給湯器エラーコード888・88とは?消し方・解除・リセット方法|リンナイ、ノーリツ…

ガス給湯器 エラー 888の点検




ガス給湯器の使用年数が長くなってくると、リモコンに「888」や「88」のエラーコード(番号)が表示されることがあります。

リモコンの液晶が3桁表示なら「888」2桁表示なら「88」です。ノーリツ、リンナイ、パロマなど、給湯器のメーカーやブランドに関係なく、基本的な内容は共通です。

 

給湯器 エラー 888・88 は故障ではない?

既にリモコンでスイッチを切・入して、エラーリセットを試した方もいると思います。

おそらくエラー表示が消えないですよね?!

結論からいいますと、通常のリセット方法では解除することも、表示を消すこともできません。ですが、給湯器の故障のお知らせではありません。

おそらく、今もお湯は出ているかと思います。

但し、使えているからといって決して無視をしないでください。これは安全に給湯器を使用するための極めて重要なサインです。

そして、リセット方法(エラーの消し方・解除方法)も気になるかと思いますので、順番に確認していきましょう。

 

給湯器の【888】【88】とは『点検時期お知らせ機能』

給湯器の点検については、メーカーだけの話ではなく、経済産業省や業界団体(一般社団法人 日本ガス石油機器工業会など)も関わっている内容です。

つまり、重要度はかなり高いと認識いただいたほうがよい内容です。

 

約10年相当の使用である

ガス給湯器には、設計(上の)標準使用期間を経過した場合、又はそれに相当する期間や使用回数を越えた場合に、安全のために「点検時期」をお知らせする「タイムスタンプ機能」が搭載されています。

簡単に言えば、「約10年相当の使用(期間や回数)に達したから点検してね!」という内容です。
ガス給湯器の取り換え時期の目安は約10年と言われています。

この10年のラインを越えて使用を続けると、経年劣化により事故が発生するリスクが高くなるため、早めの点検を呼びかけています。

点検には「法定点検」と「あんしん点検」があり、ご使用中の型式で受ける点検が異なってきますが、いずれも有料です。

 

リセット方法(エラーの消し方・解除方法)

ノーリツ、リンナイ、パロマ、パーパスなど、メーカーに関係なく「888」や「88」は点検(有料)後の解除と決まっており、サービスマンでしか対応できません。

自分でリセットは不可能ということです。つまり、リセットするには「点検を受ける」か「機器交換をする」しかないということです。

 

あくまでも未然に事故防ぐことが目的

今、給湯器は動いていてお湯が出ていても、実は不調や病気を抱えながら無理して頑張っている可能性もあります。「動いている=正常」とは限りません。

是非、「我が家の給湯器は点検しなくても大丈夫」と考えないようにしてほしいです。

 

【888】【88】の点検前に知っておいてほしいこと

各メーカーに有料点検をお願いする場合、各メーカーのホームページにかなり細かく説明が掲載されています。

ご自宅の給湯器が「法定点検」と「あんしん点検」のどちらが対象なのかも確認してみてください。

よくわからない内容もあるかと思うので、その時は給湯器の型式を確認して、まずは電話で相談してみるとよいでしょう。

賃貸の場合は、自分で悩む必要はなく、大家さんや管理会社に伝えてメーカーに連絡してもらいましょう。

賃貸マンション|ガス給湯器

賃貸の給湯器トラブル Q&A

ただし、賃貸以外の方は、以下の内容を事前に知っておくほうがよいと考えます。

 

点検費用だけで済まない場合もある

実費で対応が必要なご家庭は、「家計」に直結するので、以下の内容は把握しておいてください。

それは、有料点検はあくまでも給湯器の健康診断であるということです。

点検の結果、良好で「使用継続可」となればいいのですが、悪いところが見つかっても、その場で修理はされない上、「使用禁止」「機器修理」「機器交換」の選択が必要になってきます。

  • 使用禁止:点検費用+「お湯が出ない生活」になる
  • 機器修理:点検費用+「修理代」が必要となる
  • 機器交換:点検費用+「機器交換(取替え)費用」が必要となる

 

約10年の役目は果たしてくれている

888や88が表示しているということは、給湯器は「約10年相当の役目」は一旦果たしてくれています。まだまだ使用するつもりであれば、まずは給湯器の健康診断を一度受けてもらえればと思います。
仮に修理で直る症状であったとしても、点検依頼のタイミングによっては、修理部品がなくて「修理不能による寿命」を迎える可能性もあります。

ガス給湯器の寿命(交換時期)は約10年

給湯器の寿命・耐用年数・交換時期は10年が基本?20~30年ってどう?

給湯器の買い替えも選択肢

点検した結果、機器交換をおすすめされる場合もあります。それならば、最初から機器交換を選択しておいたほうが、結果的に「家計に優しい最善の選択となる」可能性もあるということです。

それに、給湯器は劣化が進むと燃費も悪くなりやすいため、この機会に機器交換をするのも一つの選択です。

いずれにしても、「888」や「88」は消えることなく表示し続けますので、何よりも安全を最優先に考えていただき、できるだけ早く「点検相談をする」か「機器交換の無料見積りを取ってみる」ことをおすすめします。

 

メーカー・ガス会社の点検相談先

 

この記事の主な「参考サイト・資料・文献」など
長期使用製品安全点検制度についてのご案内(一般社団法人 日本ガス石油機器工業会)
長期間ご使用製品の保守点検制度について(リンナイ)
88などの点検お知らせ機能について(ノーリツ)
長期使用製品安全点検・表示制度(METI/経済産業省)
長期使用製品安全点検制度の登録率向上に向けた取組みについて(経済産業省 商務流通保安グループ製品安全課)