給湯器の水量サーボとは?部品の仕組みと異常時に起こる症状

水量サーボとは|ガス給湯器

 ポイント


  1. 給湯器の水量サーボの役割をご紹介
  2. 水量サーボの異常や故障の前兆、部品の経年劣化の可能性や見極めるポイントなどをまとめた

この記事のまとめ担当:萬田 哲次郎


水量サーボの役割とは?

リンナイやノーリツなどのガス給湯器は、以前は「自動水量制御装置」という部品も使われていましたが、現在は高性能の「水量サーボ」が主流となっています。(一部、自動水量制御装置タイプが残っています。)

  • 自動水量制御装置…入水温に応じて最大出湯量を調節する装置(流量が一定であるため、給湯器の号数通りの出湯量を出せないことがある)
  • 水量サーボ…設定湯温と入水温に対して、能力いっぱいの出湯量を調節する装置

同じ号数やシリーズでも、自動水量制御装置に比べて水量サーボ搭載機種の方は5,000円~10,000円程度の定価アップにはなりますが、売れ筋は「水量サーボ搭載機種」になります。

機器交換の時は、値段だけ見るのではなく、カタログの機能や性能の表記を見逃さないようにしてください。
値段だけで飛びついてしまうと、性能ダウンになる可能性もあるので要注意です。

水量サーボの故障と異常

水量サーボの異常(エラーあり)

ノーリツやリンナイなどの給湯器には、水量サーボの異常を示すエラー「651」があります。
エラーが発生した場合は基本的にサービスマンの診断が必要となります。

現場の症状を診断をしてみなければ言い切ることはできませんが、水量サーボの故障で交換が必要となる可能性は比較的高いと思います。
また、場合によっては電装基板やハーネス関係も交換が必要になるケースもあります。

故障の仕方によっては、連鎖的に部品故障するケースもあるので、早めに異常を察知できるかもポイントになってきます。


サイト内の関連記事


水量サーボの異常や故障の前兆(エラーなし)

水量サーボが完全に故障していなくても、何らかの異常を抱えながら動いているケースもあります。
エラーは出てはいなくても、以下のような事象や変化を感じた場合は、異常や壊れかけの可能性があります。

  • 給湯の水栓(蛇口)を全開にしても流量が少ない→水量サーボが全開になっていない可能性
  • お湯の出湯量が安定しない→水量サーボに異常が発生している可能性
  • 給湯温度が上がらない→水量サーボに異常が発生している可能性

水量サーボはあくまで可能性の一つですが、その他部品を含めて故障の前兆かもしれません。

部品の経年劣化にも要注意

また、使用期間が8~10年以上の場合は、給湯器の経年劣化(寿命が近い)なども考えられます。

水量サーボだけでなく、電装基板やその他部品などの劣化も否定できないので、湯量・温度・音などで異常を感じ始めたら、給湯器は動いていても劣化が進行している可能性も否定できません。

突然の故障で、急な買い替え検討に迫られて高い買い物をしないようにも、お湯が出ているうちに検討しておくほうが安心できます。
できれば1社ぐらいは無料見積りを取っておくのがおすすめです。


サイト内の関連記事


お湯が出ない、給湯器の調子が悪いなら『お問い合わせ』『無料見積り』を!
4.7

見積りは必ず取っておきたい
『キンライサー』

ノーリツとリンナイのガス給湯器が充実しており、安定した「価格」「スピード」「工事実績」に加え、工事後も続く「商品と工事の無料10年保証」とフォローも魅力的。対応エリアであれば、見積りは絶対に取っておきたい「ノーリツ・リンナイ正規販売店」の一つです。

水量サーボとは|ガス給湯器
最新情報をチェックしよう!