【エラーコード 390】給湯器のエラー原因【390点滅】

給湯器 エラーコード 390

ガス給湯器(リモコン)のエラーコード 390とは?

燃焼室温度センサ異常、給気サーミスタ異常、自己診断用フレームロッド異常など

メーカーや機種によってエラー内容は異なりますが、いずれも給湯器が正常に燃焼できない状態になっています。

まずはお使いのメーカーに関係なく、リモコンのリセット操作後にエラー「390」が再度点滅するかを確認してみてください。

リモコンのリセット操作は次のとおりです。

  1. お湯を止める(蛇口を閉める)
  2. リモコンの運転スイッチを「切」にする
  3. リモコンの運転スイッチを「入」にする
  4. エラーが消えていれば、再度お湯を出してみる
基本的に部品故障や配線類の断線などがあれば、何度お湯を出そうとしても再び「エラーが出てお湯が出ない」状態になります。

もし、リセット後にエラーが出ずにお湯が出て場合は、一時的なシステムエラーも考えられますが、配線類の短絡(切れかかっている)などで、抵抗不良を起こしている可能性も考えられます。

エラーが再発すれば点検が必要ですが、エラーが出なくなった場合も不安全な状態になっている可能性はあるので、メーカーに相談しておくことをおすすめします。

  • 給湯器の商品開発、商品教育担当、修理・技術アドバイザー(2005~2018年)
  • ガス機器設置スペシャリスト、ガス機器コンサルタント

修理や相談の際にはメーカーの把握が必要なので、事前に確認しておいてください。

メーカー別「エラー 390」(専門補足)

ノーリツのエラー 390

  • 症状・内容:給気サーミスタ異常
  • 診断・対処:サーミスタの断線や短絡の可能性があり、サービスマンによる点検が必要

リンナイのエラー 390

  • 症状・内容:燃焼室温度センサ異常
  • 診断・対処:温度センサが断線や短絡の可能性があり、サービスマンによる点検が必要

パーパスのエラー 390

  • 症状・内容:自己診断用フレームロッド異常
  • 診断・対処:サービスマンによる点検が必要

【補足】東京ガスや大阪ガスなどのガス会社仕様も、各製造メーカーのエラー内容と基本的に共通です。

「390」は自分での対処は難しい

「390」は排気や燃焼などに関わるサーミスタやセンサの異常であり、エラーが出てしまったらプロに診断を任せるしか方法がありません。

サーミスタやセンサの部品故障の場合もあれば、配線の異常、あるいは電装ユニット(電装基板)の故障の可能性も考えられます。

交換する部品によって修理代も大きく変わってくるので、発生した状況やエラーの再発性などを事前に細かく伝えておけば、概算費用の精度も高くなります。

「390エラーが発生したので修理に来て!」だけでなく、情報を詳しく伝えておくことでスムーズな解決につながることもあります。

スムーズな解決→作業時間の短縮→修理代軽減につながるので、依頼時の情報伝達は結構大事です。是非知っておいてください。