給湯器のエラー290は「詰まり」のエラーコード?原因5つと解決策

ガス給湯器のエラー290とは、省エネ給湯器のエコジョーズ特有のエラーコードです。エラー内容は「中和器詰まり」や「中和器水位異常」など、中和器回路に異常が発生していることをリモコン表示でお知らせしています。給湯、湯はり、おいだき、暖房の全ての運転において発生する可能性があるエラーですが、故障以外でも発生するケースは複数あります。

ノーリツ、リンナイ、パロマ、パーパス…

給湯器 エラーコード 290

メーカー エラー内容
ノーリツ(NORITZ) 中和器異常
リンナイ(Rinnai) 中和器詰まり異常、中和器水位異常
パロマ(Paloma) ドレン検知作動
パーパス(PURPOSE) 中和器詰まり、ドレンポンプ異常、他
大阪ガス、東京ガス、他 製造メーカーによって異なる

エコジョーズだけエラー290が出る理由

給湯器のエラー「290」は中和器回路のエラーコードです。従来式の給湯器には根本的に中和器が搭載されていないので発生することはありません。では、なぜエコジョーズだけ中和器が必要なのでしょうか?それにはガス代をお得にするための構造が関係しています。

エコジョーズとは

エコジョーズとは、従来のガス給湯器と比べて熱効率が約80%から約95%へと大幅にアップしています。

従来の給湯器 エコジョーズ
熱効率 約80% 約95%
排熱ロス 約20% 約5%

つまり、同じガス量(ガス代)を使いながら、従来式は20%が空気中へ排熱として消えていましたが、エコジョーズは排熱を再利用する仕組みで5%のロスまで低減しています。これがガス代低減に直結しているのです。

エコジョーズはドレンが発生する

ただ、この無駄な排熱を再利用する際に、「ドレン」と呼ばれる酸性水が発生します。ドレンの排水量は機種や季節によって若干異なりますが、給湯使用で約60~70cc/min、暖房使用で約20~25cc/min程度であり、あわせて最大約100cc/min程度が流れます。つまり、専用の回路で中性に中和して機器外に排出する必要が出てきます。

その役割を果たすのが中和器回路というわけです。中和器ケースには炭酸カルシウム(中和剤)がギッシリ入っています。

中和器と中和剤(イメージ)
中和器と中和剤

この中和剤で酸性から中性に中和されて機外に排出されるのです。

排水する際には、専用の「ドレン配管」が工事の段階で設置されています。戸建てや集合住宅で形態は異なる場合もありますが、従来式に比べて1本配管が多い状態です。

給湯器のリモコンにエラー290が出る状況

仮に、何らかの原因で中和器や配管経路に「詰まりが発生した」場合、ドレン水は排水されずに機内に溜まっていくカタチになります。また、排水処理が追いつかない状況になった場合も、同じく溜まっていきます。

給湯器は、このような状況を異常と判断し、リモコンに「290」のエラーを表示してお知らせする仕組みになっています。

つまり、エラー290を解決するには、「なぜ詰まったのか?」「なぜ溜まっていくのか?」「なぜ排水されないのか?」などの原因を特定することが解決への近道になります。

給湯器のエラーコード290の原因5つと対処法

まずは、エラー290に関して、大手2社(ノーリツ、リンナイ)のWEBで確認できるアドバイスを整理しました。

メーカー ポイント
ノーリツ ・ドレン配管の先にゴミ詰まりがないかを確認する

・ドレン配管の先が水に浸かっていないかを確認する

・冬季など寒いときは、ドレン配管の凍結の可能性がある(自然解凍を待つ)

⇒改善しない場合は点検・修理依頼

リンナイ ・給湯栓をいったん閉めて再操作して確認する

⇒改善しない場合は点検・修理依頼

これらの内容で解決する場合もありますが、その他の原因も含めて、さらに詳しく解説します。

状況1)雨の影響で290エラー

雨の影響で一時的に「お湯が出ない」といえば点火不良エラーが圧倒的に多いのですが、実は「エラーコード 290」も雨が影響することがあります。

これは屋外設置の給湯器に限りますが、大雨や風を伴う雨の場合は、給湯器の排気口の雨水が流入しやすくなります。そして、エコジョーズの場合、この雨水は中和器回路を通って、ドレン配管から排水される構造になっています。

雨が原因で給湯器290エラー

ドレン配管は細い配管であるため、「ドレン水+雨水」で排水処理能力を超えてしまった場合、その分中和器回路の水位が上昇してしまいます。すると、内部の電極が検知して、雨水の増水分を「中和器詰まりによる増水」を判断し、「290」を表示する可能性があります。

当サイトにおいても、大雨の日は「エラー290」関連の訪問が増える傾向にあります。緊急でない限りは、雨がおさまるのを待ってみて、何度かリモコンのエラーリセットを試してみることをおすすめします。

参考記事 給湯器のエラーリセット方法▽

関連記事

給湯器を使っていると、故障でなくても「お湯が出ない」「湯はりができない」「暖房運転ができない」「リモコンエラーが出ている」など、給湯器が作動しなくなる場合があります。そんな時は4つの給湯器のリセット方法を試してみます。 給湯器[…]

電源,運転

状況2)ドレン配管の詰まり

ドレン配管(排水)の詰まりは、自分で対処できる場合とできない場合があります。

回路の内部(中和器や配管内)であれば、点検依頼をしてサービスマンによる対処が必要となりますが、ドレン配管の先部分であれば、利用者自身で点検することが可能です。チェックポイントは以下の内容です。

  • ドレン配管の先に異物詰まりがないかを確認する
  • ドレン配管の先が水に浸かっていないかを確認する
  • 冬季など寒いときは、ドレン配管の出口部分が凍っていないかを確認する

ドレンの配管は、側溝へ引き延ばして排出しているケース、雨水立て管へ排出しているケースなど、パターンは各ご家庭の設置環境によって様々です。配管は基本的に塩ビ管になっていると思います。(給湯器との接続部はステンレスのフレキ管の場合もあります)

状況3)ドレン配管の凍結

ドレン配管内で凍結することで排水が妨げられてエラーが発生する場合もあります。

ドレンは給湯器を使っている間は常に流れている状態なので凍るリスクも低いですが、使用をしていない夜中などは凍結のリスクは高まり、朝にお湯や暖房を使おうとするととエラーが出る事例は複数あります。

基本的には配管破損のリスクを避けるために「自然解凍」を推奨していますが、緊急であればリスクはゼロとは言い切れませんが、以下のような対処方法もあります。

  • ドライヤーで温める
  • ぬるま湯(30℃~40℃以下)をタオルなどの上から間接的にかける(※熱湯厳禁!)
  • 低温のカイロなどで配管を温める

状況4)施工不良

入居したばかり、あるいは給湯器を設置したばかりで「エラー290」が出る場合は、施工不良も疑うポイントとなってきます。

経験の浅い施工業者などは、ルールを遵守できていない場合もあります。ドレン配管は下り勾配が基本であり、途中に配管が上がったりしていると正常に排水できない場合があります。

以下は極端な例ですが、途中にトラップが設けられた構造(配管が一度上に上がって水の流れを妨げている)になっていれば問題ありです。

給湯器のドレン配管の施工トラブルで290エラー

給湯器の配管をチェックしてみて、下り勾配になっていない場合は、施工業者に確認するほうがよいでしょう。

状況5)自分ではチェックできない箇所の異常

中和器内部の汚れの蓄積の場合

給湯器や配管なども正常で、給湯器メーカーにも施工店にも非がなく、設置環境特有の外的要因で「290」が発生する事例もあります。

例えば、砂埃や黄砂が極端に多い地域では、給湯器排気口から流入して中和器内部に蓄積して、水の流れを悪くする可能性も否定できませんし、風で飛んできた異物などの流入が影響する可能性も否定できません。

仮にこのような事例の場合は、中和器の掃除や部品交換で対応することになります。

部品故障の場合

中和器の水位電極の異常、コネクタや配線の異常、電装基板の異常などでエラー290が出る可能性もあります。この場合は、サービスマンによる部品交換や手直しなどが必要です。

ドレン配管の場所

ドレン配管は給湯器本体の下にあります。

エコジョーズのガス給湯器は、

水・お湯・追い焚き(往き戻りの2本)、ガスのほかに”排水(ドレン)”の配管があります。

この配管は、お湯を使うと中和器を通して排出されるドレン水(排水)を流すもので、

壁掛けガスふろ給湯器であれば本体下に1本配管されています。

【下から見た図】※配管位置はメーカー・機種により異なります。

この排水(ドレン)配管が凍結すると、エラーが発生し、お湯を使うことができなくなります。

出典:越後ガスサービス株式会社

ドレン配管には様々な設置形態があるので、よく分からない方は以下のサイトも参考になります。

緊急でなければ様子を見ながらリセット操作を

給湯器 290のアドバイス

私も実際に何度も現場訪問をしましたが、中和器のエラー290は実際に詰まっているケースもあります。

しかし、私が過去から分析してきた中では、大雨や冬場の凍結で一時的にエラーが発生していることも多く、時間が解決してくれることもあります。

実際に詰まっているかどうかは、サービスマンが訪問して中和器を分解しないとわからないので、結果論になることもありますが、まずは様子を見ながらリセット操作を何度かトライしてみるのも一つだと思います。

お湯が出ない、給湯器の調子が悪いなら『お問い合わせ』『無料見積り』を!
4.7

見積りは必ず取っておきたい
『キンライサー』

ノーリツとリンナイのガス給湯器が充実しており、安定した「価格」「スピード」「工事実績」に加え、工事後も続く「商品と工事の無料10年保証」とフォローも魅力的。対応エリアであれば、見積りは絶対に取っておきたい「ノーリツ・リンナイ正規販売店」の一つです。

最新情報をチェックしよう!