ガス給湯器 エラーコード 【 610 】【 611 】【 613 】

給湯器 エラー 610 611 613




2020年5月21日|最新情報更新しました

この記事の監修
竹節 倫敦(たけふし ともあつ)
専門資格:ガス給湯器などの設置施工に必要不可欠な液化石油ガス設備士(国家資格)に加え、高圧ガス販売主任者第二種丙種ガス主任技術者の資格も保有している。

 

61から始まるガス給湯器のエラーコード 610 611 613 が表示された場合、主な原因はファン異常によるエラーとなります。

給湯器のエラー 610 611 613 の内容

エラー610 611 613が表示された場合、主な内容は次の通りです。

エラーコード 主なエラーの理由
610 燃焼用ファン異常エラー
611 給湯ファン異常エラー
613 暖房ファン異常エラー

メーカー等によって表現は異なりますが、いずれもファンにかかわるエラーとなります。

ガス給湯器が燃焼するためには、ファンモーターが正常に回転する必要がありますが、「回転しない」「回っているが回転数がおかしい」場合などはエラー停止をさせる仕組みになっています。

エラーが出ている間は、「水は出るがお湯が出ない」、「暖房がつかない」などの状態が続きます。

考えられる主なエラー原因はいくつかあります。

  • ファンモーターが故障している
  • ファンモーターのコネクタが外れている、きっちり差し込まれていない
  • ファンモーターのコネクタや配線に損傷や異常が生じている
  • 電装ユニット(基板)が故障している

直近で給湯器の修理や点検などがあった場合は、修理の際にファンモーターを取り外すことがあるので、心当たりがあればその業者に連絡してみてください。

給湯器のエラー 610 611 613 の対処法

まずは、自身でできる対処法としてリモコンのリセット操作を試してみましょう。

  1. キッチン・洗面・シャワーなど、全ての蛇口を閉める(※613の場合は暖房運転を止める)
  2. リモコンの運転スイッチを押して「切」状態にする
  3. 再度、運転スイッチを押して「入」状態にする
  4. エラーの点滅表示が消えていることを確認する
  5. どの蛇口でもいいので、お湯を出してみる

これらの操作でエラーが出なければ、お湯が出てくるはずです。

ですが、再度エラーが点滅した場合は、水しか出ない状態のままですので、点検や修理相談が必要となります。

修理依頼のポイントとしては、給湯器の型式、使用年数、エラーが出た時の使用状況、異音の有無など、伝える情報が多いほど、概算費用の精度も高くなり、早期解決に繋がりやすくなるので、依頼時にできるだけ詳しく伝えてみてください。

また、給湯器の故障発生率は10年を越えてくると急激に上昇しますので、長期間使用している給湯器であれば、機器の寿命の可能性もあります。

使用年数が10年近い場合などは、高額な修理代になった場合に「給湯器の交換」というのも視野にいれておいたほうがよいかもしれません。

 

以上、エラーコード610 611 613の原因と対処法をご紹介いたしました。

自身での対処は難しいエラーのため、リセット操作を行ってもエラーが消えない場合は、メーカーやガス会社、賃貸の場合は管理会社や大家さんに相談するようにしましょう。

 

文:ガス専科編集部 記事監修:竹節 倫敦(液化石油ガス設備士)

 


見積もりはとっておきたい!
『キンライサー』

給湯器 おすすめ業者

CMでおなじみのキンライサーは、工事実績100,000件以上で、工事後も安心の10年保証がスタンダード!ノーリツ、リンナイの正規販売代理店です。



安いプロパンガス料金に憧れるなら
『ガス屋の窓口』

プロパンガス,LPガス,ガス代,節約

既に100,000世帯がガス会社を乗り換え済!『たった30秒でお得なガス料金のお見積りをゲット!』高いプロパンガス代を安くするチャンス!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です