ガス給湯器 エラーコード 161

ガス給湯器のリモコン エラーコード 161




2020年4月15日|最新情報更新しました

この記事の監修
竹節 倫敦(たけふし ともあつ)
専門資格:ガスに関わる国家資格(液化石油ガス設備士、高圧ガス販売主任者第二種、丙種ガス主任技術者)を保有

 

ガス給湯器でエラーコード 161 が表示された場合、エラー内容は給湯温度出湯異常、給湯沸騰検知となります。

給湯部(キッチン・洗面・シャワー)の高温を検知した場合にエラーとして表示される可能性があります。

症状としてはお湯が出ない状態となり、給湯器が故障している可能性もあります。

給湯器 エラー 161 の内容

ノーリツのエラー 161

  • 症状・内容:給湯出湯温度異常(高温検知)
  • 診断・対処:給湯出湯サーミスタの異常、ガス比例弁の故障、ガス電磁弁の故障

リンナイのエラー 161

  • 症状・内容:給湯沸騰検知、熱交換器(給湯回路)の凍結
  • 診断・対処:ガス比例弁の故障、熱交換器(給湯回路)の凍結

パロマのエラー 161

  • 症状・内容:給湯出湯温度異常
  • 診断・対処:出湯サーミスタ・ガス比例弁の確認

 

【補足】東京ガス、大阪ガスなどは、基本的に各製造メーカーのエラー内容と共通です。

 給湯器 エラー 161 の対処法

給湯器 161のアドバイス

ガス給湯器のリセット操作をしてみて、再度エラーが点滅する場合は点検が必要となります。

まずは、リモコンで運転リセット操作を行ってみてください。

  1. リモコンの運転スイッチを「切」にする
  2. リモコンの運転スイッチを「入」にする
  3. もう一度お湯を出してみる

この操作で再びエラー「161」が出ず、お湯の温度も正常であれば、しばらく様子をみてください。

 

故障でない可能性もあるので、次の2点は確認しておいてください。

  1. リモコンの運転リセットをしてみる
  2. 出湯量が十分出ているかを確認しておく(流量が少ないと熱くなりやすい)

一時的なシステムエラーであれば、エラーが出なくなる可能性もありますが、再発する場合は点検の相談をおすすめします。

 

以上、エラーコード161の内容と対処法をご紹介いたしました。

リセットを試した後も繰り返しエラーが出てしまう場合は、ガス会社や専門の業者、賃貸の場合は管理会社や大家さんに相談するようにしましょう。

 

文:ガス専科編集部 記事監修:竹節 倫敦(液化石油ガス設備士)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です