【エラーコード 310】給湯器のエラー原因【310点滅】

給湯器 エラー 310

ガス給湯器(リモコン)のエラーコード 310とは?

低温感知サーミスタ異常、F点サーミスタ異常

リンナイやノーリツの給湯器でサーミスタの断線、地絡、抵抗値の異常などが発生している可能性があります。

リンナイとノーリツの詳細は後ほど個別に解説しますが、まずはできる確認を行ってみましょう。

  1. リモコンの運転スイッチを内度「切」にしてください。
  2. 再度、リモコンの運転スイッチを「入」にしてください。
  3. エラーが出た時の運転操作を行ってください。(お湯を出す、湯はりをするなど)
この操作で再びエラーコード「310」が出なければ、一時的なシステムエラーも考えられます。

「310」が再度、点滅表示した場合は修理が必要となります。

メーカー別「エラー 310」(専門補足)

ノーリツのエラー310

  • 症状・内容:F点サーミスタ異常
  • 診断・対処:外気温が高い状態なのに、凍結予防運転をしている可能性があり、原因の特定が必要です。

リンナイのエラー310

  • 症状・内容:低温感知サーミスタ異常
  • 診断・対処:凍結予防ヒーターの運転が作動し続けている状態で、原因の特定が必要です。

【補足】東京ガスや大阪ガスブランドは、基本的にノーリツやリンナイなどのエラー内容と同じ考え方です。

 

基本的に凍結予防運転は冬場の外気温が低い時しか働きませんが、不具合が生じると春・夏・秋でも作動してしまい、「310」でエラー停止をさせるというわけです。

原因の特定はサービスマンが診断するしかありませんが、誤検知している可能性大です。

部品交換が必要な場合もあれば、配線やコネクタの手直しで改善することもあります。

まずはお使いのメーカーやガス会社に事象を伝えてくださいね。