【エラーコード 300】給湯器のエラー原因【300点滅】

給湯器 エラーコード 300

ガス給湯器(リモコン)のエラーコード 300とは?

雰囲気サーミスタ異常、外気温サーミスタ異常

サーミスタとは温度計のことであり、給湯器に複数搭載されているサーミスタの一つに異常が生じている可能性があります。

サーミスタのエラー「300」が点滅表示した場合、「サーミスタの故障」「サーミスタの配線の断線や短絡」「電装基板の異常」などが疑わしくなってきます。

各メーカーのエラー300を個別にチェック

ノーリツのエラー 300

  • 症状・内容:雰囲気サーミスタ異常
  • 診断・対処:断線や短絡がないかのチェックが必要になります(サービスマン対応)

パーパスのエラー 300

  • 症状・内容:外気温サーミスタの断線や短絡
  • 診断・対処:修理依頼が必要になります(サービスマン対応)

【補足】ガス会社ブランド(東京ガスや大阪ガス)は、各製造メーカーのエラー内容と基本的に共通です。

運転リセット操作でエラー表示が消えるかどうか?

  1. 給湯器のリモコンの運転スイッチを「切」にする
  2. 再度、運転スイッチを「入」にする
  3. エラーが出た時と同じ操作をしてみる

エラーが再発すると、故障や異常の可能性はかなり高くなります。

もし、エラーが再発しなかった場合は様子見になりますが、不安が残るのでメーカーに電話確認をおすすめします。

エラー300のMEMO
メーカーや機種によっては、「300」の表示はリモコンの「切「入」操作で消えない場合もあります。

利用者で処置できる内容は全くないので、エラーが消えない時は迷わず相談するようにしてください。

私自身は「300」のエラーが出た現場にほとんど当たったことはなく、発生頻度は少ないと認識しています。

ただ、「300」に限らず「サーミスタ系のエラー」はサービスマンが現場で配線の確認及び、テスターで診断していかないと解決は難しいと思います。