がノーリツ・パーパスであれば同様のエラー内容です。

仮にお湯を出したままで、ついうっかり忘れたり出かけてしまっても、最大1時間でガスは遮断されます。

基本的な内容は説明したとおりですが、もう少し「011」の補足をしておきます。

エラーコード「011」発生時の「修理の必要性」

お湯が出っぱなし

エラー「011」はガスコンロの消し忘れ消火機能と似ていますが、ずっとガスが出続けることを防ぐのが一番の目的です。

ガスコンロの消し忘れ消火機能
火を消し忘れても最大120分で停止させる安心機能

エラーが60分で発生する理由

エラーが出てしまったら、「なんでもっと早く止めてくれないの?」と思われる方もいると思います。

給湯の使用用途はいくつもあります。

  1. キッチンでのお皿洗い
  2. 洗面での手洗い
  3. シャワーで体を洗う
  4. 水栓(蛇口)で浴槽に湯はり

では、仮に30分で自動停止にするとどうでしょうか?

  • シャワーが長い人は急に水になって困るケースが出てくる
  • 浴槽にお湯をためるのも30分では難しいケースがある

つまり、使い勝手も考慮して60分にしているわけです。

MEMO
ガスコンロの場合は煮込みなどの調理面を考慮して最大120分としている

エラーの対処方法

エラー011は「お湯が出たままになってましたよ!」とお知らせするのが役割なので、故障でもなければ修理も不要です。

お湯(お水)を止めて、リモコンのスイッチを「切」「入」することでエラーリセットできるので、そのままご使用いただいて大丈夫です。

可能性は限りなく低いですが、もしもお湯が出たままになっていなかったのに「エラーコード 011」が点滅表示した場合は、電装基板などの故障も考えられます。

その時はノーリツやパーパスなど、ご使用の給湯器メーカーに相談してみましょう。

給湯器に頼らず予防しましょう

給湯器のアドバイス

「011」はご説明のとおりで給湯器の故障のエラーではありません。ですが、給湯器のお湯を1時間出したままにすると、ずっと燃焼状態が続くので、当然ガス代はかかりますし、水道代も余分にかかってきます。

これって無駄以外のなにものでもありません。

注意すれば予防できるエラーなので、「011点滅」は今回で最後にしましょう。