【エラーコード 311】給湯器の給湯エラー原因【311点滅】

給湯器 エラーコード 311

ガス給湯器(リモコン)のエラーコード 311とは?

給水・給湯関連のサーミスタ異常

311」が表示している場合、お湯が出ない状態ではないでしょうか?

このエラーは、給湯(お湯を出す)回路のサーミスタに異常が生じている可能性があります。

MEMO
サーミスタとは、給湯器内の温度計のことです。

サーミスタ異常といっても、部品故障、配線の地絡や断線、電装基板の異常など、原因は現場によって異なります。

つまり、「311」が点滅表示している場合は、サービスマンが給湯器の内部を点検しなければ原因特定は難しいです。

エラーコードは稀に一時的なシステムエラーで発生することもあるので、まずは自分で一つ診断してみましょう

まずは、次の一連の確認・操作を行ってみてください。

  1. 給湯リモコンの運転スイッチを押して「切」にする
  2. 給湯リモコンの運転スイッチを押して、再度「入」にする
  3. キッチンや洗面などでお湯を出してみる
一連の操作で再び「311」のエラーが出なければ、お湯が出る状態になります。

注意
配線が切れかかっている不安全な状態で、一時的に復帰しただけの可能性もあります。

お湯の温度に関わる事象なので、エラーの再発有無に関係なく、相談をおすすめします

基本的な解決方法は以上ですが、解決しましたか?

  • 給湯器の商品開発、商品教育担当、修理・技術アドバイザー(2005~2018年)
  • ガス機器設置スペシャリスト、ガス機器コンサルタント

引き続き、メーカー別で「311」を詳しくみていきましょう。

メーカー別「エラー 311」(専門補足)

ノーリツのエラー 311

  • 症状・内容:入水サーミスタ異常
  • 診断・対処:入水サーミスタの断線・短絡・コネクタ接続不良など(サービスマン対応)

リンナイのエラー 311

  • 症状・内容:給水サーミスタ異常
  • 診断・対処:給水サーミスタや出湯サーミスタの断線・短絡・抵抗異常など(サービスマン対応)

パロマのエラー 311

  • 症状・内容:給湯入水サーミスタ断線
  • 診断・対処:給湯入水サーミスタの断線・短絡など(サービスマン対応)

パーパスのエラー 311

  • 症状・内容:出湯温サーミスタの断線・短絡
  • 診断・対処:修理(サービスマン対応)

ガスター(YUMEX)、長府製作所(chofu)、ハーマン、ナショナル、日立(ハウステック)、タカラスタンダード、TOTOなど

【補足】ガス会社(東京ガス・大阪ガス)ブランドも、基本的に各製造メーカーのエラーと同じ考え方です。

サーミスタの部品交換だけであれば、修理代も10,000円前後になるかと思います。

ですが、最悪のケースは電装ユニットなどの交換なども想定されるので、業者や機種によっては40,000円程度になってくる可能性もあります。

特定するには現場診断しないと難しいですが、詳細な情報が多ければ、事前の概算費用も出てきやすくなります。

  • 給湯器の型式
  • 給湯器の製造番号(設置時期)
  • エラー発生時の状況をできるだけ詳しく

「利用者からの情報が多い=サービスマンの事前準備の充実」に繋がるので、作業時間(技術料)の低減にも期待できます。

コールセンターでの受付内容がサービスマンに伝えられるので、「いかに情報を伝えておくか」が修理依頼のコツでもあります。