給湯器の専門家が解説!エコジョーズの中和器の役割と交換費用の注意

リンナイやノーリツなど、高効率給湯器「エコジョーズ」の「中和器」のギモンは意外に多い。そこで、エコジョーズに詳しくない人でも理解できるように中和器の基礎知識や豆知識をたった7分で要点紹介!経験豊富な給湯器の専門家目線で解説をいたします。

この記事はこんな人におすすめ
我が家のエコジョーズは1台目である、中和器の基礎や役割を知りたい、中和器の交換や費用について知りたい、中和器の掃除や洗浄について知りたい、中和器の寿命について知りたい、中和器に関連するエラー(290、920、930)が出た人など

解説者:給湯器アドバイザー 千田
リンナイ株式会社を経て、ガス業界や住設業界のマーケティング・分析・情報発信も行うフリーアドバイザー

それでは中和器の解説開始

中和器の役割・基礎知識

中和器が搭載されている機種

リンナイ、ノーリツ、パロマ、パーパス、東京ガス、大阪ガスなど、給湯器のブランドは多々ありますが、「エコジョーズ」であれば全ての機種に部品として組み込まれています。

中和器の役割

エコジョーズは高効率な給湯器であるため、機器の特性上「ドレン」が発生し、運転状態や季節にも影響されますが、毎分60~100cc程度の「ドレン水」が排出されます。「ドレンレス(ドレンの発生なし)」で高効率化が実現すれば画期的なのですが、耐久性を考慮すると「ドレン」の発生は避けれないのが現実です。

つまり、今までの給湯器では必要なかった「ドレン」の処理が必要になるというわけです。

エコジョーズには、排気からの熱を回収するための「二次熱交換器」が搭載されていて、酸性のドレン水(水蒸気から水に凝縮される)が発生するので、中和して機器外に排出する必要があり、そこで活躍するのが「中和器」というわけです。この中和器には「炭酸カルシウム」がたくさん入っており、酸性水を中和する役割を果たします。

「pH3 程度のドレン水(酸性)」が発生 → 中和器内の炭酸カルシウムで中和 → 「pH7程度の中性水」として機器外へ排水

pH3とは、身近なものでいえば「レモン水」程度と考えてください。

中和器の詰まり・掃除・寿命のギモン

いざ設置してしまえば、通常は中和器を気にする必要性はありません。エコジョーズの「中和器」はエラーがでない限り、特に意識する必要がないのです。ただし、エラーが出たときは戸惑うこともあると思います。