【エラーコード 101】給湯器のエラー原因と直し方【101点滅表示】

給湯器 エラーコード 101

給湯器(リモコン)にエラーコード「101」が点滅する原因は、「給湯の給排気に異常、能力がダウン」の状況が考えられます。

エラー「101」の場合、使用年数によっては「寿命」の可能性も出てきますが、給気口・排気口の掃除や異物除去などで改善する可能性もあります。

メーカー4社の「101」のエラー内容を確認

給湯器、故障、エラー、101

【対象の給湯器】:給湯専用機、ふろ給湯器、暖房付ふろ給湯器など(給湯器全般)

ノーリツ、リンナイ、パロマ、パーパスの症状~対処は次のとおりです。

ノーリツの給湯器

  • 症状・内容:給排気異常(能力低下運転)
  • 診断・対処:能力低下の状態で使用は可能ですが、安全のために点検を受けてください。

リンナイの給湯器

  • 症状・内容:給湯出力ダウン運転
  • 診断・対処:給・排気通路部の閉塞や熱交換器のフィン詰まりなど。

パロマの給湯器

  • 症状・内容:給湯ファン送風量低下(警告)
  • 診断・対処:給湯熱交換器、ファン、給気口の掃除

パーパスの給湯器

  • 症状・内容:給湯能力ダウン警告表示
  • 診断・対処:修理を依頼

【補足】大阪ガス・東京ガスの給湯器は、基本的に各製造メーカーのエラー内容と共通です。

エラーコード 「101」は、主に給湯器の排気通路や給気口の詰まりで発生することが多いです。

 

給湯器エラー101が直る見込みですが、各メーカーは対処方法を書いていませんが、私の経験と統計では、故障でなくても発生するケースは多いと考えています。

「寿命」「警告」「能力ダウン」など不安なワードが多いエラーですが、まずは状況を見極めることが重要になってきます。

「エラーコード 101」でも故障ではないケース

給湯器、101エラー、アドバイス

雨の日に「点火不良のエラーコード 111」が出ることが多いのは知っているかもですが、実は「101エラー」「290エラー」なども多いです。

1.雨の日と101エラーの関係

前述のとおり、エラー101は給気口や排気口が詰まったり、塞がったりすると発生します。

通常は長期使用による給湯器内部の詰まりが一般的ですが、大雨の日などは排気口や給気口が大量の水で塞がれた状態になることが考えられます。

MEMO
大雨などの悪天候の日は一時的にエラーが出ているだけの可能性もあり、天候が穏やかになってから再操作してみてください。
注意
使用年数が長い場合は、雨の影響だけでなく、実際に詰まりが進行している可能性が高いです。

2.埃や異物などで給気・排気口が塞がれている

給湯器の設置環境やお手入れの具合にもよりますが、埃や蜘蛛の巣、異物などで塞がれているとエラーが発生することがあります。

MEMO
可能な範囲で掃除をしてみてください。

3.給湯器周辺を囲っている

給湯器の周辺を意図的に囲っていると給気・排気のバランスが乱れてエラーが出ることがあります。

MEMO
囲っている場合は除去してください。

リモコンでリセット操作をしてみる

上記1~3の確認・対処が終わったら、リモコンを「切」「入」して再度お湯を出してみてください。再度エラーが出た場合は、サービスマンの点検が必要となります。

10年近く使用されている場合は、機器交換も視野に入れておいたほうがよさそうです。