給湯器の湯はりの異常 エラーコード562【ノーリツ・リンナイ】

エラー,562【ノーリツ,リンナイ】

この記事の監修専門家 : ガス器具アドバイザー 千田 哲耶
リンナイ株式会社在籍中の13年間、ガス給湯器の企画、開発、品質、製造、営業、商品教育などに携わる給湯器の専門家。商品・技術アドバイザーとして幅広い総合専門知識と経験を持つ給湯器のプロフェッショナル。

給湯器のリモコンに「562」というエラーコードが点滅表示…、今、お風呂の浴槽に自動お湯はりをしているところでしたか?

ここでは、ノーリツ、リンナイ、パロマ、パーパス、東京ガス、大阪ガスなど、ガス給湯器のエラーコード「562」について解説していきます。

給湯器 リモコン エラーコード 562

エラーコード 562とは

給湯器 エラーコード 562
エラーコード 562 | 湯はり電磁弁異常、ふろ自動注湯流量異常
湯はり回路の部品が故障して、お湯はりができない状態になっている可能性があります。また、断水や凍結などが影響してエラー表示する機種もあります。
対象のガス給湯器メーカー・ブランド
ノーリツ、リンナイ、パロマ、パーパス、東京ガス、大阪ガス、東邦ガス、長府製作所(chofu)、ハーマン、タカラスタンダード、ナショナル、ガスター(YUMEX)、日立(ハウステック)、TOTOなど
対象機種
ふろ給湯器、給湯暖房機(暖房付ふろ給湯器)など

【補足】メーカーや機種によって、エラーコードの有無や内容が異なる場合があります。

「562」の経験論と考察

エラーコード562は、外的要因(環境要因)などが影響していなければ、湯はり回路の部品故障である可能性は十分あります。私自身、562のエラーコードで直に特殊な経験はしたことがありませんが、ノーリツの内容を確認していくと、凍結が関係する場合もありそうです。

【562】<ガス:GTH・GT・GRQ/石油:OTH・OTQ・OTX>

ふろ自動運転ができない。

症状・現象(エラーがお知らせしている内容)

自動を止め、給湯栓からお湯が出るか確認してください。
出ない場合は給水栓や水道メーターのバルブが閉まっていないか確認してください。
その後、以下をご確認ください。

アドバイス(お客さまでの対処方法)

なお、寒波など冷え込みが厳しい時期は追いだき配管が凍結している恐れがあります。
その場合は、自然に解凍されるまでしばらくお待ちください。
給湯(お湯)は使えますので浴槽にお湯をためてご利用いただくことは可能です。

たしかに今年はじめの大寒波などもありましたし、冬場の場合は凍結の可能性もあるかと思いますので、蛇口やシャワーのお湯が出るかを確かめてみましょう。暖かい時期であれば凍結の可能性はありません。また、断水を経験することは少ないとは思いますが、可能性もゼロとはいいきれないので、念のために状況確認をしてみましょう。

凍結でも断水でもなければ、単純に湯はり回路の部品故障の可能性が高くなります。

給水栓や水道メーターのバルブは、自身やご家族が閉めない限り、勝手に閉まることは考えにくいと思います。念のため確認はしてみてもよいでしょう。但し、新築や機器交換、修理や点検などが直近であった場合は職人やサービスマンが閉めてそのまま…なんてことも十分考えられます。

エラーコード 562の解除方法

必ず「取扱説明書」も確認してください。各メーカー、各機種に応じた注意事項やアドバイスが記載されています。
[getpost id=”304″]

運転リセット操作手順を解説

※以下の写真は「エラーコード 032」の場合の表示例ですので、今回の場合は、「562」と表示されます。

1.まず、リモコンの液晶画面にエラーコードが表示されています。

赤枠部分:運転状態は「入」、液晶画面にエラーコードが点滅

給湯器のリモコンにエラーコードが表示点滅している

2.給運転スイッチを押して、一度リモコンの運転をOFFにします(液晶画面を消す)

赤枠部分:運転状態は「切」、液晶画面も消えてた状態になる

給湯器のリモコンの運転スイッチを切る

3.再度、運転スイッチを押して、リモコンの運転をONにする(液晶画面を表示する)

赤枠部分:運転状態は「入」、液晶画面のエラーコードが消えていればリセット完了

給湯器のリモコンのエラーを運転リセットで解除

※リモコンの種類によっては、エラーコードは3桁ではなく、2桁表示の場合があります。

運転リセットでエラーコードが解除できなかった場合

凍結や断水もなく、直近の工事や修理もなく、運転リセットでもダメだった場合は、湯はり回路の弁などの故障が考えられます。また、他には、以下の内容などの可能性もあるかと思います。

1.電装基板の故障
2.ハーネス(配線)やコネクタの異常

部品故障の場合は、ご自身での解決は難しいので、修理依頼の検討が必要です。

修理依頼の前のチェック

給湯器の修理依頼の前に型式などの最低限の確認はしておきましょう。

1.給湯器の型式を調べる方法

[getpost id=”274″]

2.賃貸の方は損をしないために必見

[getpost id=”293″]

3.問い合わせ前の準備と問い合わせ先

ノーリツ、リンナイ、パロマ、パーパス、東京ガス、大阪ガスなどに依頼をするなら、以下の記事も参考にしてみてください。

[getpost id=”248″]

価格優先でメーカーやガス会社以外に依頼するなら、ネットなどで修理業者比較をしてみるのも一つ方法ですが、サービスの品質と安心を求めるならメーカーやガス会社が無難でしょう。

エラーコード 562について、最後にひとこと

今年の1月には、562エラーのネット検索も急増していました。2018年1月といえば、全国で寒波による水道管の凍結や破裂など、大騒ぎになっていた時期です。おそらく、この時期に急増した562エラーは凍結によるものが多かったのでしょう。あるいは凍結→配管破裂→断水状態だったのかもしれません。エラーが出るとついつい焦ってしまうのは仕方ありませんが、まずはいろいろと確認してみるのも一つです。