ガス給湯器 エラーコード 【 510 】【 511 】【 513】

給湯器 エラー 510 511 513




2020年5月21日|最新情報更新しました

この記事の監修
竹節 倫敦(たけふし ともあつ)
専門資格:ガスに関わる国家資格(液化石油ガス設備士、高圧ガス販売主任者第二種、丙種ガス主任技術者)を保有

 

51から始まる給湯器のエラー 510511513 は、主に電磁弁異常の可能性がある場合に表示されるエラーです。

給湯器のエラー 510 511 513の内容

エラーの主な内容は次の通りです。

エラーコード 主なエラーの理由
510 ガス電磁弁異常、ガス遮断機能異常
511 給湯ガス電磁弁異常
513 暖房ガス電磁弁異常

それぞれ表現は異なりますが、いずれも電磁弁の異常が原因で表示される可能性のあるエラーです。

エラー 510 511 513の対処法

基本的には、このエラーコードが表示された場合、給湯器や部品の故障の可能性が高いです。

まずは、確認のためエラーのリセット操作を行ってみましょう。

  1. 給湯器の運転を全て「切」にする(※513の場合は暖房運転を停止)
  2. 給湯器のリモコンの運転スイッチを「入」にする
  3. エラーの表示が消えていれば、再び、運転を「入」にする

エラーが出なかった場合、一応は使用可能ですが、中途半端な故障状態(配線やコネクタなどの異常で接触不良を起こしているなど)の可能性があります。

一時的なシステムエラーの可能性もありますが、何らかの異常が隠れていると考えるほうがよいでしょう。

エラーが消えない場合は、給湯器や部品の故障や異常を疑わなければなりません。

詳細な原因を調べるには、専門家の点検が必要になりますが、発生状況やエラーリセット後の状況で、ある程度原因を絞り込んでいくことは可能です。

サービスマンも情報が多いほど、訪問前にある程度の原因を推測することが可能となるので、的を絞った診断をしやすく、修理時間や費用の軽減につながることもあります。

メーカーなどに相談する際は、状況や使用年数など、できるだけ多くの情報を伝えておきましょう。

また、給湯器の故障発生率は10年を越えてくると急激に上昇しますので、長期間使用している給湯器であれば、機器の寿命の可能性もあります。

使用年数が10年近い場合などは、高額な修理代になった場合に「給湯器の交換」というのも視野にいれておいたほうがよいかもしれません。

 

以上、エラーコード510 511 513の原因と対処法をご紹介いたしました。

自身での対処は難しいエラーのため、メーカーやガス会社、賃貸の場合は管理会社や大家さんに相談するようにしましょう。

文:ガス専科編集部 記事監修:竹節 倫敦(液化石油ガス設備士)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です