【エラーコード 002】給湯器のエラー原因と対処【002点滅】

給湯器 エラーコード 002

ガス給湯器のエラーコード「002」は、「風呂自動湯はり不良」のエラーです。給湯器の故障の可能性よりは、施工時の湯はりの試運転ミスの可能性が高く、あまり事例が多いエラーではありません。

もし、「002」のエラーが点滅表示している場合は、これから解説する内容を確認いただき、それでも解決しない場合はメーカーに連絡してください。

4メーカーの給湯器「エラー002」の症状と対処〈基本〉

給湯器、エラー

【対象の給湯器】:ふろ給湯器、暖房付ふろ給湯器 (おいだき機能搭載タイプ)

給湯器の「002」のエラーコードは、ノーリツ、リンナイ、パロマ、パーパスで内容が少し異なり、個別の内容は次のとおりです。

ノーリツのガス給湯器

  • 症状・内容:水位設定不良
  • 診断・対処:再度ふろ自動スイッチを押すと故障表示が消え、次回の湯沸かし時は、浴槽に残り湯がない状態で行う。

リンナイのガス給湯器

  • 症状・内容:試運転時に残り湯あり
  • 診断・対処:浴槽を空にして自動試運転をやりなおす

パロマのガス給湯器

  • 症状・内容:風呂試運転時に残湯あり検出
  • 診断・対処:残り湯を抜く

パーパスのガス給湯器

  • 症状・内容:浴槽残り湯あり
  • 診断・対処:残り湯を抜く

【補足】大阪ガス、東京ガスの場合は、基本的に各製造メーカーのエラー内容と共通です。

給湯器「エラー 002」の具体的原因と対処方法

エラー 002の発生原因

給湯器は施工時に水漏れや不具合がないかのチェックも兼ねて、「試運転」を業者が必ず行います。

今回は、「湯はり・おいだき」機能が搭載されており、「ふろ試運転」も必要となります。

ふろ試運転
例えばフルオートの場合、浴槽の形状を記憶して「正しい水位で湯はりができるようにする」目的も含まれます。

そして、ここがポイントです!

本来、浴槽が空の状態であれば、循環アダプターの位置までお湯が到達するのに時間がかかります。

浴槽と循環アダプター

ですが、もし残り湯があると最初の少量の湯はりだけでお湯を検知してしまいます。

つまり、空の状態で行うべき試運転なのに、「残り湯」があると認識した時は、「エラーコード 002」のサインを出します。

これは給湯器が業者に対して、「試運転の方法が間違ってますよ!」とお知らせしているのです。

エラー 002が出た時の対処

給湯器が壊れているわけではないので、再度「ふろ自動」のスイッチを押せばOKです。

注意
再度、湯はりをする時は、必ず浴槽を空っぽにしておく必要があります。

それ以降は、残り湯があってもエラーが出ることはありません。

エラー 002が出た時の注意点

利用者の方が「エラー 002」を目にする可能性は極めて低いですが、きっちり湯はりができていれば問題はありません。

ですが、湯はり量や水位がおかしい時は試運転をやり直す必要があります。

最初から湯はり異常を起こしている場合は、浴槽形状が正しく認識できていないケース、業者側の「ふろ配管関連のミス」などが考えられます。

施工業者さんは、再度工事説明書を確認して試運転をやり直してください。

利用者さんは、最初から湯はりに異常を感じた場合は、施工関連のミスの可能性が高いので、メーカーではなく施工業者に連絡するのがスムーズな解決策です。

【参考】修理(試運転)を依頼した時の費用の目安

給湯器の修理代

業者によって費用は異なりますが、「試運転のやり直し費用」の目安になります。

出張費2,500~3,000円程度
部品代なし
技術料6,500円~8,000円程度
合計9,000円~11,000円程度

基本的には業者のミスの可能性が高いので、費用を支払うケースは少ないと思います。(※別業者に依頼をすると費用がかかります。)