給湯器の「エラーコード 200」の原因【熱いお湯に注意】

給湯器(リモコン)のエラーコード「200」とは?

給湯残火安全装置作動、暖房空だき安全装置作動

ガス給湯器にエラーコード「200」が出た場合、給湯器内部が危険な状態になっている可能性があります。

  • ノーリツの場合:給湯残火、暖房空だき安全装置作動、コネクタ接続不良、ガス電磁弁開故障
MEMO
メーカーや機種によって、エラーコードの設定の有無やエラー内容が異なる場合があります。

給湯器のエラーコードには、自分で解決できる可能性がある内容と、即点検や修理が必要になる内容があります。

エラーコード200は、後者の内容にあたりますので、まずは内容を把握するようにしましょう。

給湯器の「エラーコード 200」の注意点

給湯器 エラーコード 200
エラーコード「200」は残火や空だきのエラーと説明しましたが、これは言い換えれば「給湯器の中が高温になっている」可能性があるということです。

基本的に使用は控えてメーカーなどに相談やアドバイスを求めるようにしてください。

対処法としては、ユーザーさんで対応できる内容はありません。

他のエラーとは違い、「やけど」などの危険性があるので、リセット操作もおすすめしません。

仮にリセット操作を試すにしても、とりあえずは製造メーカーやガス会社に連絡して、オペレーターやサービスマンのアドバイスに従って対応をしてください。

エラーコード「200」については、仮にリセットでエラーの点滅表示が消えたとしても、「なぜエラーが出たのか?」「お湯の温度は大丈夫なのか?」という不安が残ります。

そしてエラーが消えた場合でも、様子見でいいのかどうかは、メーカーと相談することをおすすめします。