ガス給湯器 エラーコード 【 900 】【 901 】【 903 】

給湯器 エラー 900 901 903




2020年5月23日|最新情報更新しました

この記事の監修
竹節 倫敦(たけふし ともあつ)
専門資格:ガスに関わる国家資格(液化石油ガス設備士、高圧ガス販売主任者第二種、丙種ガス主任技術者)を保有

 

ガス給湯器でエラーコード 900 901 903 が表示された場合、主な原因は給排気通路等の閉塞によるエラーとなります。

給湯器のエラー 900 901 903 の内容

エラーコードの主な内容は次の通りです。

エラーコード 主なエラーの理由
900 給排気閉塞異常、給気汚染、燃焼ファン閉塞検出
901 給湯の給排気閉塞異常、給湯燃焼異常、給湯機能停止
903 暖房燃焼異常、暖房機能停止

メーカー等によって表現は異なりますが、いずれも給排気通路や熱交フィンなどの詰まりにかかわるエラーとなります。

原因として、下記のような可能性が考えられます。

  • 経年劣化による給排気通路の詰まりや熱交フィン詰まり
  • 給排気口の詰まり(蜘蛛の巣、飛んできたビニールや段ボール、障害物や囲い等)
  • 電装ユニットの異常

給湯器のエラー 900 901 903 の対処法

エラーが表示された場合、まずは一度エラーリセットを試してみましょう。

  1. 給湯器の運転をストップする
  2. リモコンの運転スイッチを「切」にする
  3. リモコンの運転スイッチを「入」にする
  4. エラーが出たときの運転を再度行ってみる

エラーが出なかった場合は、一時的なシステムエラーの可能性もありますので、しばらく様子を見るようにしましょう。

エラーが再度表示された場合は、天候や異物などによる外的要因や故障の可能性があります。

1)大雨や強風など悪天候

大雨や強風の日などは、排気口や給気口が大量の水で塞がれた状態になる状況も考えられます。

悪天候の日は一時的にエラーが出ているだけの可能性もありますので、天候が穏やかになってからエラーリセット(リモコンの電源「切」⇒「入」操作)の上、もう一度お湯を出して確認してみてください。

2)埃や異物などで給気・排気口が塞がれている

給湯器の設置環境やお手入れの具合にもよりますが、埃や蜘蛛の巣、異物などで塞がれているとエラーが発生することがあります。可能な範囲で掃除をしてみてください。

3)給湯器周辺を囲っている

給湯器の周辺が障害物などでふさがれていると、給気・排気のバランスが乱れてエラーが出ることがあります。周辺に物などが置かれている場合は、除去してください。

エラーコードが改善しない場合

天候や給湯器周りに問題がなく、エラーリセットを行ってもエラーが出る場合は、給湯器の故障の可能性があります。

自身での対処は難しいため、メーカー等専門家に相談するようにしましょう。

また、修理依頼の際にはできるだけ情報は詳しく伝えておくとよいでしょう。

  • 給湯器の使用年数
  • エラーが出た時の運転状況
  • どのタイミングでエラーが出たか

訪問前でも状況がある程度わかれば、原因を絞りこめる場合もあります。

修理が必要になった場合に、概算費用を聞く材料としても重要ですし、スムーズな解決にもつながりやすくなります。

また、給湯器の故障発生率は10年を越えてくると急激に上昇しますので、長期間使用している給湯器であれば、機器の寿命の可能性もあります。

使用年数が10年近い場合などは、高額な修理代になった場合に「給湯器の交換」というのも視野にいれておいたほうがよいかもしれません。

 

以上、エラーコード 900 901 903の原因と対処法をご紹介いたしました。

確認の結果修理や点検が必要になった場合は、メーカーやガス会社、賃貸の場合は管理会社や大家さんに相談するようにしましょう。

 

文:ガス専科編集部 記事監修:竹節 倫敦(液化石油ガス設備士)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です