給湯器のエラーコード173は「暖房微小漏れ」?対処手順と注意点

173|ガス給湯器 エラーコード

 エラー『173』のポイント


  1. 暖房機能付き給湯器の暖房回路のエラーである
  2. 実際に水漏れしている場合と、そうでない場合がある
  3. 改善方法と二次被害を防ぐための対処方法をアドバイス

この記事のまとめ担当:萬田 哲次郎


ガス給湯器のエラーコード 173とは?

エラーコード173は、暖房機能付きのガス給湯器(給湯暖房機)特有のエラーです。
暖房とは、ガス給湯器のお湯を使って温める「床暖房」や「浴室暖房機」などをいいます。

暖房配管は給湯器~家の中を通っており、暖房温水は給湯器と家の中をグルグル循環しているとイメージしてください。

暖房のリモコンのスイッチON ⇒ 給湯器でお湯を作る ⇒ 暖房配管を通って温水が屋内の暖房端末機へ送られる ⇒ 温水が給湯器に戻ってくる
そして、173が出た場合は、このシステムのどこかで少量の水漏れが発生している可能性があるということです。
まずは、各メーカーのエラー内容(症状)を確認してみましょう。

給湯器のエラー173をメーカー別に確認する

ノーリツのエラー173

  • 症状・内容:暖房回路漏水検知
  • 診断・対処:暖房配管の点検が必要

リンナイのエラー173

  • 症状・内容:暖房水微小漏れ
  • 診断・対処:給湯器や暖房配管の漏れを確認する

パロマのエラー173

  • 症状・内容:暖房回路漏水検知(少量)
  • 診断・対処:暖房配管の確認

パーパスのエラー173

  • 症状・内容:暖房回路漏水異常(少量)
  • 診断・対処:修理対応

東京ガスや大阪ガスのエラー173

東京ガス、大阪ガスなどは、複数メーカーの給湯器を採用し、ガス会社ブランドとして販売しているので、基本的に各製造メーカーのエラー内容によって異なります。

給湯器「173」の水漏れ以外の可能性

筆者も173エラーの現場は数えきれないぐらい対応しましたが、必ずしも水漏れをしているわけではありません。

新築や設置直後は、暖房配管内にエアー(空気)が残っていることが原因でエラーが表示される場合もあります。
また、水落ち現象によるエアー(空気)混入なども考えられます。

このように何らかの原因で配管内に空気が入ると、空気分だけ水量が減ることになります。
すると、給湯器は水が不足しているので「水が漏れているかも!?」と勘違いしてエラー173を出すケースもあるということです。

給湯器「173」の対処手順と注意点

空気混入の事例も紹介しましたが、エラー内容の基本はあくまでも「水漏れ」です。
まずは、給湯器の下や配管周辺が濡れていないかを目視できる範囲で確認します。

水漏れがあれば、自分で対処ができないので、すぐに修理の相談をしてください。

一方、目に見える水漏れが確認できなかった場合、屋内側での漏水、あるいは誤検知の可能性も出てきます。
誤検知で点検費用を払うのも、利用者側としては避けたいところです。

そこで、まずはエラーリセットをして、誤検知の可能性を探ってみましょう。

 

リモコンリセット方法

  1. 暖房端末リモコンの運転スイッチを「切」にする
  2. 給湯器のリモコンの運転スイッチも「切」にする
  3. 給湯器のリモコンの運転スイッチを「入」にする
  4. 暖房の運転スイッチを「入」にする

再度エラー「173」が出た場合は、水漏れや空気混入など、何らかの原因が残存していることになります。(※機種によっては、リセットでエラーが消せない場合もあります。)

 

状況が変わらない場合、もう一つ試せるのは「給湯器のコンセントリセット」です。

コンセントリセット方法

方法は、給湯器下の電源プラグを抜き差しするだけです。
これは強制リセットですが、システムエラーなどが原因の場合は有効です。(※水漏れは改善しません!)

リモコンの時計表示などは初期化されるのでご注意ください。

給湯器のエラー173が消えない場合

リセットも試して消えない場合は、原因の特定をして対処しなければ暖房が使用できません。
利用者側でこれ以上できることはないので、メーカーなどに相談をしてください。

給湯器のエラー173が消えた場合

リセット操作をして、エラー173が消えた場合、暖房の利用は可能となります。

ただし、173エラーは微小漏れであり、状況やタイミングによってはエラーが一時的に出ないケースも考えられます。
そして、屋内などで少しずつ水漏れ被害が拡大していることも完全否定はできません。

これらは、各ご家庭ごとに状況をヒアリングして個別に判断するしかないので、念のためにメーカーに相談をおすすめします。
メーカーのアドバイザーが、状況を聞いた上で問題ないと判断すれば、「そのまま使ってもらって大丈夫です!」と回答することもあります。

「水漏れしているかも?」と考えて対処する

173エラーの暖房微小漏れは、実際に漏れていても箇所を特定するのが難しく、なかなか気づきにくいことが多いです。
水が漏れていなければいいのですが、もしも漏れていた場合は最悪です。

「たぶん大丈夫!」ではなく、「漏れていたらどうしよう?」と考えて対処と相談をすることが、リスクを減らすポイントです。

水漏れは、二次被害を最小限にすることが先決

水漏れの特徴として、次の4つのリスクがあります。

  • 給湯器内の水漏れは、他の部品まで故障させるリスクがある
  • 給湯器内の水漏れは、不完全燃焼の原因になる可能性がある
  • 屋内の配管漏れは、天井や床下まで濡れてしまう
  • マンションなどの水漏れは、階下に被害を拡大させる可能性がある

水漏れは早期発見と対処が基本です。自己判断を誤ってしまうと、被害が大きくなることがあります。

ただ、メーカーも173の空気混入や誤検知など、水漏れ以外の事例も多々把握しているはずなので、状況を説明すれば電話だけで解決することもありますし、何より安心につながります。

 

*さいごに*

173エラーが発生したら最悪の事態を想定して、とりあえず相談をしておくことがリスク小の選択だと考えます。

また、使用年数が8~10年以上の場合は経年劣化によるエラーの可能性もあるので、修理や点検に加え、機器交換の検討も選択肢のひとつだと思います。


サイト内の関連記事


お湯が出ない、給湯器の調子が悪いなら『お問い合わせ』『無料見積り』を!
4.7

見積りは必ず取っておきたい
『キンライサー』

ノーリツとリンナイのガス給湯器が充実しており、安定した「価格」「スピード」「工事実績」に加え、工事後も続く「商品と工事の無料10年保証」とフォローも魅力的。対応エリアであれば、見積りは絶対に取っておきたい「ノーリツ・リンナイ正規販売店」の一つです。

173|ガス給湯器 エラーコード
最新情報をチェックしよう!