給湯器のエラーコード140・14は「高温注意」?修理代はいくらかかる?

140・14(ガス給湯器のエラーコード)




ガス給湯器(リモコン)に「140」や「14」のエラーコードが表示された場合の原因・直し方を解説。給湯器のリセット方法、故障や寿命の可能性、アフターサービス情報についてもまとめています。

 

ガス給湯器の140・14のエラー内容

ガス給湯器のリモコンに「140」や「14」のエラーが表示された場合、高温のお湯が出るリスクがあり、給湯器が機器停止させている状態です。

ノーリツやリンナイ、パロマ、パーパスなどでエラー内容の表現は微妙に異なりますが、基本的な内容は類似しています。

  • リンナイ:温度ヒューズ・過熱防止装置作動
  • ノーリツ:過熱防止装置作動
  • パロマ:壁面火災防止装置(温度ヒューズ)作動
  • パーパス:ハイリミットスイッチ作動、元ガス電磁弁駆動回路異常

お湯を出していた時にエラーが出た場合は「給湯回路」、暖房をつけていたときにエラーが出た場合は「暖房回路」の異常が考えられます。

※東京ガスや大阪ガスの場合は、各製造メーカーのエラー内容と基本的に同じです。

 

エラーコード140・14は給湯器の修理が必要?

ガス給湯器の140や14は、数あるエラーコードの中でも、部品故障や異常な状態になっている可能性が高いエラーです。

仮にエラーリセットで一時的にエラーが消えても、潜在的に異常が隠れているリスクもあり、点検・修理は必須と考えてください。

但し、現場での処置方法も様々です。

手直しだけで直る場合もあれば、最悪の場合は電装基板や熱交換器の交換が必要な場合もあり、修理金額も大幅に異なるのも特徴です。

部品交換が不要で点検と手直し程度で済む場合は、修理代は1万円以内に収まることもありますが、部品交換が伴う場合は、かなり高額になることも多いエラーです。

後ほど、いくつか例を紹介しますが、場合によっては5万円以上かかる場合もあります。

また、使用年数が8~10年以上で経年劣化が進んでいる場合は、給湯器の交換検討が必要になる場合もあります。

 

エラー140・14は自分で直せるか?

基本的に利用者自身で処置できる内容はありません。

仮に自分で診断しようと思ってメーカーに問い合わせをしても、プロでも現場を見ないと原因の特定は難しいので、電話でのアドバイスが難しいのが現実です。

 

エラーが再発するどうかだけでも自分で確認したい場合

エラーによっては、リモコンのリセットだけで直る場合もあるので、140や14エラーの場合も「無駄な修理代は払いたくない」「リセットで直るかも?」と試してみたくなるのが普通だと思います。

決して推奨はできませんが、自分でリモコンのエラーリセットを試す場合は、「高温のお湯が出てくるリスクがある」ことを認識いただいた上で、以下の確認方法があります。

  • 給湯器の運転を全て停止する
  • リモコンの運転スイッチを「切」にする
  • もう一度、リモコンの運転スイッチを「入」にする
  • エラーが一時的に消えれば、エラー発生時と同じ操作(お湯を出す、暖房をつける)を行う
※シャワーでの確認は危険なので絶対にやめましょう。キッチンなどの蛇口でやけどに注意をしながら、エラーが再発しないかを確認してください。

エラーが消えても相談を!

エラーコード140や14の場合、回路の配線ショートや接触不良など、不安定な状況の場合もあります。

このような場合、一時的にエラーが出たり、出なかったりすることもあります。言い換えれば、「使える状態」と「危険な状態」を繰り返すような状況とも捉えることができます。

仮にエラーが消えたとしても、「何らかの異常が隠れている可能性は非常に高い」です。

 

特に使用年数が8~10年以上の場合は、要注意です。

リセット操作でエラーが消えても、そのまま使用することはリスクがあるのでおすすめしません。必ずプロに相談をしておきましょう。

どうしても修理に抵抗がある場合は、メーカーのコールセンターに相談してアドバイスをもらってください。また、エラーリセットを試された場合は、リセット後の再操作でエラーが出たかどうかを伝えることで、原因が絞れる可能性もあります。

 

給湯器のエラーコード 140・14の修理代の目安(参考)

ガス給湯器の140や140エラーの修理代の目安をいくつか紹介します。不具合の状況や対応業者、機器型式(内部構造)によっても、修理代は異なってきます。

温度ヒューズ切れの場合

  • 出張費:2,500~3,000円程度
  • 部品代:1,000~3,000円程度
  • 技術料:7,000~10,000円程度
  • 合計:10,500~16,000円程度

 

給湯バーナー交換の場合

  • 出張費:2,500~3,000円程度
  • 部品代:5,000~10,000円程度
  • 技術料:7,000~10,000円程度
  • 合計:14,500~23,000円程度

 

熱交換器の交換の場合

  • 出張費:2,500~3,000円程度
  • 部品代:15,000~35,000円程度
  • 技術料:10,000~20,000円程度
  • 合計:27,500~58,000円程度

 

給湯器のエラー140、14は寿命のサインの場合もある

給湯器の故障発生率は10年を越えてくると急激に上昇します。使用頻度が高ければ、7~8年で10年相当の運転をしている可能性もあります。

そして、140や14エラーも長期使用(経年劣化)において発生しやすいエラーの一つです。

また、使用年数が浅くても発生するケースもありますが使用年数が長いほど、熱交換器の損傷などのリスクも高くなり、修理代も高額になりがちです。

給湯器を8~10年以上使用している場合は、高額修理の可能性も考慮して、給湯器の交換を検討するのも一つの選択肢だと考えます。