給湯器のエラーコード032は「排水栓忘れ?」確認したい5項目

032|ガス給湯器のエラーコード




ガス給湯器のエラーコード032の原因一覧、自分で直すための対処ポイント、故障の場合のアフターサービス情報をご紹介。ふろ自動湯はりが正常に完了しない状況の解決ポイントと、今後のエラー予防についてもお伝えいたします。

 

給湯器のエラーコード 032の原因とは

給湯器(リモコン)のエラーコード「032」は、主に「浴槽排水栓忘れ」などをお知らせするエラーです。

まず、ガス給湯器主要4メーカーのエラー内容は次のとおりです。

  • ノーリツ:浴槽排水栓閉め忘れ
  • リンナイ:ふろ湯はり連続タイマー、おいだきで水なし
  • パロマ:配管漏れ異常、空焚き防止異常、凍結予防水抜き異常
  • パーパス:自動注湯時間異常、凍結予防水抜き異常

いずれのメーカーでも、まず疑っていただきたいのは「排水栓」ですが、全てのご家庭が同じ状況ではありません。

浴槽にお湯が出てこない、たまらない

エラーコード032の症状をもう少し具体的に説明すると、「お風呂の自動湯はり開始後、一定時間が経過してもお湯がたまらない」という状態です。

仮に排水栓が問題なくても、「お湯が出ない」「出てくる湯量が少ない」場合も、タイムアウトしてしまうことがあるということです。

では、考えられる原因を具体的に知っていただき、一つずつ確認と対処をしてみましょう。

 

給湯器のエラー032の原因を探る(全5項目)

エラー内容は、各メーカーで微妙に異なりますが、「032」で一つ共通していることがあります。

それは、

  • 「お風呂の浴槽の排水栓を閉め忘れていませんか?」
  • 「浴槽の循環アダプター(金具)のフィルター掃除をしていますか?」

ということです。

 

エラー032は、故障ではなく、ついうっかりで発生するケースも非常に多いのが特徴です。

修理や交換を考える前に、次の確認ポイントを先にチェックしてみてください。

 

1)浴槽の排水栓に問題がないかを確認する

排水栓確認には、2つのポイントがあります。

排水栓の閉め忘れ

エラー032|排水栓の閉め忘れ

忘れていた場合は、いくら浴槽に湯はりしても同時に排水されてしまうので、いくら時間が経ってもお湯はたまりません。

 

排水栓のセットミス

エラー032|排水栓のチェック

写真のように、チェーン付きのタイプは「閉めたつもり」でも、キッチリはまっていないことがよくあります。

また、チェーン付きに限らず、「黒いゴムの劣化」と「異物の噛み込み」にも要注意です!

 

排水栓と032の関係

ふろ自動(お湯はり)運転は、排水栓が閉まっていれば、当然ですが浴槽の水位は徐々に上昇し、しばらくすると循環アダプターまでお湯が到達します。

自動湯はり|循環アダプター

では、排水栓に問題があるとどうでしょうか?

ふろ自動湯はりの工程は、「湯はり → 設定温度までおいだき → 完了」です。

水位が上がってこないと、給湯器(循環アダプター)はお湯を吸い込めず、おいだきができない状況になり、運転が完了できないのです。

そして、一定時間待ってもお湯を吸い込めない場合は、「032」のエラーを表示させて、利用者さんに「排水栓忘れてない?」とお知らせする仕組みなのです。

エラーコード032の仕組み|ガス給湯器

 

2)給湯器と循環アダプターのフィルターを掃除する

実は、フィルター掃除にも大きく2つあります。

循環アダプターのフィルター掃除

循環アダプター

循環アダプターのフィルターに髪の毛や湯垢などが詰まると、循環不良を起こしてエラーの原因になることがあります。

使用頻度にもよりますが、1週間に1度の掃除が理想です。

フィルターの掃除をしばらくしていない場合は要チェックです。

掃除をしたことがない、掃除方法が分からないという方は、こちらの記事も参考にしてください。

 

給湯器本体側の給水フィルターの掃除

給水フィルターとは、給湯器の水抜き栓のフィルターで、ゴミなどが詰まるとお湯の出が悪くなることがあります。

「お湯の出が悪い=湯はりに時間がかかる」ということです。

循環フィルターと同様、取扱説明書にも定期的なお掃除が必要と書かれている内容です。

 

3)水が出ているかの確認をする

根本的に断水していたり、給水元栓が閉まっていると湯はりもできません。

時間がかかる以前の問題ですので、念のため確認してください。

 

4)冬季の凍結の影響の可能性

冬場の寒い時期は、配管凍結の恐れもあります。

断水や給水元栓に問題がなく、お湯が出てこない場合は凍結も疑ってみましょう。

凍結の基本対処は自然解凍ですので、しばらく様子を見ることがポイントです。

 

5)配管異常や水漏れの場合もある

排水栓もフィルター掃除も問題ない、断水も凍結もない。

そんな場合は、見えない部分でトラブルが発生している可能性もあります。

可能性は大きく2つあります。

 

配管の潰れや詰まり

配管の詰まりや潰れは、フィルター詰まりと同様に循環の流れを悪くします。

施工直後であれば、業者のミスの可能性もあります。

 

回路の水漏れ

水漏れがあると、浴槽への湯はり分が途中で漏れてしまい、水位上昇(湯はり時間)に影響が出る場合があります。

施工直後であれば、業者のミスの可能性もあります。

仮に水漏れや配管トラブルが原因の場合は、自分での対処は難しいです。状況に応じて担当業者やメーカーに相談してみましょう。

 

 

給湯器のエラー032の確認ポイント(おさらい)

  • 浴槽栓の排水栓閉め忘れがないか?
  • 排水栓の劣化や異物詰まりがないか?
  • 循環アダプターのフィルター掃除しているか?
  • 循環アダプターのフィルターを外した後、正しく取り付けできているか?
  • 給湯器の給水フィルターを掃除しているか?
  • 断水や凍結の可能性はないか?
  • 給水の元栓は開いているか?
  • 施工直後か?昨日までは使えていたか?

解決に至らず、使用年数が長いご家庭は、部品の劣化も考慮して、修理だけでなく買い替えを検討をするのも選択肢です。

 

【修理代の目安】| 給湯器 エラーコード 032

機種や業者によって価格は異なりますが、修理代の目安をお伝えします。(※以下はあくまでも参考値です。)

浴槽排水栓忘れ、水抜き栓閉などの場合

出張費 2,500~3,000円程度
部品代 なし
技術料 3,000~4,000円程度
合計 5,500~7,000円程度

 

ふろ水流スイッチ交換の場合

出張費 2,500~3,000円程度
部品代 3,500~5,000円程度
技術料 6,000~8,000円程度
合計 12,000~16,000円程度

 

電装ユニット交換の場合

出張費 2,500~3,000円程度
部品代 15,000~30,000円程度
技術料 7,000~10,000円程度
合計 24,500~43,000円程度

 

湯はり・おいだきトラブルの予防はできる!

掃除不足は、ふろ自動湯はり・おいだきのトラブル原因になります。

  • 湯はりができない
  • おいだきができない
  • エラーが出る
  • 温度が安定しない(熱い・ぬるい)

 

さらに、掃除不足でお湯の循環が悪くなったり、配管の水質が悪化したりすると、給湯器の部品に悪影響を及ぼす可能性があります。

例えば、ポンプに負荷がかかり、給湯器の寿命を縮める場合もあります。

 

掃除をサボるデメリットは大きく3つ。

  • エラーが出て余計な修理代がかかる
  • 不衛生である
  • 給湯器の寿命を縮める

家計のためにも、トラブル回避のためにも、給湯器のお掃除についても見直しておきましょう。