給湯器のエラーコード【14・140】 給湯器の開発経験者がエラー解説

給湯器 エラーコード 14、140

ガス給湯器(リモコン)のエラーコード 「14」「140」とは?

過熱防止装置作動、温度ヒューズ断線

給湯器のエラー14」「140は、温度ヒューズの断線や熱交換器の損傷、残火など、給湯器内部のお湯が高温になっている可能性があります。

  • リンナイ:温度ヒューズ・過熱防止装置作動
  • ノーリツ:過熱防止装置作動
  • パロマ:壁面火災防止装置(温度ヒューズ)作動
  • パーパス:ハイリミットスイッチ作動、元ガス電磁弁駆動回路異常

【その他の給湯器ブランド】

東京ガス、大阪ガス、ハーマン、長府製作所(chofu)、ガスター(YUMEX)、日立(ハウステック)、ナショナル、タカラスタンダード、TOTOなど

数あるエラーコードの中でも危険度の高いエラーですので、「14」や「140」が出た場合は、まずはメーカーなどに相談することをおすすめします。

数々の現場を経験してきましたが、利用者自身で処置できる内容は基本的にありません。

ですが、点検や修理が必要とお伝えしても、まずは自分で解決しようとリセット操作などを試みる方が多いのも事実です。

数多くのエラーコードの中でも、点検なしで改善される可能性はかなり低いので、修理するしないに関わらず、まずはメーカーに電話をしてアドバイスをもらうことをおすすめします。

また、使用年数が長くて「14」「140」のエラーが出た場合は、こちらの記事も是非チェックしておいてください。

寿命が近い可能性もあり、最低限知っておきたい内容をまとめています。

給湯器の点検と取替え時期ガス給湯器の点検と交換時期の目安について

最終的には相談が必要になる可能性が大のエラーなので、すぐに相談がおすすめですが、
前述のとおり、現実的にはリセット操作を試みる方が多いので、「14」「140」の注意点とポイントを補足していきます。