【エラーコード 162】給湯器のエラー原因【162点滅】

ガス給湯器(リモコン)のエラーコード 162とは?

ふろ回路の高温エラー

給湯器に「162」のエラーコードが点滅した場合、お風呂のおいだき回路で温度異常が起きている可能性があります。

唯一対処できる内容としては、「循環アダプター」のフィルター掃除を行ってください。

フィルターに髪の毛や湯垢が詰まっていると、「湯はり異常」や「温度異常」が起きる可能性があります。

循環アダプターの掃除循環アダプターの掃除でリスク軽減!フィルターの外し方と取付方法も解説

また、ソーラーシステムなどが設置されている場合は、それが原因の場合もあります。

注意
162エラーが出ている時は、浴槽のお湯の温度に注意をしてください。

掃除以外で対処できる内容はないので、すぐにメーカーなどに相談が必要ですが、再発性の有無はリモコンのリセット操作で確認できます。

  1. リモコンの運転スイッチを「切」にする
  2. 循環アダプターの掃除をする
  3. リモコンの運転スイッチを「入」にする
  4. 再度、自動湯はりをしてみる
この操作で再びエラー「162」が出るかどうかがポイントです。

ただ、162の場合は再発性の有無に関係なく、高温エラーなのでメーカーに相談しておくことをおすすめします。

メーカー別「エラー 162」(専門補足)

エラーコード 162の解説

ノーリツのエラー162

  • 症状・内容:自動注湯温度異常
  • 診断・対処:ふろ往温度、ふろ熱動弁などの確認(サービスマン対応)

リンナイのエラー162

  • 症状・内容:ふろ異常過熱
  • 診断・対処:サーミスタ、おいだき流量制御弁などの確認(サービスマン対応)

【補足】東京ガス、大阪ガスブランドも、基本的に各製造メーカーのエラー内容と共通です。

湯はり・おいだき機能を使われる方にとっては、エラーの発生有無に関わらず循環アダプターのお手入れは必須のケアです。

給湯器を快適利用かつ長持ちさせるためにも、定期的にお掃除してあげてください。