ガス給湯器 エラーコード 502

給湯器 エラー 502




2020年5月20日|最新情報更新しました

この記事の監修
竹節 倫敦(たけふし ともあつ)
専門資格:ガスに関わる国家資格(液化石油ガス設備士、高圧ガス販売主任者第二種、丙種ガス主任技術者)を保有

 

ガス給湯器でエラーコード 「 502 」が表示された場合、メーカーによって内容は異なりますが、主に湯はり不良エラー、ふろ熱動弁異常などによるエラーとなります。

部品などの故障や、配管・アダプターのつまりなどが原因の可能性があります。

給湯器 エラー 502 の内容

ノーリツのエラー 502

  • 症状・内容:UVランプ切れ
  • 診断・対処:修理相談

リンナイのエラー 502

  • 症状・内容:湯はり不良
  • 診断・対処:湯はり電磁弁不良、おいだき配管潰れ、給水元栓の確認

パーパスのエラー 502

  • 症状・内容:ふろ熱動弁異常
  • 診断・対処:修理依頼

 

※東京ガスや大阪ガスなどは、各製造メーカーのエラー内容と基本的に共通です。

エラー 502の対処法

「502」は、リンナイやパーパスなどの給湯器の場合、基本的に湯はり異常の際に表示されるエラーで、「お風呂のお湯はりができない」状態になっていると思います。

ノーリツの場合は「UVランプ切れ」という機種限定のエラー内容になるため、説明書を確認の上、メーカーに相談してください。

他のメーカーについては、自身で対処が可能な場合もあります。

まずは、リモコンリセットを試してみましょう。

  1. 自動お湯はりをストップする
  2. リモコンの運転スイッチを「切」にする
  3. リモコンの運転スイッチを「入」にする
  4. エラーが消えていれば、もう一度お湯はりをしてみる

浴槽は残り湯がない状態での確認をおすすめします。

エラーが消えた場合は、一時的なシステム異常の可能性がありますので、しばらく様子を見るようにしましょう。

エラー 502 が消えない場合

再びエラーが出た場合は、故障や異常の可能性が高くなりますが、自身で解決できる可能性はまだありますので、下記の点を確認してみましょう。

※対象はリンナイやパーパス、東京ガスや大阪ガス(リンナイやパーパス製)などの「湯はり回路」の異常の場合です。

湯張り異常のエラーは、次の場合に起こることが多いです。

  1. 湯はり回路の部品故障
  2. 湯はり回路の配線・コネクタ異常
  3. 電装ユニットの故障
  4. おいだき配管の詰まりや潰れ
  5. 循環アダプターのフィルター詰まり

1~4の場合は自身で修理することはできないので、専門業者の対応が必要ですが、5の場合は、対処をすることで改善するケースもあります。

他には、給湯器の給水元栓が閉まっている場合もエラーが出る可能性があります。冬場は配管凍結の可能性もあります。

浴槽の循環アダプタの詰まりをチェック

循環アダプターにも種類はいろいろありますが、カバー(フィルター部分)を回すと外れる仕様になっています。

表面には細かい穴が無数にあり、この部分に湯垢などが詰まりやすいので、使わなくなった歯ブラシなどで定期的にお掃除してみてください。

循環アダプターの詰まりは、湯はりだけでなく、おいだき不良やふろポンプの故障原因にもなるので、お掃除はとても大切です。

※カバーは外れますが、金具の本体は浴槽から外れません。無理に外そうとすると水漏れの原因になるので注意してください。

フィルターの掃除が終わったら、「自動湯はり」をしてみてエラーが出るかどうかがポイントです。
再び「502」が出たときは、専門家に相談する必要があります。

また、給湯器の故障発生率は10年を越えてくると高くなりがちなため、長期間使用している給湯器であれば、機器の寿命の可能性もあります。

使用年数が10年近い場合は、経年劣化(給湯器の寿命故障)によるエラーの可能性もあるので、修理に加えて交換の検討が必要になるかもしれません。

 

以上、エラーコード502の原因と対処法をご紹介いたしました。

各項目をチェックしてもエラーが消えない場合は、自身での対処は難しいため、メーカーやガス会社、賃貸の場合は管理会社や大家さんに相談するようにしましょう。

 

文:ガス専科編集部 記事監修:竹節 倫敦(液化石油ガス設備士)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です