【白く濁る】蛇口のお湯や水道水が白い原因【給湯器との関連性】

水が白く濁る

給湯器を専門に仕事をしていると「お湯が白く濁る」「水道水が白く濁る」と、ユーザーさんの声をよく聞きます。

水やお湯が濁る原因として心配されがちなのが、水質の異常、配管の異常・給湯器の異常などです。

もちろん水質が悪いケース、配管内部が汚れているケース、また給湯器の異常が関係していないとも言い切れませんが、経験上では正常なことが多かったです。

給湯器のお湯・水道水が白く濁る原因とチェックポイント

(1)白く濁るのは基本的に正常

まず、結論です。

水やお湯が白く濁る原因は「空気が混ざっていること」にあります。

夏・冬関係なく、キッチンや洗面の蛇口を開け、その開けた瞬間を観察してみてください。

出した瞬間は真っ白に濁って見えるはずです。

水(お湯)は圧がかかると空気(気泡)が溶け込みやすくなります。

「水道の蛇口を閉めている状態=水に圧がかかっている状態」になり、空気が大量に溶け込んでいる状態です。

しかし、蛇口を開けると減圧され、空気が溶け込みきれなくなり、溢れ出ることになります。

つまり、お水と一緒に大量の空気(気泡が)溢れだすことで、「白く濁って見える」という現象が起こるのです。

また、冬場にお湯を出した時は特に白く濁りやすいです。

これは冷たいお水が給湯器で急激に温められた時に起こりやすい現象です。

もちろんこれらは正常です。

(2)白く濁りの正体が「空気」であることをチェックする方法

グラスに水を注ぐ

白く濁っている原因が「空気」であるかどうかを判断するのは非常に簡単です。これは非常に簡単で、透明なグラスを用意してください。

細かく観察するならグラスを2個準備して、蛇口を開けた瞬間(特に白い状態)と、しばらく出してからの状態で比較してみるのもよいでしょう。

白く濁って見える水(お湯)を注いだら、しばらく待ってみます。

空気が溶け込んでいる間は白く見えますが、圧がかかっていないグラス内では、次第に溶け込んでいた空気が逃げていきます。

つまり、次第に「白い濁り」が「透明」へと変化していくのです。

(3)水やお湯が濁る異常なケース

空気が原因であれば問題はありませんが、明らかに異状を感じた場合は早めの相談をおすすめします。

  • 水やお湯が臭い
  • 空気の白ではなく、異常な濁り
  • 異物が混じっている

悪天候や災害の直後であれば、それらが起因している可能性も考えられます。

また、東京都水道局によりますと、

しばらくしても透明にならなかったり、沸騰させると白くなるケースは、水道局に連絡してほしいとのことです。

また、白ではなく、「赤い」「濁る」場合は、透明になるまで水を流すようにアドバイスされています。

原因としては、水道工事・突発事故などが起因して、一時的に鉄サビが水道管内に流れ出ることがあるようです。

(4)「白く濁る」で、給湯器の異常の可能性は?

給湯器でお風呂に黒い異物が出てくるケースは何度か経験してきましたが、空気による白濁現象以外で「白く濁る」ケースはあまり経験がありません。

給湯器内で劣化が考えられるとしても、配管やパッキン(ゴム系で色は黒い)などですし、白色でしかも濁るケースはなかなか考えにくいです。

白い異物などであれば、おいだき配管に付着していた「湯垢」や、濁る場合は「入浴剤」などと推測できます。

ですが、給湯器の使用年数が長い場合は、給湯器内や配管で劣化や腐食などが発生している可能性も否定できません。

(5)白く濁る原理を利用した商品がある

リンナイのマイクロ気泡浴「美・白湯」という商品は、入浴剤を使用しなくても空気の原理を利用してお湯を白くします。

温浴効果やリラックス効果も期待でき、無害な空気なのでアレルギーの方や赤ちゃんでも「入浴剤を入れたような白いお湯」が楽しめるというものです。

これも空気が浴槽内のお湯に溶け込んでいる間は白濁しますが、時間が経つと透明のお湯に戻ります。

(まとめ)濁りの状況で判断しましょう

私が問い合わせを受けてきた中では正常な「空気」であったケースがほとんどですが、必ずしもそうとは言い切れません。

空気が原因であれば、やがて透明に戻りますが、不純物などが溶け込んでいる場合は濁ったままになるかと思います。

色・臭いなど総合的に判断しましょう。

「水・お湯」は、生活に欠かせないものであり、しかも私たちの体内に入るものですから、異変を感じたらすぐに相談することも大切です。