シャワーのお湯が途中で「水になる」「冷たくなる」原因と解決策

シャワーのお湯が水になる原因




お風呂のシャワーのお湯が途中で水になる事例はいくつもあります。

故障の可能性もありますが、一時的な症状の場合も多く、この記事では考えられる原因と対処ポイントをご紹介いたします。

 

シャワーのお湯が水になる原因一覧

まずは、「お湯が出ていたのに急に水になった」場面を想定し、考えられる様々な可能性から紹介します。

  • 給湯器や回路の故障や異常
  • シャワーの故障や配管異常

この2つが原因であれば点検や修理が必要となりますが、そう決めつける前に自分で改善できる可能性がある原因も見ていきましょう。

  1. 家族の誰かがリモコンの電源を切った
  2. リモコンの電源が消えてつかない
  3. リモコンにエラーコードが出ている
  4. ガスが止まった
  5. 使い方の簡易的なミス

それぞれ、詳しくみていきましょう。

 

リモコンの電源が「切」になっている

リモコンが設置されているご家庭は、基本的にリモコンの電源が入っていないと給湯器は点火しません。

もし、シャワーを浴びている最中に、台所でご家族が電源を切った場合、お風呂のシャワーも水になります。

電源が切れていれば、電源を「入」にすることで解決します。

 

リモコンの電源が消えてつかない

意図的にリモコンの電源を切らなくても、電源が切れるケースはいくつかあります。

  • 停電の影響
  • 落雷の影響
  • ブレーカーが落ちる
  • 給湯器の電源コンセント抜け
  • リモコンの配線異常
  • 給湯器やリモコンの故障

これらを確認し、該当する内容があれば対処をすることで解決します。

 

リモコンにエラーコードが表示

給湯器(リモコン)にエラーが表示されると、給湯器は停止する場合が多いです。

特にお湯が途中で水になる代表的なエラーは次の2つです。

  • エラーコード 121
  • エラーコード 12

これらのエラーが出ているときは、次の記事に原因や対処方法を詳しくまとめてあります。

また、それ以外のエラーコードが出ている場合は、各エラーに応じた確認をする必要があります。

以下の一覧検索をご活用ください。

 

ガスが止まった可能性

ガスが止まると、家中のガス機器が使用できなくなります。

シャワーのお湯が出なくなった場合は、他の水栓(キッチンや洗面など)でお湯が出るかどうかを確認してみてください。ついでにガスコンロも点火するかどうかも確認してみましょう。

シャワー以外は正常な場合、シャワーヘッドや配管、混合水栓などのトラブルに絞られます。

一方、全て使用できない状態であれば、次の確認をしてみてください。

  • ガスメーターが遮断されていないか?
  • メーターガス栓が閉められていないか?
  • プロパンガスが切れていないか?

これらの詳細がよくわからない方は、次の記事を参考にしてください。

 

使い方のミス

これはシャワーに限る内容ではありませんが、お湯の量を絞りすぎると、給湯器は消火します。

給湯器が点火するには、各機種で決まっている最低作動水量(一定量の水の流れ)が必要だからです。湯量を全開にしてお湯が出れば解決です。

また、混合水栓の場合は、水側になっていないかも念のために確認してください。

 

セルフチェックで解決できなかったら

給湯器の故障はある日突然やってきます。

事実、シャワーを浴びていた最中に故障して修理や交換が必要になった事例もあります。

使用年数が短い場合は、故障の可能性は比較的低い方なので、セルフチェック漏れがないかを再度確認してみてください。

一方、使用年数が長い場合は、経年劣化による部品故障や異常が生じている可能性も十分考えられます。ご使用年数を確認いただき、メーカーなどに相談してみてください。

賃貸の場合は、管理会社や大家さんに相談してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です