リンナイやノーリツの給湯器リモコンの電池交換のギモン

電池交換

ガスコンロの電池切れや電池交換の問い合わせは定期的にありましたが、稀にガス給湯器のリモコンの電池切れや電池交換方法などについて、問い合わせを受けることがありました。

今回はリンナイやノーリツなどの給湯器リモコンの「電池交換」に関連する内容で解説していきたいと思います。

ガス給湯器のリモコンの電源は基本的に電池ではない

ガス給湯器のリモコン

早々に結論を書いてしまいましたが、ガス給湯器のリモコンの液晶表示は、給湯器から電源(配線接続)を取っているので、電池交換は必要ないといいますか、そもそも電池を使っていないので交換することができないのです。(但し、一部リモコンを除く)

では、なぜ「給湯器リモコンの電池交換方法」を探し求める方がいるのでしょうか?

  1. 給湯器のリモコンの液晶が表示しない(消えている)
  2. お湯が出なくなった

リモコンが表示されない、お湯が出ないので「電池が切れているのかも?」と悩まれている感じでしょうか。

ただ、電池は基本的には使われていないので、給湯器の電源や配線などが影響している可能性があります。あるいはリモコンの故障なども考えられます。

電池を使っている給湯器のリモコンがリンナイにだけ存在する

電池

前述のとおり、ガス給湯器のほぼ全ては有線リモコン(給湯器から電源を取る)であり、電池は搭載されていません。しかし、全ての住宅やマンションなどで、配線ができるとは限りません。

そのようなイレギュラーな現場対応をするために、配線が必要のない無線リモコン(コードレスリモコン)がリンナイでラインナップされています。元々はパナソニック(松下)が製造をしていたのですが、取替現場などでなくなっては困るため、松下の代わりにリンナイが引き継いで製造を続けています。

そして、このコードレスリモコンこそが、電池で液晶表示をさせているのです。(配線ができない現場用なので電池で対応)

コードレスの場合で液晶が表示されない場合は、電池交換を行ってみてください。それで解決しない場合は、取扱説明書からヒントを探していく必要があります。

 

いずれの場合も解決しない場合は、各メーカーやガス会社などに電話相談がおすすめです。