【エラーコード 903】給湯器の暖房燃焼異常・機能停止【903点滅】

給湯器 エラーコード 903

給湯器(リモコン)のエラーコード「903」とは?

暖房燃焼異常、暖房機能停止など

給湯器の「903」は、暖房付タイプ特有のエラーコードです。

暖房付とは「暖房機能付給湯器、暖房機能付ふろ給湯器」などであり、「暖房端末」と接続できるタイプの給湯器です。

MEMO
暖房端末とは、浴室暖房乾燥機や床暖房などの温水暖房機器をいいます。

基本的には使用年数が長いほど発生する可能性が高いエラーであり、経年劣化(寿命の前兆)のサインであるケースも考えられます。

エラー903の詳細内容

メーカー別「903」の症状

基本的な症状としては、給気・排気通路や熱交フィンなどの燃焼回路に詰まり(閉塞)が生じると発生するエラーですが、メーカーによって表現は異なります。

  • ノーリツ:暖房燃焼異常(警告表示、燃焼停止)
  • リンナイ:暖房機能停止
  • パーパス:暖房排気リサイクル
MEMO
大阪ガス、東京ガスなどのガス会社ブランドは、基本的に各製造メーカーの内容と同様です。

外部要因が関係するケース

「903」は、例えば給湯器の給気口や排気口が外部要因で塞がれたときなどにも発生する場合があります。

外部要因:大雨、蜘蛛の巣、飛んできたビニールや紙などが影響を与える

悪天候で、給湯器が雨の影響を受けてそうであれば、少し様子を見てみるのも一つです。

また、給湯器本体の外観部分は定期的な掃除が必要な部分なので、蜘蛛の巣や汚れなどが目立つ場合は、掃除で解決する場合もあります。

ですが、外部要因もなく、特に使用年数が長い場合は内部で異常が生じている可能性が高くなります。念のため、エラーリセット確認もしておいてください。

給湯器のエラーリセット

エラーリセットといっても、給湯リモコンの点滅表示を一時的に消す操作です。

MEMO
暖房端末のエラーであっても、給湯リモコンに点滅表示します。

給湯器のリモコンリセット

リセット操作の手順は次のとおりです。

  1. 床暖房や浴室暖房乾燥機などの端末運転を全て停止させる
  2. 給湯リモコンの運転スイッチを押して「切」にして、再度「入」にする
  3. 「903」の点滅表示が消えていれば、再度、暖房端末の運転を入れる

2のリモコンの「切」「入」操作で、エラーが点滅したままだった場合は、点検が必要です。

3の暖房運転で、エラーが再発した場合は外部要因を確認し、なければ点検が必要です。

 

エラーが一時的に消えて、その後、表示しなくなった場合は様子見でもよいかもしれませんが、使用年数が長い場合ほど再発する可能性が高いので、いずれにしてもメーカーなどに相談するほうがよいでしょう。

また、10年近く使用している場合は、仮にエラーが消えても「ガス給湯器の寿命」が近いサインであった可能性もあります。

1つ修理をしてもすぐに別の部品が故障するなどのケースも珍しくないので、使用年数によっては「給湯器の交換」も視野にいれていくべきかもしれません。